イデアというもの

いま売り出されている「アエラ」6月20日増大号に山下達郎氏(69)の記事がでている。すでに過去の人と思われがちだが、来週11年ぶりにニューアルバムをリリースする。

アエラのインタビューでは「まさか69歳で新譜を出せるなんて夢にも思っていなかった」と素直に喜びをあらわしている。そしてこうも言う。

「僕がやっているようなポピュラーミュージックは大衆に奉仕して、人の気持ちに寄り添うことと、「人間の生への肯定」が使命だと思っています。都市でも、地方でも、日本のどこかで真面目に働いている人のために演奏して歌う。それは昔から変わっていません」 

「人間の生への肯定」といういいフレーズが目をひく。気負いは感じられない。1975年のデビュー以来、ずっとミュージシャンを続けてきて、いまになってまたポロッという感じで新譜がでる。すばらしいことである。同時に、山下氏はこうも述べる。

「僕の音楽制作は自分の理想、僕が『イデア』と呼んでいるものを現実化する作業です。頭の中には最高のメロディーとサウンドがある」

このイデアを自分の手にするためにもがき続けているのだという。この記事に刺激を受けたので、私もこれから自分なりにもがいていこうと考えている。

少し遅れましたが、、、

やっと初詣にいくことができました。東京都千代田区にある神田明神。さすがに1月中旬になると人出は少なく、お参りの列も、お札を買う列もまったく苦になりません。

今年もいろいろなことに果敢に挑戦していきたいと思います。

新年にキックオフ

東京丸の内のシャングリラ・ホテル

新年に合わせて都内のホテルに宿泊。コロナ禍で沈みがちな世の中だが、自分を奮い立たせる意味で、いいホテルに投宿して丑年のキックオフとすることにした。