新型コロナ(7):日本のロックダウン

ここまで新型コロナウイルスが蔓延すると、あさ目が覚めた時に「倦怠感はないか、熱っぽくないか」と自分にいい聞かせるようになった。「だいじょうぶだ」で済ますが、すでにウイルスが体内に入り、症状がでていないだけかもしれないとの思いもある。

アメリカでは4月1日の段階で総感染者数は21万を超えた。ニューヨーク市をはじめ、すべての患者に医療を施せない状況になるのは時間の問題といわれる。

上のグラフは、全米の1日ごとのコロナ感染者数を表したものだ。ほぼ毎日感染者が増えている。過去数日は1日2万人以上の増加である。死亡者も増えており、5100人を超えたところだ。トランプ大統領は20万が亡くなるかもしれないとの数字をだした。

一方、日本の感染者総数はいま3000人台である。だがまったく安心できない。医療専門家はピークはまだ先であると予測しているし、ほとんどの国民も増え続けると周囲の状況から察しているはずだ。日米を数字だけで単純比較するのは危険だが、いまの日本は半月ほど前のアメリカの感染者数のところにいる。上のグラフの3月11日(一番左)を眺めて頂きたい。感染者数は247。日本では昨日(4月1日)の新たな感染者数が266だった。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が都市封鎖(ロックダウン)を宣言したのは3月20日である。アメリカで1日5000人以上の感染者がでてからのことだ。不要不急の外出は禁止され、買い物は1日1回に限定された。外出には許可証が必要になっている。

それからほぼ2週間がたつが、潜伏期間があるせいかロックダウンをしてもアメリカの感染者数は減っていない。日本が同じ道筋をたどるかどうかは誰も正確に見通せないが、日本政府はいま動くべきかもしれない。

欧米諸国のように、外出禁止令や都市封鎖といった法的権限は首相には与えられていないが「外出を控えるように要請します」ではやはりユルイのではないか。感染者が増えて死亡者が増えることと、経済活動が一時的に停滞するという選択では、自ずと答えがでるのではないか。

都市封鎖を行うには立法、行政で準備期間が必要だが、安倍首相は早急に動いて特例的な決断を下すべきだろう。

全米に広がる感染爆発、セントラルパークは病院に:新型コロナ(6)

世界中で新型コロナウイルスの拡大が続いている。特に米国では感染者が増え続けており、すでに中国の感染者数を抜いて世界ワースト1位になった。

医療先進国として研究開発や臨床、さらに疾病予防でも他国をリードしてきたはずだが、いったい何が起きているのか。まず現状を把握しておきたい。

米国内の感染者数は29日夜(米時間)の段階で14万人弱。死者数は約2400人だ。今月22日時点での感染者数が約3万5000人だったので、1週間で約4倍に増えたことになる。

その中でも感染爆発のエピセンター(中心地)となっているのがニューヨークだ。同州全体の感染者数は約5万3000人。摩天楼のあるニューヨーク市だけでも3万人を超えており、28日には1日だけで市内で222人が亡くなっている。(続きは・・・全米に広がる感染爆発、セントラルパークは病院に

from youtube

新型コロナ(5):世界の中の志村けん

新型コロナウイルスで急逝された志村けんさん。日本だけでなく、海外でも訃報はさまざまな国で大きく伝えられた。CNNやABCといったアメリカのテレビから台湾、インド、パキスタン、ブラジルのメディアまで世界中に悲しいニュースが伝わった。

from twitter

特にアメリカの「Variety(ヴァラエティ) 」という雑誌が大きな写真を載せて、大きく報じていた。この雑誌は1905年創刊の芸能誌で、深みのある情報を伝えることで定評がある。

コロナで入院したことから1974年にドリフターズに入り、1人のコメディアンとしての活動が中心になっても人気をたもち続けたと書き、山田洋次監督の「キネマの神様」にも出演予定だったことまで記していた。

もう1度、ひとみ婆さんを観たかったー。

新型コロナ(4):あるコロナ患者のつぶやき

日本時間27日午前、米ロサンゼルス・タイムズ紙に新型コロナウイルスに感染した男性の記事がでていた。ジョーイ・キャンプという実名が出ていて、感染前後の生活の変化や素直な思いが記されていて興味深かった。

ジョーイは南部ジョージア州に住む30歳の調理人で、「ワッフルハウス」というレストラン・チェーンに勤務していた。南部を中心に2100店舗もある企業で、私も滞米中、何度も食べにいったことがある。

ジョーイは離婚を経験していて、2人の子どもがいる。記事中には子どもと一緒に生活しているという記述はなかった。ワッフルハウスの仕事で得られる時給は10ドル65セント(約1160円)。そのほかにバスの運転手もしているが、生活は楽ではない。

2月下旬、咳が出始めた。仕事を休むほどではなかったが、だるさが体にまとわりついていた。咳はより頻繁になり、「肺炎になっているかもしれない」との思いはあったが、すぐに病院にいくというオプションはなかった。というのも、建設労働者の父親のもとで育った彼の幼少時代は経済的に貧窮しており、医師に診てもらう選択は最後の最後だったからだ。

肺炎かもしれないとの思いと同時に「コロナかもしれない」との思いも当然、脳裏にあった。コロナであった場合、人に感染させてしまうかもしれないとの思いもあったが、友人の結婚式に出席することになっていたし、仕事を休むつもりもなかった。本当に立ち上がれないくらい容態が悪化するまでは、、、。

自宅のベッドで耐えに耐えたが寒さで体が震え、歯がガチガチと鳴るようになって初めて救急病棟にいった。診断は肺炎だった。同時にPCR検査も行った。数日後に陽性という結果がでた。

胸板の厚いラグビー選手のような体躯をしていてもコロナにかかるのだ。ジョーイはどのように新型コロナウイルスに感染したのか、まったくわからなかった。職場の同僚や友人を含め、周囲に無症状の感染者がいたかもしれないが、咳をしたり発熱していた人はいなかった。

ジョーイは4日間、病院の隔離病棟に入院した。その間に症状はよくなり、自宅に戻って外出せずに回復を待つオプションもあったが、州都アトランタから80キロほど離れた所にある特別検疫所に入ることにした。そこでは映画を観たりしてのんびり過ごし、人にうつすことがなくなったことが確認されてから退院が許可された。

ワッフルハウスに戻ると、同僚たちはまるでスーパースターが舞い戻ってきたかのように歓迎してくれた。「コロナ・キング」と呼ばれてからかわれもしたが、抱きしめてくれる人もいた。

彼がコロナで入院したというニュースを周辺で知らない人はいなかった。その影響もあってか、レストランの客入りはよくなかった。コロナの影響で外食そのものが減っていることもあったが、店長は長時間彼を働かせなかった。さらに悪いことに、彼の預金は底をついていた。ジョーイは普通預金はもたず、当座預金しかない。残高はマイナス3ドル33セントで、いつホームレスになってもおかしくない状況だった。

銃をもっている友人と顔を合わせた時、ショットガンと短銃が手元にあることを確認しあってさえいる。もちろん命を絶つというオプションが話題にでた。そんな時、ワッフルハウスの店長から電話が入った。「しばらく店を閉める」というのだ。ジョーイを取り巻く状況は悪い方へ悪い方へと流れていた。

ただ同時に、ジョーイはある種の楽観もたずさえていた。世界中がいまコロナウイルスの渦に巻き込まれているが、周囲を見渡すと何の変化もなかった。優しい春風が頬をなで、鳥たちがさえずり、梨の花が咲く光景は昨年の春と何らかわらない。

ウイルスが変異して、またコロナに罹患するかもしれないとの畏怖はあるが、そう簡単に人は死なないと達観するようになった。

「致死率は3.4%と聞いています。けれども生存率が96.6%という見方もできるのです」

ジョーイはいま、一時的に手の消毒液を製造する会社に雇用されている。(敬称略)