無性に食べたくなるもの(4)

このところ当ブログは、米大統領選の話か「無性にたべたくなるもの」に集中してきている、、かもしれません。まあ、単純な男なのです。そして、このシリーズだけは「です・ます調」で書いていこうと思っています。

今日ご紹介するのはラーメンです。銀座6丁目にある「支那麺・はしご 」。何年も通っている店で、20席以上もつらなったカウンターだけの店です。いつもここでは「排骨坦々麺(ばいこうだんだんめん)」の中辛を注文します。

無性に食べたくなるもの(3)

無性に食べたくなるもので外せないものは、やはり鮨です。10年以上、ある人が握る鮨を食べつづけています。いまは銀座4丁目に「あらた」という店を構えている新妻賢二氏。

この日も格別の握りを披露してくれました。上がサンマで下がボタンエビです。

無性に食べたくなるもの(2)

先日、「むしょうに食べたくなるもの」としてドトールコーヒーのジャーマンドッグを載せました。今日はどうしてもパンケーキが食べたくなり、デニーズにきました。

メニューをめくっていくと、ありましたありました。キャラメルハニーパンケーキ。大満足の一品でした。

無性に食べたくなるもの(1)

私はかなりの食いしん坊だと思っている。値のはるレストランでの食事から屋台の品々まで何でもいただく。

その中でも時々むしょうに食べたくなるものがある。いくつもあるのでローテーションにして食べ歩く。今日は午前中から「あああ、、食べたい」というものが脳裏に浮かんでいた。「ランチは絶対にこれだ!」と思っていた。

ドトールコーヒーの「ジャーマンドッグ」。レタスドッグではなくジャーマンドッグなのである!

原稿が進まない!

広島のホテルで原稿を書いていたが、うまく進まない。

ふと前を向くと、鏡の中に自分がいた。浮かない顔をしている。老眼鏡がさらに表情を暗くしている。

たまには暗澹たる顔も写真に撮っておこう。

20170201_102229