新しい英語(8)

日本語で表現できることはほとんど英語でも言い表すことができる。その逆もしかりである。

ただいつの世にも例外がある。それらしい表現はできるが、的確に言い表せない。たとえば「よろしくお願いいたします」という表現は英語にはない。

それに近い表現はあるが、「よろしくお願いいたします」という意味をうまく表現できる英文はない。微妙にニュアンスが違ってくる。

最近、知った英単語も日本語にはない。

Snough…

多くの方はこの単語をご存じないだろうと思う。アメリカ人でも知らない人が多い造語だ。

くしゃみ(sneeze)とせき(cough)が同時にでた時の単語である。どうして日本語にないのだろうか。創造してもいいかと思う。

セキャミ?

お任せします!

新しい英語(7)

      jamica.JPG

(カリブ海の朝日)

アメリカのある雑誌を読んでいたら、また出会いました ― 新しい英語。

She shows off her beach bod!

ビーチに出て、「こんがり焼けた肌を見せつけている」という意味です。

Beach bodは最近使われ始めた言葉で、beach bodyの省略形ですが、やはり短い方が言いやすいのです。

日本では過去10年以上、特に女性は色白の肌を好む傾向がつよいので、あまりbeach bodといってもピンと来ないかもしれません。

でもアメリカではいまだに太陽の光をいっぱい受けて、日に焼くことが普通です。皮膚がんのリスクがさかんに叫ばれていますが、気にしない人が多いのはどうしたことでしょう。

新しい英語(6)

新しい英語表現にであった時、意味がまったくわからない場合もあれば、類推できる時もある。

You have the wallet.

walletは「財布」なので、意味は「財布、あるね?」といったニュアンスかと思うが、微妙に違う。

「おカネもちだね」が正解。

近年、よく使われるようになってきた表現。moneyという単語を使わず、わざと財布という言葉を強調することで、「お金あるのね」という意味になる。

money-pocket.jpg

新しい英語(5)

How are you doing, chuck?

この英文の最後の「chuck(チャック)」がどういう意味だかわかる方は、かなりイマの英語をご存知のはずである。

chuckという単語は動詞としては「吐く」「投げる」の他、「追い出す」「放棄する」という意味がある。

しかし上の文章では名詞として使われている。意味は簡単、「友達」である。

冒頭の文章は「元気ですか」という意味だが、日本語では「元気ですか、友達?」とは言わないので、chuckは訳しようがない。

そこが言語のもつおもしろさである。 でも「Chuck」は覚えておいてもいいかもしれない。

それからHow are you doing? という表現はHow are you?よりも多用される。

ただ、この発音が難しい。カタカナ表記は好きではないが、記すとすれば「ハーヨ、ドゥーイン」。

friend1.jpg

新しい英語(4)

最初は聞き間違えかと思った。

というより英単語が子音で終わる場合、最後が聞き取れないことがある。

たとえばShot(ショット)やLevel(レベル)といった単語は、文章の中で発音されると、「ト」や「ル」の音がほとんど聞こえないことがある。

Is that coo with you?(それ、かっこよくない)

この文章のcooは本来はcoolである。だがcooと聞こえた。私が聞き取れていないのかと思っていた。

だが、省略形があった。最新のスラング辞典にはでていた。

「L」が抜け落ちているのだ。実はこの「L」という文字はなかなかのくせもので、舌を上あごにつけるので日本人にとってはなかなか発音しにくい。

「クール」よりも「クー」、、、なのである。