2020年米大統領選(31):追い込まれたバーニー

メディアはいま新型コロナウイルスの話題に「感染」させられてしまっているので、それ以外のテーマは隅のほうに追いやられている。だからアメリカ大統領選がどういう状況なのか、大きな話題にならない。

共和党ではいま、現職ドナルド・トランプが無風のなかで予備選を勝ち進んでいる。ニュースにすべきだが、誰も報道しない。共和党の予備選もしっかり行われているのだ。

民主党の方は当初、15人ほどが主要候補として注目されていたが、現在は2人になった。実は連邦選挙管理委員会に出馬登録を済ませた候補は、今年3月16日の段階で1071人にのぼる。ほとんどは「人生の記念」として出馬しただけだが、「今年は15人の候補が出馬して・・・」というメディアの表現は正確ではない。

残ったのは前副大統領ジョー・バイデンと上院議員バーニー・サンダーズである。

はっきり述べると、今後バーニーが民主党の代表候補になれるチャンスはもうほとんどない。2月3日から始まった予備選だが、3月20日の段階ですでに決まってしまった。予備選は6月まで続くが、バーニーがバイデンを負かすためには今後の予備選で、63%以上の代議員を獲得する必要がある。これはほとんど無理な話なのである。

11月3日はトランプVSバイデンという戦いになるが、今回も2016年選挙のように接戦になるためどちらが勝つのか、現段階では読めない。5州か6州が重要州になるが、郡ごとの勝敗予想まで追っていっても票は読めない。

現段階で「トランプが勝つと思う」と言う方は、単に所感を口にしているに過ぎない。(敬称略)

2020年米大統領選(30):消極的選択

米時間3日に行われたスーパーチューズデーで、14州のうち10州でジョー・バイデンが勝利を確実にした(日本時間5日午前)。バイデンの躍進は予想外だった。アメリカのメディアや政治評論家もバイデンの盛り返しは読めなかったとして「Resurrection(復活)」という言葉を使っている。私も読めなかった。

予備選最初の2州であるアイオワとニューハンプシャーでは4位と5位という順位で、得票率もそれぞれ15.6 %、8.4%と振るわなかった。ニューハンプシャーに取材に行って米人記者たちと話をした時、「バイデンはもう終わる」という話がでていた。

というのも、すべての有力候補は昨年から2州で多大な時間と資金を費やし、同じように選挙運動を展開してきた中での4位と5位だったからだ。それがバイデンの今の力であると誰もが判断した。たぶん本人もそう考えていただろう。

ただ2月29日のサウスカロライナでは善戦できると思われていた。黒人票を期待できたからだ。予想通り1位になったが、スーパーチューズデーの諸州でここまで勝てるとは予想していなかった。

そこには理由がある。バイデンが10州でトップにきたのは「消極的理由」からだと私は考えている。有権者は積極的にバイデンを選んでいないのだ。スーパーチューズデーを前にしてピート・ブダジェッジとエイミー・クロブシャーが選挙戦から退いたため、2人に投票しようとしていた穏健派は「あとはバイデンしかいなかったから」という理由で票を入れたというのが真相だろう。

ブダジェッジ、クロブシャーを推していた有権者が左派のサンダーズに乗り換えることは考えにくい。消去法が使われて、最終的にバイデンが残ったという図式である。まあ理由はどうであれ、勝ちは勝ちに違いないが、後ろ向きの理由で勝ち進んだ候補という印象はぬぐえない。今後はサンダーズとの一騎打ちになる。(敬称略)

ピート撤退

3月2日朝、ピート・ブダジェッジが米大統領選から撤退するというニュースが飛び込んできた。2月にニューハンプシャー州予備選を取材した時に、彼からは頭脳明晰さとほとばしるエネルギーを感じ、かつて取材でビル・クリントンやバラック・オバマと相対した時に胸に去来した同じ思いが蘇ってきていた。

だがピートは今月3日のスーパー・チューズデーまでもたなかった。

理由は2つのモノを集められなかったことにつきる。1つは選挙資金だ。アイオワとニューハンプシャー以後、選挙資金が思うように集まらなかった。

ピートは今年2月21日までに約8150万ドル(約87億円)を集金し、すでに9割ほどを使っていた。アイオワとニューハンプシャー両州で上位にきたわりには以後のカネの集まり方が悪かった。彼の選対にはもはや14州で行われるスーパーチューズデーを戦う資金がないことは誰の目に明らかである。

2つ目に集まらなかったのは黒人とヒスパニックといった非白人票だった。サウスカロライナでは黒人票の約3%を奪っただけである。これでは全米で戦えない。ピートは最初からよくわかっていたはずだが、どこかで反転させられると期待していたのだろう。

聡明で上品な候補であったことは誰もが認めた。同性愛の候補としての可能性は、以前にも書いたが今の時代ではむしろプラスに働くと思っていたが、予想外に苦戦した。

ニューハンプシャー州で。(筆者)

個人的にもっとも推していた候補が撤退したことで、今晩は少し強めの酒をあおりたいと思う。(敬称略)

2020年米大統領選(29):勢いに乗るサンダーズ

1月31日に米大統領選:トランプも驚くサンダース躍進という原稿を載せた。ほぼ1カ月たって、サンダーズは予想どおりの強さを示している。

今年の選挙では最年長(78歳)の候補であり、過去の大統領選をながめても、この歳で予備選を勝ちすすでいる人はいなかった。

ニューハンプシャー州で見たサンダーズは、からだから溢れる活力と言葉の張りという点で、私が90年代半ばにインタビューした時と大きな違いはないようい感じた。それほど周囲を自分のオーラで包み込める力を持っている。

ニューハンプシャー州ロチェスター氏の集会で(筆者)

ただバーニー旋風がこのまま予備選最後まで続き、トランプと相対したときに無党派層の票を取り込めるかどうかは未だにわからない。無党派層からの得票という点では、ピート・ブダジェッジに分があると思っているが、ピートはヒスパニックと黒人から多くの得票を期待できず、いまはバーニーに水をあけられている。(敬称略)

2020年米大統領選(28):現地リポ:激変した戦法

米東部ニューハンプシャー州で大統領選を取材した。

大統領選取材は今年で8回目になるが、最も先が見ない選挙と言って差し支えない。それほど混迷している。理由が3つある。

1つは米有権者がいま右派と左派でほぼ同率に分断していること。

2つ目は、過去の大統領選では選挙資金額と得票数に強い相関関係があったが、この見方が通用しなくなってきたこと。

3つ目が「サイコグラフィック(心理学的属性)マーケティング」などの新しい手法が選挙活動に応用され始め、有権者の投票行動が読みづらくなっていることだ。

以上の3点を詳述する前に、現地での様子を少し記したい(続きは・・・米大統領選現地リポ:激変した戦法)。