バイデンが記者会見で伝えたかったこと

バイデン氏がホワイトハウス入りしてから初めての記者会見を米時間25日に開いた。日本時間では夜中だったので、ネットで会見を観た。

コロナ問題から移民問題、対中政策までテーマは多岐に渡ったが、78歳のバイデン氏に対する国民の期待がクリントン氏やオバマ氏に比べると過大ではないことから、低空からスタートしている印象がある。

たとえばコロナワクチンの接種回数は、当初は就任100日で1億回という目標をかかげたが、実際はほぼ半分の時間で実現させてしまった。昨日の会見では、100日までに2億回という数字をだして、順調にワクチン接種を進めているとした。最初から2億回という数字を出さなかったことで、達成感を強調しさえした。

1973年から上院議員を務め、オバマ政権での副大統領を含めると44年間もワシントンの政界にいただけに、法案を通過させるテクニック、政策の打ち出し方、共和党議員との折衝法、メディアとのかけひき、人が思って以上に剛強で策略家であるのがバイデン氏の本性だろう。

中国に対しては、厳しい態度をみせた。

「彼ら(中国)は世界でナンバーワンの国なるという野望を抱いているだろう。世界で最も富んだ国になり、最強国になるという最終的な目標を持っているはずだ。だが私の政権下でそれは起きない。というのも米国はいま以上に成長、拡張するからだ」

習近平主席はバイデン氏の当選後、祝福の電話をしてきたという。2時間ほど話をして、中国との競争は避けられないが、全面対立は両者が求めていないことを確認しあったという。バイデン氏に期待できるのは、こうしたバランス感覚である。少なくともトランプ氏よりは安心してみていられる大統領のはずである。

今日のお宝(26):原宿どらやき

今日はユーチューブの収録があったので、原宿表参道まで行ってきました。収録後、久しぶりに表参道をプラプラとお散歩。

道路に面した半地下の和菓子屋が目にとまりました。風情があって、食指をそそられます。「原宿」と印字されたどらやきがあったので、一箱買ってきました。なかなか濃いアンコで、にんまりです。

バイデン政権の閣僚がほぼ揃う

バイデン政権が1月20日にスタートしてからほぼ2カ月がたち、ようやく閣僚が揃った。

「今ごろになって」と思われるかもしれないが、アメリカはいつの時代でもこのペースなのである。日本では新首相が誕生するとすぐに大臣の人選が行われ、新聞の一面にひな壇に並んだ大臣たちの写真が載る。だがアメリカでは11月初旬の大統領選が終わってからずいぶん時間があるにもかかわらず、各省庁の長官が連邦上院で「OKサイン(承認)」を出されるまでに時間がかかる。

国務長官や国防長官などはすぐだが、内務長官や労働長官などは政権発足後2カ月ほどして、というより「ほど経たないと」決まらない。昨日、ようやく労働長官が承認され、ボストン市長だったマーティ・ウォルシュ氏が新長官になった。

ただ、アメリカの場合は長官だけではなく、政府機関の官職(約4000)が政権交代ごとに入れ替わる。その中でも高級官職である1250人は、任命されたあとに各省長官と同じように上院での承認が必要になるため、新しい人材が要所につくまでに時間がかかるのだ。

ワクチンの必要性:新型コロナ(33)

新型コロナウイルスの猛威はいまだにとどまるところを知らない。アメリカではすでに1億回以上のワクチンが接種されたが、いまだに1日5万人以上の新規感染者がでている。日本では3月20日の全国新規感染者数は1517人。アメリカの人口が日本のほぼ3倍と考えてもケタが違う。

コロナに関しては悲嘆にくれるようなニュースが多いが、米ファイザー社と独ビオンテック社が共同開発したワクチンが、ブラジル型の変異株にも有効であることがわかったという明るいニュースもある。

ただいくら日本の感染者数が欧米諸国やブラジルなどと比較して少なくとも、ワクチン接種は大切である。アナフィラキシーを心配されている方もいるだろうが、日本はできる限り早い時期に、あらゆる手を尽くして全国民へのワクチン接種を行うべきである。

日本政府のワクチン・アクセスへの初動が遅れたこともあるが、日本が3月中に確保できるワクチン数は約230万で、少なすぎる。ここまでワクチンを接種した人は人口の1%未満で、イギリス、アメリカなどは30%を超えている。それだけではない。イギリスなどは人口の3.4倍のワクチン総数を確保しており、残りは途上国に無償で提供する準備をしている。

幸いなのは、日本の感染者数と感染率が他国と比較すると低いことだが、それが気の緩みにならないことを祈りたい。

春の到来

今春はお花見も「満足にできないかもしれない」との思いから、有楽町マルイは正面玄関を入ってすぐのところにかすみ草で創作した「サクラ」を据えた。かすみ草はさまざまな色に染められていて、アートとして成立している。