米大統領選:勝負になるのは6州

米国の大統領選が総得票数ではなく、選挙人の数で争う選挙であることは多くの方がご存じかと思う。18歳以上の国民であれば投票の資格があり、実際に投票する時には、今年であればバイデンかトランプといった名前を選ぶが、そのあとが日本とでは違う。

全米50州に割り当てられた選挙人は人口比によって数が違う。人口のもっとも多いカリフォルニア州には55人が、テキサス州には38人が、人口の少ないバーモント州やモンタナ州にはそれぞれ3人が割り当てられており、50州を合わせると538人になる。

選挙では勝った州の選挙人を積み重ねることで、538人の過半数である270を奪った時点で次期大統領の誕生という流れになる。選挙であるので、結果はフタを開けるまでわからないのだが、歴史的に多くの州がリベラル州(民主党寄り)か保守州(共和党寄り)にわかれているため、カリフォルニア州がトランプに流れることはまずありえないし、テキサス州がバイデンにいくことも考えにくい。

ただ年によっては支持率の高い候補が圧勝することもある。たとえば1964年選挙ではケネディ亡き後、リンドン・ジョンソンが44州を奪ってゴールドウォーターを制したこともあった。同年の選挙人数はジョンソンが486人、ゴールドウォーターが52人という大差だった。

だが今年はバイデン・トランプの支持率は肉薄しており、いくつかの激戦州が勝敗のカギを握ることになりそうだ。現時点では6州がキャスティングボードを握るといわれている。6州というのは、アリゾナ、ウィスコンシン、ジョージア、ネバダ、ペンシルベニア、ミシガン。ノースカロライナも入れて7州としているところもある。今年の総有権者数は約2億4400万人だが、実際に影響力をもつのは限られた州の有権者ということになる。さあ、あと半年である。(敬称略)

凄烈:井上尚弥のパンチ

6日夜、東京ドームで行われた4団体統一スーパーバンタム級タイトルマッチをネット上で観た。久しぶりにボクシングの試合を観ながら手を握りしめ、熱くなっている自分がいるのがわかった。こうした気持ちになったのは何年ぶりのことだろう。

地上波では放映していなかったが、ネット上で視聴できたので興奮しながら観た。普通のボクシングの試合であれば観ることはなかったと思うが、井上尚弥が4団体統一王者であることと、素人であっても彼のパンチの鋭さと激烈さがよくわかったので、パソコンの前に座った。

昨日の相手は元世界2階級制覇王者のWBC世界同級1位ルイス・ネリという手強い相手であることは知っていたが、井上の方が優っているだろとの希望的観測から、いつ倒すのか楽しみにその瞬間を待った。ただ1回、これまで一度もダウンを喫したことがなかった井上がネリの左フックを受けて倒れる。

「これはヤバイ」。今日は勝てないかもしれないと思ったが、2回2分過ぎに今度は井上がネリにパンチを浴びせてダウンを奪った。そして6回、井上が連打を繰り出してネリをTKOにしとめた。

観ていて思ったのは、井上のパンチの速さと嬌激さである。いくらプロのボクサーとはいえ、あのパンチが顔面にヒットしたらマットに沈むしかない。どれほどの衝撃があるのかは考えたくもないほどで、ボクシングの熾烈さをあらためて思い知らされた試合だった。

「常に不満足でいることが前に進むための原動力になる」

皆さんは以前にどこかで聴いたことのある諺や格言を耳にして、ハッとさせられたことはないだろうか。

今日の午後、東京FMを聴きながら仕事をしていると、番組のパーソナリティーである山下達郎氏が、「常に不満足でいることが前に進むための原動力になる」と述べ、ハッとした。

これは山下氏が普段から心がけていることで、仕事をする上で完成した作品に満足しないことが次につながる力になると話していた。いま71歳の山下氏は1970年代から自分のアルバムをリリースしてきたが、締め切りまで粘って作品を良くしていく努力はするが、時間的にこれ以上は延長できないところまで力を尽くしても本当に満足できたことはほとんどなかったと述懐していた。特に若い頃はそうだったという。

不満足でいるということはいたたまれない心情ではあるが、その思いこそが「次こそもっといい作品を」という思いになり、前進していけると話した。

こうした気持ちはある意味で真理かもしれない。もちろん不満足といっても、山下氏のレベルであればすでにかなりの作品に仕上がっているはずで、もっと先に進むために自分自身にダメ出しをする同氏の一途さには感心させられた。

中ロが練る台湾侵攻

以前から極東の政治問題の一つとして取り上げられてきたテーマではあるが、ここにきて現実味を帯びてきた。何のことかというと、中国とロシアが手をとりあって台湾を侵攻するという話だ。

というのも、米時間5月2日にバイデン政権のアブリル・ヘインズ国家情報長官が、連邦議会の上院軍事委員会で次のように発言したのだ。

「われわれ(米国)は中国とロシアが台湾(侵攻)について初めて行動を共にする可能性があることを認めている。台湾は中国がロシアに協力してほしい場所であり、そうしない理由はない」

国家情報長官という役職は、CIAを含めた米政府に16ある情報機関を統括する立場で、その人物が中ロが台湾侵攻で協調しているとの見方を示しただけに事態は深刻である。ただ、同長官は台湾侵攻の可能性も含め、中ロが連携するシナリオに対抗するため、米政府内で新たな計画を準備していることも明らかにした。

ただその計画が発動されるということは大規模な戦争を意味するので、ただ事ではない。同長官はさらに、ロシアと中国が「政治、経済、軍事、技術など、社会のあらゆる分野において『制限のない』協力関係を強めている」という情報分析結果を明らかにもした。

そうなると、日本にも大きな影響が及ぶはずで、いまから政府だけでなく市民レベルでも台湾有事を想定した研究や議論を活発化させておくべきだろう。

ビタミンDの効能を再確認

以前からビタミンDが骨や筋肉を丈夫にしたり、ガンを予防することは知られていたが、最近発表された医学論文では、ビタミンDの摂取がガンとたたかう時にこれまで以上に強い味方になることが複数の証拠で明らかになった。

25,871人を対象にした研究では、ビタミンDの摂取は転移ガンと死亡のリスクを17%減少させることがわかった。健康体重を維持している患者ではリスクは38%も減少している。

またビタミンD濃度が60ng/mL以上の女性は20ng/mL未満の女性にくらべると、乳ガンのリスクが82%も低いことが示された。同時に、肺ガン、大腸ガン、乳ガン、膀胱ガン、リンパ腫のリスクはビタミンDの濃度が低い人ほど高いことも確認された。さらに70歳以上の人がビタミンDを毎日摂ることは特に有益であるという。

ビタミンDレベルを最適化するのに最善の方法は簡単で、日光浴をすることである。多くの女性にとって直射日光は「お肌の敵」だろうが、メラトニンの生成を促進するので重要である。太陽光を浴びることは、電磁波の一種である近赤外線を体の奥まで浸透させることになり、ビタミンDレベルを最適化させることになる。

十分な日光浴ができない人にとってはビタミンDのサプリメントを摂取することが勧められる。論文では年2回ほど血中のビタミンDレベルを測定することを推奨している。

それでも、ビタミンDはガンの発生を奇跡的に解決する魔法の薬ではない。健康的なライフスタイルを維持しながら、高質な食事を摂取することが大切になる。