ロシア:追い詰められたあと

ロシアがウクライナに軍事侵攻して4ヵ月が過ぎたという話は6月30日のブログでも記したが、プーチン氏の暴挙といえる行動は、ロシアが西側諸国に押され続けてきた結果でもある。同氏が長いあいだ圧力を感じてきたということだ。

北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議が30日に終わり、そこでの最大関心事もロシアで、参加国はロシアを「もっとも重大かつ直接の脅威」と捉えた。フィンランドとスウェーデンがNATOに加わったのも、ロシアの脅威を単独ではなく複数国で受け止める方がより効果的という意味がある。それほどロシアという国はいま、ヨーロッパ諸国にとって脅威なのだ。

それは同時にNATOが首脳会議でロシアを敵国と認定したため、敵対関係がより如実に浮き上がってきたということでもある。もちろん、誰も戦争を望んではいないだろう。ごく少数の政治家だけが戦争によって得られるモノを期待しているだけである。プーチン氏にこれ以上、暴挙を起こさせないためには何をすればいいのかを、西側諸国は考えなくてはいけない。

昨日、外国特派員協会のワークルームで、ヨーロッパからの特派員とこのあたりのことを話し合った。ヨーロッパ諸国内ではいま、対ロシア政策が統一されているわけではないが、反ロシアという意識は今後さらに強まるはずだとの見方では一致していた。話し合いの中で一人の記者が語気を強めて言い放った「プーチンは決して信用できない」という言葉が今も耳に残っている。ただそこからプーチン氏を暴発させないための妙策はなかなか出てこない。

大きな戦闘に発展しないように対話をし、将来を見据えた政策を熟考することは当然だが、確実に具現化できる策がない。ここが国際関係の難しさでもある。

アフリカ諸国はなぜウクライナを支援しようとしないのか

ロシアによるウクライナ侵攻からすでに4カ月以上が経った。ウクライナ東部での戦闘は収まるどころか、さらに激化するとの見通しが有力だ。首都キーウが3週間ぶりにロシア軍に攻撃されてもいる。

それに対し、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は6月25日のビデオ演説で、「すべての都市を奪い返す」と強気の発言をしており、ウクライナ戦争はほぼ間違いなく長期化しそうな情勢である。

そんな中、同戦争に対する興味深い見方がワールドニュースのスポットライトを浴びた。アフリカ連合(AU)加盟国55カ国のうち、「被害国」であるはずのウクライナに加担する国がほとんどいないことが明らかになったのだ。

 ロシアがウクライナに一方的に軍事侵攻したという事実は国際的に広く認知されているはずだが、それは世界中の国々で共有されている統一見解ではない(続きは・・・アフリカ諸国はなぜウクライナを支援しようとしないのか)。

海を越えなくなった日本人

数日前、留学生数が減っているというニュースがあった。新型コロナによって留学生の往来が停滞していることはわかるが、驚かされるのは、コロナ前まで毎年約10万人の日本人が留学していたのが、2020年度にはたった1487人しか留学しなかったという事実である。

海外から日本に来る外国人留学生も減っているが、それよりもコロナ感染を恐れることで、人生の選択肢が狭まってしまったことが残念でならない。国外にいくことで見えてくるもの、自然に身につくものは計り知れない。私自身、留学によってその後の人生は大きく変わったし、人生観や行動様式も米国留学でプラスに働いたと思っている。それほどのインパクトがあった。

それがコロナの影響で国内に留まることになり、留学を断念せざるを得なくなったというのは無念である。もちろんいまのような状況下であっても留学を強行する人はいるだろうし、その方がプラスであると私は信じる。しかし、2年前に私が留学できたかといえば、やはり踏みとどまっていたかもしれない。

ただ今後はコロナが収束し、再び海外にでるチャンスは増えてくるはずだ。長い人生の中での1、2年はすぐに取り戻せるので、留学を考えている方がいたら、これから果敢にトライしてほしいと思う。得るものは想像以上に大きいと申し上げておきたい。