孤独の時代

数日前、米誌『タイム』を読んでいると「孤独という疫病」という興味深い記事があった。

新型コロナウイルスの蔓延によって在宅の人が増え、一人暮らしの人にとっては必然的に人と会う時間が減り、以前よりも孤独を感じる人が増えているという内容だった。しかもアメリカでは年を追うごとに独身者の割合が増えており、家族がいなければ孤独感に襲われる割合は高くなる傾向がある。

記事の冒頭で、41歳の女性教師の話がでていた。ミズーリ州に住むHさんは離婚を経験し、今は一人暮らしだ。子どもはいない。コロナの前はひとり暮らしを満喫し、自分の時間を自由に使える気楽さに喜びを感じていた。ところがコロナによって人との接触が減り、夜間ひとりでいる時にどうしようもない孤独感に苛まされるようになった。

「笑顔でいる日もありますが、クッションを抱きかかえて、この状態が長く続いたらメンタル的にもつだろうか、あと1年、いや数ヶ月いけるだろうか」

いまアメリカ人でひとり暮らしをしている人は3570万ほどいる。また「孤独感を以前よりも感じていますか」という質問に「ハイ」と答えた人は61%にのぼっている。アメリカ人の一般的な印象は「おしゃべり好き」で「陽気」で「快活」というものかもしれないが、実は以前から孤独に悩む人は少なくなかった。内面は意外に脆く、精神科医にかかっている人も多い。

1971年に桐島洋子氏が「淋しいアメリカ人」を著して大宅壮一ノンフィクション賞を獲った時代から、実は孤独な人が多いことは知られていた。ただ過去数カ月、コロナによって孤独感を募らせている人が増えたことは事実のようだ。

タイムの記事では最後に、コロナを利用して孤独というものをもっとオープンに語れるようになればいいと結んでいたが、孤独というものを理知的に理解しても本質的な孤独感は解消できないだろう。それよりも、実質的な人との触れ合いの時間をもつことこそが重要で、これはほとんどの方がすでに承知していることでもある。あとは本人がどう動くかにかかっている。

「差別意識は病である」

最近、これほど胸に刺さった言葉はない。

誰が言ったかといえば、英プレミアリーグのスター選手、ラヒーム・スターリングである。スターリングはジャマイカ出身で、褐色の肌をもつマンチェスター・シティー所属の名選手で、昨シーズンはFWA年間最優秀選手賞にも輝いている。

そのスターリングが、米ミネソタ州で起きたフロイドさん殺害事件を機に、黒人差別についてBBCとのインタビューで述べたのだ。

「少しばかり陳腐ないい方かもしれないけれど、いま人類が戦っている唯一の病が差別だね」

コロナではなく、差別こそがもっともやっかいな人間の病であると言ったところにインパクトがある。

from Facebook

リモート収録

昨晩、TBSの「ニュースキャスター」に数十秒だけ、リモート収録で出演しました。私は職業がら人に取材することも多いですが、取材された場合でも、費やした時間の何分の一しか使われないことが多く、これは致し方ないと思っています。

昨日の番組では私がテレビ画面にでていたのは数十秒だけですが、実際にリモート収録の取材を受けていた時間は30分ほどです。その中からディレクターが使いたいところだけを切り取るわけですが、普通に考えれば「もっと使えよ」ということになります。

ただ、私も原稿を書くときに取材対象に30分の電話インタビューをして、引用するのが5行ということがあります。ですから何も言えません。使うのは数行だけでもさまざまな質問をし、周辺の話をうかがい、相互理解を深めて、事象の全体像をつかんでいきます。

ですから、テレビ映像で実際に使われたのがほんの一瞬でも、仕事のプロセスとしてはテレビ局はまっとうな仕事をしていたと思っています。

たまに1時間以上も費やして、「堀田さん、すみません。ボツになりました」ということがあります。30年前ならいざ知らず、いまは怒りは湧いてきません。

千代田区丸の内の三菱一号館美術館の中庭

アベノマスク到着

「ウチには届かないのかもしれないね」

妻と話をしていたら、昨日(5月23日)、郵便受けに入っていた。封筒などには入れられず、このままの姿であった。

いまさらこのマスクについてのコメントはいらないだろう。装着してみても批判しかでてこない。466億円という税金を使ったのなら、もう少し予算を上乗せして、全国民対象の抗体検査・抗原検査を実施した方がよかったかと思う。

もちろんPCR検査でもいいが、国民は少しばかりのお金を支払っても検査をしてくれるのなら実施してほしいと思っているのではないか。私は「全員検査」に賛成の手を挙げたい!

「それは無理」という話ではなく、「それを可能にする」のが政治家だろうと思う。