「思秋期」を聴きながら

iwasaki8.26.19

(文化放送:くにまるジャパン極にて)

岩崎宏美といえば「思秋期」である。

スタジオで歌ってくれたわけではないが、私がスタジオに入るまえにこの曲が電波に乗った。10代の頃を思い出さざるをえない。

その歌い手と同じスタジオで話をすることになるなど、40数年前には想像すらできなかった。私と同世代の岩崎は想像していた通りの親しみやすさを携えた人で、笑顔がさわやかで素敵だった。

そんな中、私は日韓の軍事情報協定とトランプのグリーンランドへの興味について話をして帰ってきた。(敬称略)

今日のヒト

文化放送19年5月13日

今朝午前11時すぎから文化放送に出演。スタジオゲストは「男闘呼組」のメンバーだった高橋和也氏。腰の低い、穏やかな方でした。

私はこの写真を撮った1分後にスタジオに入ってトーク。テレビよりも自由に話ができるので、ごきげんな媒体です。