アウシュビッツ

praha34

前回のブログでポーランドのクラクフという町に向かうと書いた。クラクフから車で1時間ほど西にいった所に、あのアウシュビッツ強制収容所がある。人間の負の遺産として、今後もずっと残していかなくてはいけない場所である。

1940年、ナチスはポーランド人の政治犯を収容するためにアウシュビッツを造るが、41年からユダヤ人をはじめロシア人捕虜、ジプシー、障害者、同性愛者などを強制連行した。するとアウシュビッツだけでは収容しきれなくなり、ビルケナウ(第2強制収容所)を2キロ離れたところに造る。

第2次世界大戦が終了するまでに110万人が殺害された(病死等も含む)と言われている。ガス室はアウシュビッツに1カ所、ビルケナウに4カ所あり、列車から降りた人たちの多くはそのままガス室に送り込まれた。

ガイドをしてくれたポーランド人女性は見識も知識もすばらしく、ツアーが終わってからヒトラーの選民思想について訊いた。

ユダヤ人迫害の思想はもちろんヒトラーが起源ではない。ナチスドイツが生まれる前からのもので、ヒトラーは人種差別思想だけでなく、成功していたユダヤ人の資本家たちを排斥する意味でも、また共産党を破って独裁体制を敷くためにもドイツ人の意識を刺激する必要があったという。

「国民を洗脳するために大々的な喧伝活動をやったのです」。ガイドの女性は「いくつもの複合的な理由が合わさっています」と言った。

その一端を担ったのがメディアだったことも事実だ。あらためてメディアの役割、功罪について深く考えさせられたアウシュビッツ行だった。

世界の車窓からー国境越え

praha21

チェコの首都プラハから列車に乗ってポーランドのクラクフという都市に移動。535キロなのでほぼ東京ー大阪間の距離ですが、7時間かかりました。

山手線と同じくらいのスピードで進みます。それだけにゆっくりと景色を脳裏に焼きつけながらの旅でした。

旅ですること

旅の流儀と呼べるほどのことではないが、外国にでた時に3つのことをするようにしている。以前にもこのブログで書いたかと思う。

ひとつがタクシーに乗って運転手と話をすること。もう一つがマーケット(市場)へいくこと。最後が富裕層と低所得層の住宅街を訪れること、である。

9月2日のブログで東欧に来ていると書いた通り、いまも旅の途上である。プラハの空港からホテルまでタクシーに乗った。

ドライバーの英語があまりにもうまいので「英語はどこで学ばれたんですか」と訊くと、「自分でテレビや映画を観て勉強している」と言う。語彙力も話すスピードも、ほとんど英米人と変わらないくらいのレベルである。

彼だけが特別なのだろうと思っていたら、チェコにきて3日間、1人を除いて会う人はみな英語をかなりのレベルで話していたのには嫉妬を通りこして脱力感を味わうほどである。チェコ語がアルファベットを基礎にしていることもあるが、恐れ入りましたと脱帽するしかない。

しかもドライバーは私の多くの質問にかなり的確に、そして丁寧に答えてくれた。ここからは英語力というよりドライバーの教養や性格によるところが大きいが、「ホテルまではどれくらいかかりますか」という質問に、彼は「24分から27分です」と言ったのだ。

「30分はかからないくらいです」ではないのだ。そんなに具体的な数字をだして大丈夫なのかと思ったが、ホテルまでの所要時間は26分。着いてから驚いて訊くと、「今日は渋滞がないことを知っていましたから」と涼しい顔である。

30分の会話のなかでもっとも印象に残っている彼の発言は、「いまのEUでは、ドイツが実際の戦争をせずに勝ち続けています」の一文だった。

「経済的に圧倒されているということ?」

「そうです。ヨーロッパはドイツにやられています」

チェコの隣国がドイツである。彼の言葉を信じれば、ドイツ人の平均月収はチェコ人の2倍以上。車を含めて多くの製品の性能や機能はドイツ製が勝る。それがドイツという強国を隣国にもつ国民の悲哀であり嘆きに聞こえた。

プラハの町は中世にタイムスリップしたようで、観光者をメルヘンの世界に誘う魔力があるが、そこで暮らす市民の心にはヨーロッパ諸国が直面している現実の厳しさがのしかかっていることを知った。

praha12

プラハ城から望んだ市内中心部

DSC01959

プラハ中心部から南東に7キロほどいった一般的なマンション