地震と火山活動

このところ国内で地震が続いている。特に3日午前に起きた富士五湖を震源とする最大震度5弱の地震は、「富士山噴火の前ぶれではないのか」と多くの人が思ったはずだ。

武蔵野学院大の島村特任教授はメディア取材に対し、「富士山の下の深さ15~20キロの地点でマグマの流動によって起きる低周波地震の一種。規模が大きければ富士山の大きな噴火につながるかもしれず、危ない」と答えており、噴火の可能性があると指摘した。

そうしていたら、インドネシアのジャワ島で4日、最高峰スメル山(3676m)が噴火した。大規模な噴煙が上がっていく様子がネット動画で確認でき、恐ろしくなった。溶岩が火口から数百メートルにわたって流れでて住民が避難しているという。すでに死亡者も10人以上でている。

ジャワ島と富士山とでは距離が離れており、直接的な関連性はなさそうだが、本当にまったく関係がないと言い切れるのか。地質学に疎い素人としては、地球の奥深くで何らかの地殻的連動があり、地球規模で動きが活発になっているのではないかと疑ってしまう。

さらに今年9月19日、スペイン領カナリア諸島のラパルマ島で50年ぶりに火山が爆発して、流れ出した溶岩流で約2000棟が破壊された。さらに米ハワイ州のキラウエア火山も9月29日に噴火して、溶岩の流出がみられた。

少し調べると、マグマの動きは気象庁どころか地質学者にも本質的につかめていないらしく、活火山が111もある日本に住むわれわれとしては指を咥えているしかないようである。

Peace of mind(心の平和)

今日(11月10日)午後12時過ぎから日本外国特派員協会で行われた記者会見に現れたダライ・ラマ14世。オンラインによる会見だったので、実際に来日したわけではなかったが、巧みな英語での受け応えは86歳とは思えぬ生気を感じさせた。

そこで強調されたのが「Peace of mind(心の平和)」というフレーズで、会見中、なんども口にしていた。さらに「愛こそが生存の基礎である」と、ダライ・ラマらしい話を展開し、「平穏な心をもつことによって本当の幸せをつかめる」と、ここまで積み上げてきた人生哲学を口にしていた。

稼ぐことにもっと貪欲に

このところ日本人の平均賃金が諸外国と比較して、低水準なままで増えていないことが指摘されている。経済協力開発機構(OECD)の調査(2020年)によると、日本の平均賃金(年収)は424万円(1ドル110円)で、35カ国中22位となっている。

1位は米国で763万円。1990年の数字と比較すると、米国は247万円も増えているのに対して日本は18万円増でしかない。その間に日本は韓国に抜かれている。朝日新聞はこの件で、「日本経済の現在値」という特集を組んですらいる。

日本で賃金が上がらない理由はいくつかある。ひとつは企業が人件費の安い非正規の雇用を増やしてきたことだ。90年代のバブル崩壊時、雇用者の約2割が非正規だったがいまでは4割近い。さらにバブル時、多くの企業が大量解雇や大幅な賃下げをおこなって批判された。その時の否定的な過去があるため、次の不況に備えて日本企業は業績がいい時期であっても賃金を低く抑えるようになったというのだ。

さらに労働組合は雇用維持を優先するあまり、賃上げを強く要求しなくなった。そして日本人は雇用者に対して、他国と比べると賃上げを要求しないという。また日本企業は「稼ぐ力」を向上させる企業戦略に失敗しているとの見方もある。

コロナが収束しつつあるなかで、日本は国全体としてかつてのように稼ぐことにもう少し貪欲になっていい。

ここは飛行機の中です(2)

昨日のブログで、アフガニスタンから飛び立った米軍のC-17に640人の市民が搭乗した写真をアップした。17日午前11時のことである。

今日(18日)の朝日新聞の夕刊を見て驚いた。なんと同じ写真が夕刊一面の左側に大きく使われていたからだ。思わず呟いてしまった。

「朝日さん、遅いよ!」

私がブログに載せた時点で、すでに欧米メディアの中には同写真を掲載しているところもあった。日本の新聞の購読者数が減っているのはこういったところにも理由があるのかもしれない。

ここは飛行機の中です

Courtesy of Defense One

タリバンが制圧したアフガニスタンのカブールから抜け出すため、市民たちは米軍の長距離輸送機(C-17)に乗り込んだ。その数640人。シートベルトもない状態で、無事にカタールに到着したという。

一般市民がいかにタリバンを毛嫌いしているかがわかる写真だ。