早く実現させるべき:夫婦別姓

日本がいまだに夫婦別姓を認めていない国であることは、ほとんどの方がご存じかと思う。最高裁が夫婦別姓を認めていないからなのだが、21世紀になってほぼ四半世紀がたった今でも旧態依然としたままであることに愕然とさせられる。

今朝の朝日新聞に夫婦別姓についての世論調査がでており、選択的夫婦別姓に「賛成」である人はすでに73%にまであがってきている。反対は21%。 夫婦の姓名を同じにすることを義務付けた現行法は約120年前に制定されたもので、明治時代からの名残りであって今の時代にそぐわない。

日本で夫婦別姓を通すためには、婚姻届けを提出せずに夫婦生活を送るいわゆる「事実婚」になってしまう。そうなると基本的に遺産を相続する権利がなく、税金や補助金の受け取りもできない場合が生じてくる。諸外国を見渡すと、ほとんどの国で夫婦別姓を認めており、日本も早く実現させるべきだろう。

たとえば米国やイギリス、ドイツなどはもちろん夫婦別姓が可能で、ロシアなどは1926年にすでに別姓の選択ができるようになった。アジアでも中国、韓国は夫婦別姓を実現しているし、北朝鮮でさえも夫婦別姓である。ここまでみてくると、「日本よ、いったいどうしたんだ」というセリフが出てきてしまう。

日本では女性が結婚によって改名することで被る不利益、不都合、アイデンティティの喪失が問題になって久しいが、少しでも早く選択的夫婦別姓を認める新たな法制度を設けなくてはいけない。

ハリス VS トランプ

日本時間22日午前、米ジョー・バイデン大統領が大統領選から撤退すると発表し、後継者にカマラ・ハリス副大統領を指名したことで、11月の戦いは事実上ハリス対トランプに移行した。

すでに米メディアは2人が戦った時を想定して世論調査を行っており、いくつかの調査では、現時点でトランプ氏がハリス氏を平均2ポイントほどリードしている。「ニューフェイス」になったことで、ハリス氏がトランプ氏を引き離すとも考えられたが、実際には保守層のトランプ支持は厚く、大きく動いていない。ましてや共和党は党大会が終わり、党のまとまりを強めたところなので、ハリス氏は保守の岩盤層を崩せていない。

トランプ氏は撤退を決めたバイデン氏に対し、慰労を込めた敬意を表するのかと思ったが、実際にSNSで発した言葉は、「彼(バイデン)は史上最悪の大統領だ。群を抜いて最も劣悪な大統領」という散々な内容だった。

さらに「ウソとフェイクニュースを発信し、(自己防衛できる)地下から出ないことで大統領という地位をえた」といった憎まれ口をたたいて、バイデン氏を攻撃。トランプ氏の本音を垣間見たような気がした。

米国は本当にこんな節操のない人物を再び大統領にしようというのかーー。

バイデン:大統領選は辞退しろ

バイデン大統領の再選への道が険しくなってきている。なにしろ、身内である民主党議員や党員から「そろそろ身を引く時なのではないか」との声が強まってきているからだ。

米時間17日、カリフォルニア州選出の連邦下院アダム・シフ議員(64)が「これは自身が決めることだが、 私は(大統領の)バトンを渡す時がきたと思う」と述べたのだ。シフ議員は民主党の重鎮の一人であり、党内からここまで明確に現職大統領に「もう辞めろ」との意思表示をしたのは同議員が初めてであり、議会内にもバイデン降ろしの声が醸成されてきていることを示すものである。

バイデン氏本人はいまのところ選挙戦から降りるつもりはないと繰り返しのべているが、本人もこうした声が日増しに強くなっていることは重々承知のはずで、私は8月に行われる民主党全国大会の前後で辞退の決断をすることになると踏んでいる。

そうなると、「もしトラから確トラ」が本当に現実味をおびてくる。

副大統領候補:バンス氏が選ばれた理由

「やはりこの男は計算高い」

ドナルド・トランプ氏が米時間15日、副大統領候補にJ.D.バンス上院議員(オハイオ州)を選んだ時、脳裏にかすめた思いである。日本ではバンス氏の名前はほとんど知られていなかったし、米政界でも上院議員になって2年しかたっていない人物なので、大物とは言いがたい。それなのにトランプ氏が同氏を副大統領候補に指名したのには理由がある。

今年の選挙はここまで、支持率を眺めると、トランプ氏が数パーセントのリードを保っている調査が多いが、依然としてトランプ・バイデン両氏は接戦といって差し支えない。トランプ氏としては本選挙で、なんとかして現職大統領を突き放したいはずである。

しかも、トランプ氏は今回の選挙が中西部の一握りの激戦州で勝敗を決することがわかっており、重要州であるオハイオは落とせないとの判断から同州出身のバンス氏を選んだ可能性が高い。副大統領というのは大統領に不測の事態が生じた時には大統領に格上げされるが、それ以外は忠実な併走者という位置づけた。

あくまで「副」であり、自分よりも飛びぬけた才能がある人物である必要はないし、むしろイエスマンの方が大統領としては扱いやすい。そこで選ばれたのがバンス氏ということになる。

大統領と暗殺

頭部を貫通していてもおかしくなかったーー。

日本時間14日午前、米ペンシルベニア州バトラーで起きたトランプ氏を狙った銃撃事件は、銃弾があと数センチ頭部のほうに寄っていたらと思うと恐ろしくなる。

事件が発生してからまだ数時間しかたっていないので、FBIは犯人の名前も銃器も公表していないが、「大統領と暗殺」という図式があらためて表出し、いろいろと考えさせられる。シークレットサービスは、最近になってバイデン氏とトランプ氏の警備を強化したとの情報もあるが、それでも今回の事件は防げなかった。

これまで米国では4人の大統領が凶弾に倒れている。最初は16代大統領のエイブラハム・リンカーン(1865年)、2人目が20代のジェームズ・ガーフィールド(1881年)、3人目が25代ウィリアム・マッキンリー(1901年)、そして35代のジョン・F・ケネディ(1963年)である。死亡しなくとも、26代セオドア・ルーズベルトも狙撃されたし、40代ロナルド・レーガンもジョン・ヒンクリーに狙撃されたが命を取り留めている。

こうした経緯を眺めると、犯人は米大統領や候補を殺害することで政策を変えるという意図があるようだが、単独犯は精神障害を抱える場合もある。いずれにしても、銃社会ならではの犯罪である。

今後、命拾いしたトランプ氏に同情票が集まり、勢いが強まって再選という流れにならないとも限らない。となると、犯人の意図した結果とは逆になるが、、、。