9月の見通し

9月に入り、世界経済の見通しはいまだに不透明なままだ。株価は乱高下しており、リセッション(不況)に突入する前段階にさしかかったかに見える。

9月2日はアメリカではレーバーデー(労働者の日)という祝日で市場は休みだったが、休み明け3日のニューヨークダウは反落して前週比285ドル安だった(下落率1.01%)。半月前の8月14日には800ドル安(3.05%安)、23日にも623ドル安(2.37%安)という急落があり、3番目の下落ということになる。

その間、株価が持ち直す日もあったが、株価は下り坂を少しずつ、ゆっくりと降りているように見える。経済学者や金融関係者がよく引き合いに出すISM(製造業景況感指数=Institute for Supply Management)が3年ぶりに50を割り込んだというニュースもある。

ISMは製造業企業の担当者に新規受注や雇用、雇用など多岐にわたる項目を調査した結果で、50を下回ると景気が悪いと感じる人が多いということで、もう右肩上がりの時期は過ぎたという印象がある。最大の要因は米中貿易戦争で、トランプと習近平の突っ張り合いの着地点が見えないことにある。

実は1929年の大恐慌が起きたときもレーバーデー明けから始まった。2008年のリーマンショックもレーバーデーの後で、9月15日にリーマン・ブラザーズが破産申請をだした。日経平均も9月12日に大暴落して26年ぶりの安値をつけている。

夏休み明けの9月は希望を抱く人がいる一方で、暗い気持ちになっている人がいるのも事実で、「世界経済の気持ち」を訊くことができたとするならば、きっと「上は向けないなあ」というのが本音だろうと思う。(敬称略)

知性主義に反する男

いま60年代のアメリカ政界について書かれた本を読んでいる。速読でサッと読んではいけないというより、ゆっくり噛みしめて読み進めたい内容なので、いまのトランプ政権と比較しながらページをめくっている。

本の中に、大統領は知性主義と理想主義をたずさえながら、国家の利害のために仕事をすべきだというくだりがある。トランプに欠落しているのはまさにこの点で、感情のおもむくまま、気分次第で政治をすすめ、政敵を攻め、部下をクビにしている。

中国を為替操作国と認定したことで株価が下がり、米中貿易摩擦が加速度的に悪化するという因果関係を予見できていない。状況の悪化を読めていたとしたら、別の方策を採るべきであり、トランプの判断は未熟というより愚者の浅知恵と言うべきだろう。

こんな大統領をいまでも多くの共和党員が支持している理由がわからない。(敬称略)

混迷の世界へ

仕事がら毎日、世界のニュースに目を這わせているが、過去数日は重要なニュースが追いきれないくらい起きている。

個人的な判断から、あえて国際ニュースに順位をつけてみた。

1 日韓対立の激化:元徴用工の問題から日本と韓国は意地の張り合いで、現在は着地点が見えない。本当に底がないくらいの泥沼にはまってしまった感がある。アメリカ(ポンペオ)も両国を沼から引っ張りあげられない。韓国人の友人が以前「韓国人ははずかしめを受けたことは一生忘れません」と言っていたのを思いだす。

2 米中貿易摩擦の激化:トランプは9月1日から中国に第4弾の制裁関税を課す。上海で開いていた米中閣僚級会合でも関税協議は決着せず、トランプは3000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を課す。何を考えていえるのか。勝者はいないー。

3 北朝鮮が弾道ミサイルを発射:過去1週間で3度目。今月5日から20日まで行われる米韓合同軍事演習への反発と思われるが、トランプはいまだに金正恩を信じているようで「気にしない発言」が大いに気になる。

4 FRB(連邦準備制度理事会)が10年半ぶりに利下げ:利下げを発表しても株価は下落。FRB議長パウエルが継続的に利下げをしていくわけではないと述べたことへの市場の失望感と、トランプの追加関税発表の影響。ドルが買われて1ドル106円半ばまで円高が進んだ。

5 INF(中距離核戦力)全廃条約が失効:これによりアメリカは移動式の地上発射型巡航・弾道ミサイルを開発する予定だ。半年前、トランプとプーチン両氏がINFの破棄を決めたが、明らかに時代を逆行する動き。

トランプが世の中を悪いほうに、悪いほうに引っ張っていっているかのようで、急に好転する気配が見えない。(敬称略)

有志連合は入る必要なし

新しく米国防長官になったマーク・エスパーがもうすぐ来日する。オーストラリア、ニュージーランドを回ってからくるが、対イランに向けての有志連合への参加を日本に促すためだ。

トランプはイラン嫌いのポンペオとボルトンに影響をうけて、イランへの強硬姿勢を強めている。もちろん戦争をしかける準備であるが、現時点でイランに軍事攻撃をすることは国際法上も道義的にも合理性がともなわないし、理不尽である。

イランが進めている核開発をこころよく思わないことは理解できる。だがウラン濃縮度の上限が2015年の核合意できめた数値(3.67%)を超えても、まだ核兵器を製造したわけではない。イランが核保有国になったという証拠はまだない。イランが他国を軍事攻撃したわけでもない。

湾岸戦争時、アメリカは多国籍軍を先導してイラクに攻め込んだ。当時、イラクがクウェートに軍事侵攻したこと自体が大問題であり、国連が多国籍軍の派遣を決定した経緯があって戦争にいたっている。

しかし今、核兵器を所有してもいないイランに軍事攻撃をしかける理由が見当たらない。トランプ政権の暴挙としか言えない。もし核開発ということが理由であるなら、なぜ北朝鮮を攻撃しないのか。

日本はエスパーに有志連合に説得されても逆に「軍事攻撃などもってのほか」と諭さないといけない。(敬称略)

貧乏性は治りません

航空会社のマイレージがたくさんたまっていた。今秋に期限が切れてしまう分があったので使うことにした。5泊6日の夏休み。

航空券にお金はかからない。しかもビジネスクラスで往復できるだけのマイレージ数だったので、他のところにお金を割いて豪勢な夏休みを、と思っていた。けれども貧乏性はそう簡単に治らない。

私はごく普通のサラリーマン家庭で育った。貧乏と呼べるほど貧しくはなかったが、裕福とも呼べず、中流の中にいた。両親ともに倹約の美徳を知っていたので、なるべく無駄遣いをしない生活習慣が染みついている。

移動ではバスや電車に乗るのが当たり前だったが、仕事でタクシーを使う機会が増えたのでタクシーだけはプライベートでもよく乗るようになった。貧乏くささを克服できた唯一の点かもしれない。

だが今回の旅で「貧乏くさいなあ」と思った瞬間があった。ホテルにチェックインし、寝る前になって喉の渇きを感じたので何か飲みたかった。部屋の冷蔵庫にビールや炭酸飲料、さらにミネラルウォーターが冷えている。

特にミネラルウォーターはホテル価格であってもたいした金額ではない。コンビニで買うよりは高いが、冷蔵庫から出して飲んでも誰もとがめない。だが躊躇してしまうのだ。自分には「買い出し」と言いきかせて、近くのコンビニまで買いに行ってしまった。

部屋に戻ってきて水を飲み、残りを冷蔵庫にしまおうと思ってドアを開け、すでに鎮座していたミネラルウォーターのボトルの横に置いたときの言いようがない寂寥感。

嗚呼・・・。

20190724hanoi6