米国の「台湾防衛」はすでに折り込み済み

米連邦議会のペロシ下院議長が台湾で蔡英文総統と会談したことで、中国はいきり立っている。習近平主席は「レッドラインを踏み越える行為」と発言し、ペロシ氏の訪台を真っ向から反対し、軍事行動も辞さない構えだ。

中国側にとって中台統一は長年の悲願であり、米国が最大の障害になっていることに変わりはない。ペロシ氏だけでなくバイデン氏も5月下旬、「台湾防衛のために軍事力を行使する意思があるか」と記者に問われた時に「イエス」と発言し、米国はホワイトハウスも議会も「台湾のために血を流しても構わない」方向に舵をきったと解釈されている。

それは米国の中台問題の政策が「戦略的曖昧さ」から「戦略的明確さ」へとシフトしたということでもある。

米上院外交委員会のロバート・メネンデス委員長(民主党)も、ツイッターで「バイデン大統領は正しい選択をした。台湾を守るために行動することは既存の政策と矛盾するものではない。確固たる抑止力というものには勇気と明瞭さが必要になる。我々は台湾の活気ある民主主義を全面的に支持する」と記したほどだ。

これは米国による明確な台湾防衛の意思表示であり、もう「中国からのちょっかいに指を咥えているだけではありません」ということでもある。もちろん中国も米国も軍事交戦は避けたいと思っているが、米国は以前よりもより台湾防衛に真剣になったということだ。

米フォワード党の価値

先週水曜(7月27日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスで新しい政党の立ち上げが発表された。「フォワード(Forward)」党という第3政党で、9月24日にテキサス州ヒューストンで正式な発足会が行われる予定だ。

米国政治は2大政党制が基礎で、民主党と共和党以外の第3政党が連邦議会で躍進したことはなく、両党どちらかの議員を選ばざるをえない状況が長く続いてきた。ただロス・ペロー氏の改革党やラフル・ネーダー氏の緑の党など、これまで第3政党が登場しなかったわけではない。それでも支持は広がらず、議会での議席は確保できていない。

それではフォワード党は有権者から広範な支持をえられるのだろうか。現時点で同党の政策綱領が発表されているわけではないのではっきりとは言えないが、有権者の中に民主・共和両党の政治に辟易しているという声が少なからずあり、そうした声が集積されることで支持が広がる可能性はある。

特に「新しもの好き」の米国人には、民主党のリベラルさでも共和党の保守主義でもない中道の魅力として捉えられるかもしれない。ギャラップ調査ではすでに第3政党が必要と回答した人が6割近くもいることから、支持拡大の期待はもたれている。

それでも私はフォワード党の大きな躍進というものには現時点ではあまり期待していない。というのも同党を立ち上げる民主党のアンドリュー・ヤン氏と共和党のニュージャージー州元知事のクリスティーン・トッド・ウィットマン氏が2人とも、米政界では大物ではなく「中粒」の政治家だからだ。

全米だけでなく、全世界に新風をふかせ、新しい政治文化を根付かせるくらいの勢いがあるとは考えにくいので、フォワード党がどこまでやれるかは正直、疑問が残る。ただ同党がすばらしい候補を擁立し、2024年の大統領選で新大統領を誕生させられる可能性がないことはない。いまはそれに期待したいと思っている。

グリーンランドの氷が異例の速さで溶け始めた!

グリーンランドの氷床が「驚くほど広範囲に、しかも想像以上のスピードで溶け始めている」とのニュースが先週から話題になっている。わずか3日間で180億トンの氷が融解して北大西洋に流れ出たというのだ。

衛星写真を眺めると、グリーンランドの海岸付近に融解池が点在するのが確認できる。

米国立雪氷データセンターのテッド・スキャンボス上級研究員によると、ほとんどの融解はグリーンランド北部で起きており、「180億トンという数字はウェストバージニア州を厚さ30センチで覆うことができる水量」だという。

氷床が溶け出すと直接的には海面の上昇や洪水の発生を誘発することになるばかりか、高潮や海岸浸食など、市民生活に深刻な被害を及ぼす可能性がある。仮にグリーンランドの氷がすべて溶けると、海面がいまより約7.5メートル上昇すると言われている(続きは・・・グリーンランドの氷が異例の速さで溶け始めた!)。