日本の感染者数が少ない理由:新型コロナ(34)

新型コロナウイルスが蔓延し始めてから1年以上がたつが、私がずっと「なぜだろう」と思っていたことがある。それは日本の感染者数が欧米諸国にくらべるとずっと少ないことである。

日本以外の国でもほとんどの人は外出時にマスクを着用し、故意に他人に感染させたりする人などほとんどいないにもかかわらず、対アメリカ比で数字を見ると圧倒的に少ない。世界でもっとも感染者の多いアメリカは4月7日時点で、累計で2975万人以上が感染している。日本は累計で49万超なので、日本の人口がアメリカのおよそ3分の1ということを考慮しても、日本の感染者数はかなり少ない。というより、アメリカが多すぎると言うべきかもしれないが、何がこの差を生むのだろうか。

昨年から医学界で論じられているのは、日本人を含めたアジア人の多くが以前アジアで大流行した SARSやMERSのウイルスに晒されて、抗体をもっているというものだ。 SARSやMERSも新型コロナウイルスと同じ仲間の1本鎖RNAウイルスなので、多くの方がすでに新型コロナに効力を持つ抗体をもっているという説である。それが本当であれば、日本人としては嬉しいことだが、感染者数が少ないことに関連した別の話もある。

またアメリカとの比較で恐縮だが、日本のPCR検査数が圧倒的に少ないことである。アメリカのPCR検査数は4月7日の1日だけでも117万59件に達している。日本(4月5日)は4万1770に過ぎない。人口差を考えてもあまりにも少なすぎる。

7日のアメリカの感染者数は 4万1835人、一方の日本は3451人である。陽性率はアメリカが3.5%で日本は8.2%。日本側の数字は厚労省のオープンデータからで、アメリカ側は非営利団体「コロナウイルス・トラッキング・プロジェクト」という団体のものだ。日本政府が予算と機動力を発揮して1日30万件くらいのPCR検査を実施した場合、感染者数はどれほどになるのか。

日本はワクチンの接種数も悲惨なくらい少ないので、菅氏だけでなく地方自治体のトップには、PCR検査もすべての国民が今後複数回受けられるくらいの計らいを願ってやまない。

ワクチンの必要性:新型コロナ(33)

新型コロナウイルスの猛威はいまだにとどまるところを知らない。アメリカではすでに1億回以上のワクチンが接種されたが、いまだに1日5万人以上の新規感染者がでている。日本では3月20日の全国新規感染者数は1517人。アメリカの人口が日本のほぼ3倍と考えてもケタが違う。

コロナに関しては悲嘆にくれるようなニュースが多いが、米ファイザー社と独ビオンテック社が共同開発したワクチンが、ブラジル型の変異株にも有効であることがわかったという明るいニュースもある。

ただいくら日本の感染者数が欧米諸国やブラジルなどと比較して少なくとも、ワクチン接種は大切である。アナフィラキシーを心配されている方もいるだろうが、日本はできる限り早い時期に、あらゆる手を尽くして全国民へのワクチン接種を行うべきである。

日本政府のワクチン・アクセスへの初動が遅れたこともあるが、日本が3月中に確保できるワクチン数は約230万で、少なすぎる。ここまでワクチンを接種した人は人口の1%未満で、イギリス、アメリカなどは30%を超えている。それだけではない。イギリスなどは人口の3.4倍のワクチン総数を確保しており、残りは途上国に無償で提供する準備をしている。

幸いなのは、日本の感染者数と感染率が他国と比較すると低いことだが、それが気の緩みにならないことを祈りたい。

新型コロナの心もよう:新型コロナ(32)

新型コロナウイルスが世界的に蔓延しはじめてからほぼ1年がたつ。多くのかたは目に見えないところでコロナの脅威を感じ、コロナに威圧されることで鬱のモードに入っているのではないかと思う。うつ病という病名がつくまでにいたらなくとも、この社会状況では心を高揚感で満たすことの方が難しいのではないか。

そういう私も例外ではなく、青空と同化してしまうほど清々しい心持ちになる日はこのところほとんどない。友人や知人と会えば、相変わらず笑い声が溢れる会話になるが、一人になれば心の底には空虚感が占拠するような日も多い。

それは私の年代だと男性の更年期と重なっていることも原因で、疲労感や気力の衰えなどをおぼえるようになってきている。病院にはいっていないが、「男性更年期障害」とネットで検索すると、いくつも目を覆いたくなるような症状が並んでいる。

男性の更年期はテストストロン(男性ホルモン)の低下により、前述した疲労感や気力の衰えの他、性欲低下、不眠、肩こり、集中力の低下、イライラ、発汗、関節の痛みといった症状がでる。私は関節の痛みこそないが、それ以外は深刻ではないけれどもすべて当てはまっているようにも思う。

それが歳を重ねるということであり、老いるということなのはわかるが、「チクショー」と叫びたくなるのも事実である。

マスクはもうしない?:新型コロナ(31)

変わり身の早さがアメリカの特徴といえば言えなくもないー。

今月2日、アメリカ南部テキサス州とミシシッピ州の両知事がマスク着用を終わらせて、商業活動の全面再開に入ると発表した。

このニュースを耳にして、「慌てすぎでしょう」という言葉が口からでたが、両知事は本気なのだという。すでに知事令が出ている。アメリカでは日本よりも早くから一般市民へのワクチン接種が始まっているが、医療関係者からはマスクを付けずにコロナ以前の生活様式に戻ることは時期尚早であるとの憂慮が示されている。

両州ではレストランなどの一般店舗の入店制限がなくなるが、今後は変異種が蔓延する可能性が高いことから、ワクチンを打ったとしても警戒しつづけなくてはいけないことは子どもでもわかる。

しかも両州の新規コロナ感染者はゼロに近くなったわけではないのだ。調べると、テキサス州の新規感染者は7240人(3月2日)で、ミシシッピ州(3月1日)は199人だった。特にテキサス州は感染が収束したとは言えず、この時期にマスクをつけず、元の日常生活にもどることは元の暗闇に舞い戻ることに等しいかもしれない。

コロナへの抵抗

過去1年ほど、ほとんどの方がコロナへの警戒心を強めているかと思う。風邪やインフルエンザと同じような症状がでる場合もあれば、ほとんど無症状の場合もあり対応が難しい。

無症状の感染者でも他者に感染させることがあるため、すでに多くの人は自分が感染しているという前提で人に接していたりする。いずれにしても、感染しない・させないために、できる限りのことをしなくてはいけない。

すべての人がPCR検査をしているわけではないので、私も含めて「たぶん今は感染していないだろう」という楽観的な思いを抱きながら日々を過ごしてる方が多いのではないか。願わくば昨夏あたりに感染し、無症状のままですでに完治し、いまは抗体を持っているという状況がありがたいのだが、そうはうまくコトが運ばない。

無症状の感染者であっても、発熱や咳や倦怠感がないだけで、あとから考えるとコロナの特徴的な症状といわれる息切れや筋肉痛、下痢、目の充血などがあったという場合もあり気が抜けない。

皆さま、「コロナは駆逐されました」と伝えられるまで、辛抱強く感染防止に努めてください。