ノルウェー人テロリストの奇怪

ジャーナリストという職業柄、これまで多くの国でさまざまな人とかかわり合いをもってきた。言語や宗教、生活習慣がちがっても、「この人の生き方はまったく理解できない」とため息をついたことはほとんどない。

だが、ノルウェーのテロリスト、アンネシュ・ブライビークについては考え方に溝どころか異星人と思えるほどの隔たりを感じる。

   

                          

3年かけて書いたとされる1518頁のマニフェストをダウンロードして速読してみた。大きく5章に分かれており、ヨーロッパの歴史から今回のテロ事件で使用した爆発物の製造方法までが詳細に記されている(上記の写真は1512頁に掲載されている)。

多民族主義とイスラム教に不信感を抱く人間がいることは十分に理解できるが、そこから無差別テロに走らざるを得ないプロセスが理解できない。何が彼を殺人に走らせたのか。そこにどういう意味を持たせられると思ったのか。

マニフェストの560頁目には、「21世紀は言論の自由が保証された、バランスのとれた機能的な社会システムが採用されるべきであり、法の下で市民は平等が約束されてしかるべきだ」とある。しごく当然と思える内容の記述もあり、全頁にわたって極論が展開されているわけではない。

だが、イスラム教徒に対する差別意識はいたるところにちりばめられている。彼らに怖気を抱いたと考えられるが、そこからテロ襲撃の実践までには大きな飛躍がある。空間がありすぎる。私にはそこがわからない。

「私は専制的な抑圧者に対抗するため私欲を捨てる」

と書く内容と今回の政府ビル爆破と銃乱射は、常人であればけっしてつながらない項目である。

さらにマニフェストの最後の100頁で、硝酸アンモニウム肥料を使った爆弾の製造方法を詳細に記している。1995年のオクラホマ市の連邦ビル爆破事件でティモシー・マクベイが使った爆弾と同じものであるが、あまりに醒めた筆致にはこちらが怖気を感じる。

02年にインドネシアのバリ島で起きた爆破事件も同じ肥料が爆弾材料に使われているだけに、今後、真似されないことを祈るのみである。

ひさしぶりに理解に苦しむ文章と行動に接し、奇怪な感情につつまれている。

Dropping by 東大

久しぶりに東大の本郷キャンパスに出向いた。

    dsc00357.jpg

現代アメリカ政治のセミナーに出席するためだ。若手の学者を中心にした研究発表があり、アメリカの議会政治についての分析を聞いた。

いつもはジャーナリストとして事件から大統領選挙までを俯瞰しているが、虫眼鏡で一点を集中してアメリカを観るようなアカデミズムのアプローチも重要である。

ただ自身は在野の人間、というより外にいないと息ができないタイプであることを再確認しながら帰路についた。

MBAが企業を悪くさせる?!

MBAが増えすぎたことで経営が悪化する―。

経営のプロを養成するビジネススクール。MBAの功罪は長年広く議論されているが、アメリカ財界の一部で今、MBAの存在意義に疑問が投げかけられている。

その理由の1つがアメリカ製造業の競争力低下にある。MBAの資格を持つ経営者が大企業のトップに君臨しはじめたことが起因しているとの仮説がある。ゼネラル・モーターズ(GM)のロバート・ルッツ前副会長の最新刊『クルマ屋VS経理屋:ビジネス魂を求める戦い(仮題)』では、MBA経営者が増えすぎたことがアメリカのモノ作りの力の低下につながったと指摘している。

    dscn0317.JPG

          デトロイトのGM本社ビル

1年ほど前、本コラムの「サンプル」でアメリカ製造業の衰興について記した。同業界はすでに衰退したと思われがちだが、実は生産高は今も上昇し続けている。モノ作りの内側に変化が生じているだけである。

ただ財務諸表を気にする傾向が強いMBA出身の経営者たちは、コスト削減に重きを置くことで製造を軽視しつづけてきた一面があり、それがビッグ3の衰退につながったと説いている。

実はルッツ氏自身、カリフォルニア州立大学バークレー校でMBAを取得しているが、MBAが企業経営の万能な力を持っているわけではなく、すべての業界で秀逸であるというのは幻想に過ぎないと主張している、、、、(続きは堀田佳男公式メールマガジン『これだけは知っておきたいアメリカのビジネス事情』)。

プロに勝ったなでしこジャパン

サッカー女子ワールドカップの結果は個人的には複雑な心境である。というのも、私は人生のほぼ半分をアメリカで過ごしたため、今朝のような日米決戦というのは胸を引き裂かれる思いがある。

アメリカ対ドイツであれば間違いなくアメリカを応援するし、日本がアメリカ以外の国と戦う試合は当然日本をサポートする。だから今朝の試合は困りものだった。

ただ今日の試合に限っては「判官びいき」というものが気持ちを支配していた。試合開始直後は、日本もいいけどアメリカにも勝たせてやりたいという気持ちがあったが、前半からアメリカがボールをコントロールしていたので、「ニッポン!チャチャチャ」である。点を入れられれば、「日本ガンバレ」である。

  

     

                     

なでしこジャパンは最後まで諦めずに本当によく戦った。ワシントン・ポストは澤のことを「32歳の日本のスーパースター」と書き、117分目に試合を同点にして勝利を引き寄せたと讃辞を送った。

大震災という未曾有のできごとから蘇ってきた精神力の強さのようなものを感じもした。試合後、スタジアムを埋めた5万近い観客は日本にスタンディング・オベーションを贈った。それは日本選手の潜在的な自尊の念をすべての人が感じとったからだろう。

アメリカチームのゴールキーパーであるホープ・ソロが語っていた。

「日本選手はいつもより崇高なものを求めてプレーしていたようだ。心の強さと情熱を感じた。それに対抗することは大変なことだった」

心でまずアメリカに勝ったということだ。さらにもう1つ、なでしこジャパンが賞賛に値することがある。それはプロ選手に勝ったということだ。

アメリカチームの21選手中20人までがWPSというアメリカのプロリーグでプレーしている。日本の女子選手のように「仕事をしながら」というのではない。

アメリカには2000年にサッカーの女子プロリーグが誕生している。03年に閉幕したが、09年からWPSという新しいリーグが始まった。平均観客数は1試合4000人にも満たず、相変わらず経営は苦しいが、それでも選手たちはサッカー漬けの生活が約束されている。その選手を負かしたのである。今回は手放しで選手を褒めるべきだろう。

ただ、私の胸の奥には今でもいくぶんか別の複雑な感情が潜んでいるのも確かである。

米大企業がベンチャーキャピタルに戻ってきた理由

「アメリカの景気は今後どうなりますか」

アメリカと直接ビジネスを行っていない方でも、アメリカ経済の行方は知りたいものである。

眺めるべき経済指標はたくさんあるが、一言で表現すれば「足踏みからようやく半歩前に出ただけ」というのが実情である。第1四半期のGDPは1.9%。アメリカ人にとって家計に響くガソリン代は、全米平均で1ガロン3ドル68セントにまで落ちてきた。

だが失業率は6月、再び9.2%に上昇している。市場に十分な資金が流れて企業が積極的に設備投資を行えばいいが、そうした動きによる活況の姿はまだ遠い。

たとえばバブル期であれば、投資家たちは新進企業にベンチャーキャピタル(VC)として多額の資金を割いて、大きなリターンを期待した。VCへの資金運用は、アメリカの景気を見る上で指標の1つである。

VCの大きな目標は新進企業の株式公開(IPO)で、全米ベンチャーキャピタル協会の調査によると、2010年に集まったVC資金は125億ドル(約1兆円)に過ぎなかったという。この額は03年以来の低さで、「VCは枯渇した」と形容できるくらいだ。だがここにきて、大企業がVCに資金を流入しはじめている、、、、(続きは堀田佳男公式メールマガジン『これだけは知っておきたいアメリカのビジネス事情』)。