何をもって勝利と呼ぶのか

どうやらアメリカとイランは最悪の事態を回避したようだ。回避したというより、両国ともに「戦争」という領域に足を踏み入れることに躊躇したと言った方が正確かもしれない。

トランプはイラン司令官ソレイマニの殺害命令を下す前、補佐官たちから十分に事後の影響や法的正当性を聞かされていた。これは国務長官ポンペオが国務省担当の米記者に語ったもので、トランプが衝動的に決めた政治判断ではなかった。

だが議会の承認をとりつけたわけではない。2003年、ブッシュ政権がイラク侵攻を決めた時、連邦議会上下両院は過半数の賛成票で出撃に許可をだした。だがトランプは政権内の限られた人間だけが知る状況下でドローンの出撃命令をくだしている。

トランプにしてみれば目的が達成されて、勝利したとの思いを抱くだろうが、ソレイマニも一人の人間である。自身の知らないところからミサイルが飛来して、法的に裁かれたわけでもない状況下で突然に命を奪われたのだ。

ソレイマニはブッシュ政権時代からアメリカ政府が目をつけていた要注意人物だったが、問答無用で人間を抹殺する正当性は誰も持ち合わせていないはずだ。トランプは8日の声明文の中で、「私の命令の下、米軍は世界のトップ・テロリストであるガセム・ソレイマニを抹殺した」と誇ったが、百歩譲って、過去に何人もの人間を殺害してきたテロリストであっても前時代的な手法で人を殺すことの合法性は、わたしには見いだせない。

両国の全面戦争に至らないことはよかったが、カーボーイ気取りのトランプの悪行にはどうしても納得がいかない。(敬称略)

安倍がすべきこと

トランプはまるで西部劇の主人公を演じているかのようだ。

アメリカとイランが戦闘態勢に入っている中、トランプは気に入らない相手を撃ち殺す役を地でいっているかに見える。報復の応酬は失うものの方が大きく、最も被害を被るのはアメリカとイランの両国民であることを理解しなくてはいけない。

イラン革命防衛隊司令官のソレイマニをドローンで殺害したことで、イラン側は報復を宣言。それに対し、トランプはイランが報復してきた場合、イランの52施設を攻撃するとツイッターで反撃。いまのところ両者がひく様子はない。

トランプの論理はこうだ。米人記者に語っている。

「イランはアメリカ人の殺害が許され、拷問することも許されている。路上で爆弾を使用して、アメリア人を殺害することが許されている。その状況下で、アメリカ人はイランの文化施設に触ることもできなっていうのか。そんなわけはないだろう」

銃を持ち出して、情け容赦なく相手を撃てた時代は150年ほども前のことだ。いまは国際法があり、多くの戦争を経験して積み重ねてきた見識と倫理があるはずだが、トランプの眼中には入ってこないようだ。

入ってきたとしても、軍事行動を慎むという選択肢は取らない可能性が高くなってきた。イランもアメリカに対する嫌悪感は相当ななもので、総合的な戦力では勝てないとわかっていても強気な態度にでている。

ここは日本を含めた先進国のリーダーが両国の仲裁にあたる必要がある。全面戦争に入る前に、安倍にはワシントンに飛んでほしい。ゴルフをしてる場合ではない。(敬称略)

あけましておめでとうございます

千代田区の神田明神。
1月2日午前10時半。

今から30年前、私はフリーランスのジャーナリストとして独立した。独立したといっても、それまで勤めていた会社を辞めたと述べた方が適切な表現かもしれない。辞めたあと、本当に生活できるかどうかは不確かなままだったからだ。

当時の日記を読みかえすと、「本当にやっていけるのだろうか。うまく仕事が回っていくのだろうか」といった憂慮が書き記されている。給料が定期的に入らない不安は絶えずついてまわった。こういうことも書いている。

「(辞めるまで勤めていた米企業の)オフィスの環境は悪くないが、創造的な仕事ではないし、マネージメントという業務に身をやつさなければならない苦痛はどうしようもない。一刻も一刻も早く辞めたい」

当時はジャーナリストになりたいという気持ちよりも、「会社を辞めたい」という気持ちの方が勝っていたのである。これまで私は「ジャーナリストになるために会社を辞めた」と言い続けてきた。しかし日記を読み返すと、会社を辞めることの方が最初だったことを確認できた。自分の記憶を美化してしまっていたのだ。

ただ辞めた時から精神的な開放が訪れた。まだ首都ワシントンにいた時のことで、申し訳ないがこんな荘厳なことを書いている。

「この快適にして壮快な生活はいったいどうしたことだろう。あとは貧しくてもこの世に捧げられる、市民のための仕事をすべきであろうと思う」

これは日記の中で自分自身に投げかけた言葉である。けれども私が市民のために過去30年、仕事をしてきたわけではないことは明らかで、理想は理想として日記の中だけに留まったままだ。

ただ30年間、ジャーナリストとして生きてこられたことは幸せなことだったかと思う。今後、「この世に捧げられる」といえるだけの仕事ができるかどうかが課題かもしれない。

2020年の男女平等

CNNが昨日、80年代に起きたアメリカのニュースを特集していた。その中に興味深い事件があった。

3大ネットワークの系列局でニュース番組のアンカーを務めていた女性が降格させられたというのだ。世界を揺るがす大事件ではないが、クリスティン・クラフトさんという女性キャスターが番組を降ろされた理由が「40代にさしかかって歳を感じさせるし、もう魅力的ではない。男性に追従してもいない」というものだった。1981年のことである。

Photo from Pinterest

テレビカメラの前に立つ女性は「若くて美しくあるべき」という暗黙の了解が守られていないというのだ。いや、暗黙の了解などではなく、その時はアメリカらしく、理由が彼女に伝えられている。

日本ではいまだに理由を告げられないまま、暗黙の了解によってさまざまな分野で姿を消す女性がいるかと思う。「日本社会にいるんだから、理由くらい察しろよ」といったところだろう。

なぜ事件と呼べるのか。ほぼ40年前のことだが、クラフトさんは黙っていなかった。はっきり理由を告げられたこともあり、テレビ局を訴えた。実際はテレビ局ではなくメトロメディアという制作会社を訴えるのだが、裁判で陪審員はクラフトさんに50万ドル(約5400万円)の損害賠償金を支払うべきと判断する。だが連邦裁判事は陪審員の評決に納得せず、再審を求める。

2度目の裁判でも陪審員たちはクラフトさんに味方して、会社側に50万ドルの支払いを命じ、今度は判事も認めた。だがメトロメディアが控訴する。結局、この裁判は最高裁までいき、最終的にクラフトさんの訴えは却下されてしまう。

今月18日、世界の男女平等ランキングというものが発表された。そこで日本は121位という結果で、惨憺たるものだった。順位は前回よりも下がっている。1位がアイスランド、2位ノルウェー、3位フィンランドという北欧が上位を独占する中、アメリカは53位という位置にいる。男女平等が叫ばれている国なのでもっと上位かと思いきや、意外にも低い順位である。

男女の差というのは肉体的な違いこそあるが、社会的地位は平等であるべきというより、平等でなくてはならず、アメリカのみならず日本のていたらくは嘆かわしい。すでに2020年である。女性の頑張りもそうだが、いかに男たちが女性を受け入れるかにかかっている。ここぞという時の判断はもちろん、日々のなにげない言動がことさら重要であることは言うまでもない。

伊藤詩織に説得力あり

19日午後、東京丸の内にある日本外国特派員協会で伊藤詩織と山口敬之の記者会見が別々に行われた(インターバル1時間)。

山口は「犯罪は犯していない」と性犯罪を否定。合意のもとでの性行為だったと主張したと同時に、同席した弁護士も「彼はレイプ犯ではない」と述べた。さらに伊藤のことを「ウソつきだと思う」と被害者を逆に攻める一幕もあった。

「ウソつきだ」という理由は、伊藤が出版した「ブラックボックス」という書籍の内容と医師の診断書、またこれまでの言説に不一致な部分があるからだと言った。

だが山口が自分の泊っていた都内のホテルに酩酊状態の伊藤をつれていったことは事実であり、意識のなくなった伊藤と性行為したことは疑いようのない事実である。山口は合意があったとしているが、伊藤は会見で「(性交中の)痛みで起きた」と述べており、ここに合意が形成された経緯はみられない。

性行為は密室でのことだが、2人合わせて2時間強の会見を聞く限り、勝訴した伊藤により説得力があるように思える。山口は自分のしたことは違法ではないとの態度を貫いているが、「よくもまあシャーシャーと」というのが会見後に去来した思いである。(敬称略)