復活をはたした白頭ワシ

ニュースというのは8割ほどがあまり好ましくない内容であり、悲劇といっていいかもしれません。だからニュース番組を観ていて、しらない間に笑顔になっていたということは少ないはずです。

今日は笑い声こそ出ませんが、心が少しホッコリすることを記したいと思います。アメリカの国鳥でもある白頭ワシが、絶滅の危機を脱したという話です。

from twitter

翼を広げると2メートルにもなる大型の鳥は、米紙幣のデザインから政府の印章にも使われています。その白頭ワシは300年前は全米に50万頭以上いたといわれていますが、乱獲とDDTなどの農薬の使用などにより激減。確認できている限り、1963年には413ツガイまで減り、絶滅が心配されていました。

ただ、そこから絶滅危機種に分類されて保護活動に動きがでます。そして1972年にはDDTの使用が禁止され、少しずつ個体数が増えていきます。その後、絶滅危惧種に分類され、それまで以上に保護活動が活発になります。そして今年3月末時点で、全米48州に約31万6700頭をかぞえるまでになりました。

「やればできる」。そう思わずにはいられません。

「ボク、億万長者になりました!」

海外ニュースをチェックしていると、アメリカ・テネシー州発のボーダーコリーのニュースが目にとまった。

Photo from WTVF

「ルル」という名前のメスのボーダーコリーはいま8歳。昨年末にオーナーのビル・ドリスさん(84)が亡くなってしまった。ドリスさんはずっと独身で、さらに仕事で出張が多かったため、家をあけるときは近所に住むマーサ・バートンさん(88)という女性にルルの世話を頼んでいた。

ドリスさんが亡くなった今、バートンさんがルルの面倒をみるが、ドリスさんは事業で大成功を収めた人だったので、なんとルルに500万ドル(約5億2000万円)の遺産を残したのだ。信託財産という形だが、実質的にはバートンさんがルルのために使えるお金である。

「500万ドルも使えるわけがありません」と地元テレビ局の取材に述べたあと、「まあ、やってみますが」と言って微笑んだ。

トランプは負けるべき

こういったレベルの発言をしている限り、大統領でいる資格はない。トランプは一刻も早く去るべき男である。

どんな発言なのか、少しお話したい。 

先週、米保守派のラジオ・パーソナリティーとして知られるラッシュ・リンボーが、民主党候補ピート・ブダジェッジに対して差別発言を吐いた。

「アメリカはまだゲイが大統領になる国ではない」

ゲイを否定する考え方は21世紀のものではない。誇張になるが、50年くらい前の社会通念という印象である。そのリンボーにトランプは今月、大統領自由勲章を授与したのだ。同勲章は文民に与えられる勲章としては最高位のもので、過去にはヘレン・ケラーやマザー・テレサ、ウォルト・ディズニー、モハメド・アリなどが授賞している。そこにリンボーが名前を連ねたのだ。

そのこと自体、同勲章の名誉を傷つけるものだが、その席でトランプはリンボーに「(ゲイ発言については)謝る必要はない」と諭したのだ。これは同性愛者に対する侮辱であり、愚弄であり、排撃にあたる。こんな男がアメリカの大統領をやっていていいのかと真剣に憂慮する。民主党代表候補が誰になるにせよ、この男をホワイトハウスから駆逐しないといけない。

侮辱されたブダジェッジは数日間沈黙していたが、昨日トランプへの反撃にでた。

「(私のパートナーとの婚姻ですが)ポルノ女優と浮気をしたあとに口止め料を払ったことがないのは確かです」

うまい切り返しだが、トランプにはまったく響いていなさそうだ。11月3日に負かすしかない。

トランプが意識する賞

ノーベル平和賞ー。

昨年からトランプの周囲にいる人間が「ノーベル平和賞にあたいするのでは?」というシグナルをだしている。

私の判断では「ありえない」のだが、トランプ本人はまんざらでもなく、彼の心の奥底を覗くことができたとすると、ブロンドの髪の毛をなびかせながらヘッヘッヘとしたり顏をしている大男が座っているかに見える。

賞についてトランプは「自分から言うことではない」と、彼らしくない謙虚な態度でいるが、本当は「ノーベル賞が獲れたらあとは何もいらない」と思えるほど、強欲になっているようなのだ。

そのために金正恩と握手をし、会談を繰り返しているようにも思える。英首相ボリス・ジョンソンも「北朝鮮問題を解決し、イランの核問題も解決したら、オバマ大統領のノーベル平和賞以上の受賞理由になる」と発言し、トランプの背中を押している。

これまでアメリカ大統領としては4人がノーベル平和賞を受賞している(セオドア・ルーズベルト、ウッドロー・ウィルソン、ジミー・カーター、バラック・オバマ)。その中でもオバマは在任中、しかも大統領就任後1年半での受賞だっただけに、トランプとしては「俺だって」という思いが募っているという。

しかもオバマの時は民主党内からも「エッ、平和賞にあたいすることを達成しましたっけ」というくらい予想外の受賞だっただけに、トランプとしては自分も資格があると考えても不思議ではない。

今年のノーベル平和賞の発表は10月11日。ここまで301の個人・団体が候補になっていることはわかっている。だがトランプが候補にあがっている、、ことはないはず。(敬称略)

タイフーン・ファクサイ

今朝、関東地方から太平洋に抜けていった台風15号。英語ではファクサイ(Faxai)という女性の名前がついていた。ご存知の方も多いと思うが、台風もハリケーンも男性の名前と女性の名前が交互に英語でつけられる。被害をもたらす嵐であっても、人の名前がついていることで、どことなく愛着がわいたりする。

ただ日本列島に近づく前から非常に強い台風で、雨量も多いと言われていたので首都圏を中心に、大きな被害が心配された。だが、大打撃と言えるほどの損害はなかった。何よりである。

私がジャーナリストとして独立して2年目の1992年、フロリダ州をハリケーン・アンドリューという大型ハリケーンが襲った。私はすぐに現地に向かってレンタカーで被災地を取材した。

ハリケーンが通過していったところが帯状の被害を受けていた。ショックだった。というのも、中心部分のかなり広い範囲の帯部分に建っていた家屋が全半壊していたからだ。なぎ倒されたという言葉が適語だった。

風は瞬間最大風速80メートルに達しており、帯部分の家屋は根こそぎやられたという印象だった。全半壊戸数は18万。多くの住民に避難命令がでていたので逃げたが、それでも65人の方が亡くなった。

戦場を取材したことはなかったが、空爆を受けた跡はこうなるのかと思えるほどの惨状に思えた。東京があのレベルの嵐に襲われたらと思うと、いてもたってもいられない。