弾劾裁判はトランプの思い通りの流れ

トランプがすぐにも無罪放免になる。

2月5日に連邦上院で、「トランプは罷免にあたいしない」という評決がくだされるはずだ。本来は4日に行われるトランプの一般教書演説の前に弾劾裁判を終わらせたい意向だったが、数日ずれてしまった。それでもトランプの思い通りにコトは進行しているようだ。

22日の当欄で記したように(トランプを本当に裁けるのか)、共和党議員の中にもトランプの行為が贈賄罪と司法妨害罪にあたると解釈し、罷免されるべきであると考えている政治家はいるだろうと思う。

しかしワシントンの政局はいま「完全」という言葉をつかっていいほど2極化しており、トランプが無罪放免になるという流れができあがっている。

それにしてもトランプが弁護チームにアラン・ダーショウィッツを向かい入れ、同氏もトンラプの肩をもった時点で勝負あったというのが40年近くワシントンの政治を見てきた私の感想である。

なにしろハーバード大学教授のダーショウィッツは、90年代半ばにO・J・シンプソン事件でシンプソンの無罪を勝ち取ったドリームチームの一員で、「合衆国憲法を語らせたら誰もかなわない」と思えるほど弁がたつ。今回もダーショウィッツのトランプ擁護の論弁を聴いたが、殺人罪に問われたシンプソンを無罪にした時を彷彿とさせた。

当時、私はワシントンで事件の記事を書いていたが、ダーショウィッツをはじめ、ロバート・シャピロ、ジョニー・コクランという腕利き弁護士は、黒いものを白色にできるくらいの弁護力があり畏れおののいたのを覚えている。

今回の上院でのダーショウィッツの論弁はあの時の光景を想起させた。犯罪どころか、トランプは当たり前のことをしただけと思われるほどの論法なのだ。アメリカの政治の限界をみた思いである。(敬称略)

またしても涙

最近、以前よりも確実に涙もろくなっている自分がいることに驚くことがある。テレビを観ても、ほろりとさせる文章を読んでも、ウルウルきてしまう。今朝はウルウルどころか、ティッシュが何枚も必要なくらい泣いてしまった。

ネットで国際ニュースをチェックしていると、1月26日に飛行機事故で亡くなったNBAのコービー・ブライアントの話がでていた。現役時代の実話である。

コービーの所属するLAレイカーズがアリゾナ州フェニックス市に試合に来た時のことだ。同市に住むクリスティン・ヘクトさんという女性は彼に頼み事をしたかった。ヘクトさんはフェニックスの病院に勤務しており、そこに5歳の男の子が入院していた。彼がコービーの大ファンであることを知っていたので、サインをもらいたいと考えていたのだ。

幸いにも、ヘクトさんの夫トム・ヘクトさんはLAレイカーズの対戦相手であるフェニックス・サンズの重役だった。サインであればコービーは応じてくれると踏んでいた。コービーに話が伝わると、思っていたとおり快諾してくれ、サインが入手できることで男の子も大喜びだった。

コービーには男の子の病状も伝えられた。心臓に重篤な疾患があり、集中治療室にいることも告げられた。するとコービーから直接、病院に会いに来たいとの申し出があった。コービーはヘクトさんと協力して、記者や関係者には知られないように病院の非常階段をつかって男の子に会いに来た。

バスケットボールを持ってきていたコービーは男の子と1時間ほどパスをしたりして過ごし、いくつもの品々にサインをして静かに帰っていった。帰り際、コービーはヘクトさんと男の子の母親に言った。

from Facebook

「何かできることはないですか。金銭的なことも含めて、、、。それならば任せてもらえませんか」

ヘクトさんはコービーの誠実な態度と優しさに魅了された。だがこう言わざるを得なかった。

「彼は小さすぎて心臓移植ができないのです」

コービーが男の子のもとを訪れた1週間後、彼は天に旅立っていった。亡くなったあと、母親がヘクトさんにこう告げている。

「コービーと一緒にいた1時間が彼の人生でもっとも楽しい時間だったと思います。何枚も写真を撮りましたが、その時の写真が人生で唯一笑っているものだったからです」

そのコービーもいまは帰らぬ人となった。また泣きそうである・・・。

米大統領選:トランプも驚くサンダース躍進

米大統領選がいよいよ本格的に幕を明ける。

共和党は現職大統領のドナルド・トランプの再選で党内がまとまっているいるが、民主党は混戦のままだ。

その中でいま浮上してきているのが、バーモント州上院議員のバーニー・サンダーズである。

全米レベルでは今でも前副大統領のジョー・バイデンがほとんどの世論調査でトップにきているが、2月3日のアイオワ州党員集会(コーカス)と同11日のニューハンプシャー予備選に限ると、サンダーズが首位にきている世論調査結果が多い。

民主社会主義者を名乗る同氏が混戦の中から抜け出すのだろうか(続きは・・・米大統領選:トランプも驚くサンダース躍進)。

2020年米大統領選(25):バイデンは弱い候補?

民主党レースは数カ月前から「トップ4による戦い」と言われてきた。私もそう発言してきた。だが今月20日、「ニューヨーク・タイムズ」が全米の世論調査で現在5位の上院議員エイミー・クロブシャーを推薦。ニューハンプシャー州で最大の日刊紙「マンチェスター・ユニオン・リーダー」もクロブシャーを推薦して、予備選レースは4強から5強に移っていくかもしれない。

米新聞が特定候補を社説などで「イチオシ」する動きはアメリカの伝統的な慣習だが、大手新聞が推薦しても、その候補が勝てるわけではない。クロブシャーはABCテレビのインタビューで「私はどの候補よりも多くの新聞社から推薦を受けている」と胸を張ったが、今後2週間でどこまでやれるだろうか。見ものである。

過去1年、全米レベルでの支持率という点では、バイデンがずっとトップを走ってきた。いまでも多くの州でバイデンがリードを保つが、予備選最初の州であるアイオワと次のニューハンプシャーで勝ち進むかは微妙なところである。

from Youtube

私が否定的な見方をする理由が3つある。1つ目はバイデンの両州での支持率がトップを維持していないことだ。勝ったとしても圧勝にはほど遠い。安定した力強さがない。かつての副大統領で、誰もが知る人物であり、穏健派ということだけで消極的な支持が集まっているかに見える。

2番目は人望のなさだ。先週アイオワで開かれた集会には数十人しか聴衆が集まっていなかった。あまりにも寂しい。4年前のトランプや12年前のオバマの時は、どの会場も入りきらないくらい人が埋まり、まるでロックスターが登場したかのような騒ぎになった。だがバイデンの場合、まるで「望まれていない演歌歌手」が現れたかのようだった。すべての集会がそうではないが、「バイデンが近所に来るなら是非とも聴きに行こう」という人が少なすぎる。

3番目の理由は選挙資金である。大統領候補として、あまりにもカネが集まっていない。トップ4の中では4番目である。政治資金調査を行っている非営利団体「オープンシークレッツ」によると、バイデンの選挙資金集金額はここまで3676万ドル(約40億円)。サンダーズは約2倍、トランプは4倍強の資金を集めているだけに、あまりにも頼りない。有権者のバイデンへの期待値が高ければおのずと献金する人が増え、集金額も多くなるものだが、そうはなっていない。

バイデンが選挙戦をトップで走り続けられたとしたら、それは私にとっての「大きな驚き」になる。(敬称略)

Media appearance

今日の放送メディア出演予定:

・1月24日(金)9:00amから 文化放送AMラジオ(出演は12:07pm頃から)『くにまるジャパン 極 

番組パーソナリティーの野村邦丸氏が、千代田区にある日本外国特派員協会を訪れて、番組収録を行いました。内容は同協会がどういった場所なのかを音(ラジオ)で伝えるというもので、私は案内役を務めています。「くにまるジャパン探訪(http://www.joqr.co.jp/kiwami/tanbo/)」というコーナーで、24日と31日の2回にわたって放送されます。

©文化放送
左から文化放送の舘谷さん、堀田、
外国特派員協会の岩村さん、文化放送の野村さん