期日前投票:2020年大統領選(43)

11月3日の投票日が迫ってきている。州によっては期日前投票が始まっているところもあり、トランプ対バイデンの決戦はすでに開始されているといえる。

私は「イチオウ」大統領選をライフワークと言っているので、複数のメディアから出演依頼やコメントを求められているが、今年ばかりは混迷の度合いが深いので、これまでのように簡単に勝者予想を口にできない。

4年前、予想を外して坊主になったので、多くの人は冗談半分で「今年も外したら坊主になってください」と言うが、芸人であれば得点になるかもしれないが、ジャーナリストとしてはマイナス面の方が大きいので2度目の約束はしない。

2007年に帰国するまで住んでいたバージニア州では、投票日の45日前から期日前投票が始まっている。前回の2016年選挙よりもはるかに多くの有権者がすでに投票所に足を運んでいるのと同時に、郵便投票をする有権者も多い。これはコロナの影響からで、11月3日に密集した投票所に行くよりは、期日前のすいた日時を選んだ方が感染リスクが低くなるとの判断だ。

バージニア州の投票用紙(サンプル)
左下にトランプ、バイデンの名前が見える。またほとんど報道されていないリバタリアン党の候補ジョー・ジェンセンの名前もある。

バージニア州はかつて、南部州として共和党が奪っていたが、同州北部はいまや民主党支持者が多く住む地域となっており、トランプが今年同州で勝つことは難しい状況だ。バージニア州のスーザン・スウェッカー民主党委員長は書面でこう述べている。

「すでに何万という単位の人たちが期日前投票にきてくれていて、記録的な数字です。その勢いの中心になっているのが民主党支持者なのです。有権者はトランプに辟易していますし、政権のコロナ対策は失敗していると考えています」

トランプは自分が不利なものに難くせをつけることがあるので、郵便投票を「詐欺」と発言。11月3日にトランプ敗北の結果がでたとしても素直には認めず、駄々をこねくり回してすぐに負けを認めないかもしれない。(敬称略)

選挙での重要人物(3):2020年大統領選(42)

9月11日に選挙での重要人物(2):2020年大統領選(41)を書いたあと、少し時間が空いてしまった。今日は民主党ジョー・バイデン候補の選挙対策本部長について記したいと思う。

トランプの選対本部長のビル・スティーピエンと、ジョー・バイデンの選対本部長であるジェニファー・オマリー・ディロンの共通点は2人とも40代前半であること、選対本部長に抜擢されたのが今年になってからという点、さらに大学を卒業以来ずっと政治の世界に身を置いているということだ。

マサチューセッツ州に生まれたディロンはタフツ大学を卒業後すぐに政治の世界に飛び込んでいる。政治の世界といっても、自身が政治家になるために活動するのではなく、あくまで裏方に徹している。少なくとも現時点で、ディロンもスティーピエンも政治家になろうとの意思は見えない。

ディロンは過去20年ほど、さまざまな選挙にかかわってきた。2000年のアルバード・ゴア氏の大統領選、04年と08年にはジョン・エドワーズの大統領選など、全米トップの政治家のもとで選対副部長などの要職についてきた。だがディロンがサポートした候補の多くが選挙で負けている。この点が気にならなくもない。

from twitter

08年、エドワーズが予備選で敗退したあと、ディロンはバラック・オバマの選対に加わり、勝利に貢献している。ディロンが選対本部長に採用された今春、各種世論調査の支持率ではすでにバイデンの方がトランプより上だったが、バイデン自身、組織力と集金力でトランプ選対に水をあけられていると感じていたと言われる。

そこでバイデンはデータを重んじ、「新しい組織のモデル」を目指すディロンを選対に引き入れたのだ。それが吉とでるか凶とでるかは1カ月半後にはわかる。(敬称略)

選挙での重要人物(2):2020年大統領選(41)

今日は9月8日に書いたブログの続きである(選挙での重要人物:2020年大統領選(40))。

トランプ陣営の選対本部長であるビル・スティーピエンとバイデン陣営の ジェニファー・オマリー・ディロン について記したい。 2人とも40代前半で、「候補を勝たせる」という仕事をする上ではあぶらが乗った年齢かと思う。

スティーピエンはニュージャージー州出身で、ラトガーズ大学に在学中(19歳)から地元政治家の選挙活動に携わった根っからの「政治屋」である。大学卒業後も政治家の選挙や広報の仕事をつづけ、2004年のブッシュ再選時、ニューハンプシャー州で政治部長を務めている。学生時代からずっと共和党支持者である。

photo from twitter

2009年にはニュージャージー州知事になったクリス・クリスティーの選対本部長として「勝たせ方」に磨きをかけた。クリスティーは14年、36歳のスティーピエンを同州共和党委員長に抜擢する。その時のコメントが残っている。

「スティーピエンほど共和党のことをわかっている人物はいない。共和党をどう伸ばすべきか、有権者とどうかかわるべきか、そしてどうやれば勝てるかを、たぶん全米で最もよく理解している人物だ」

彼の噂がトランプの耳に入るのは時間の問題だった。トランプが大統領になった2016年、スティーピエンは選対本部長ではないがトランプの選対に加わって当選の一躍を担った。そしてホワイトハウスで仕事をしたあと、2020年7月から選対本部長に抜擢されたのだ。

トランプをいかに勝たせるのか。彼の意気込みがでているコメントがある。

「選挙まであと109日です。ゴールははっきりしています。投票日まで、毎日勝つことが大事なのです。ジョー・バイデンよりも、より多くの日で勝てばトランプ大統領は再選します」

数字を重視するスティーピエンの腕の見せ所である。次回はバイデンの選対本部長についてを記す予定。(敬称略)

選挙での重要人物:2020年大統領選(40)

大統領選の投票日まで2カ月を切り、トランプ・バイデン両陣営は最終コーナーにむけて追い込みに入っている。今日は少しばかりマニアックな話を書こうと思う。

大統領選の表舞台にはほとんど出てこない重要人物についてだ。トランプ側はビル・スティーピエンという男性で、バイデン側はジェニファー・オマリー・ディロンという女性だ。スティーピエンは42歳でディロンは43歳。両候補が70代なので 30歳以上も若い。

2人は選挙対策本部のトップ、つまり選対本部長をつとめている。この2人がトランプとバイデンの選挙を統括しているのだ。選対本部長の動きを注視していれば、選挙の大枠が見えてくることに気づいたのは私が大統領選の取材をはじめた1992年のことである。

ビル・クリントンがパパブッシュに挑んだ1992年、クリントン陣営にはジェームズ・カービルという頭脳明晰で行動力のある選対本部長がいた。彼がいなければクリントンの当選はなかったと思うが、候補を自分のイメージどおりに動かして票を獲りにいく姿は目をみはった。

次に私が印象に残っているのは、オバマが2012年に再選を果たした時のジム・メッシーナという選対本部長である。華やかなタイプではないが、オバマは全幅の信頼を寄せていて、私は取材をしていく過程で「メッシーナがいる限りオバマは負けないだろうなあ」と思うようになった。

再選を果たした直後、選対本部でメッシーナと抱き合うオバマ。
Photo from the White House

それでは今年はどうなのか。この続きは別の日に記したいと思う。

混沌の極み:2020年大統領選(39)

米時間2日、ドナルド・トランプ大統領はノースカロライナ州に赴き、有権者にむけて「投票を2度行うように」という驚きの発言をした。

コロナ対策として、今年は投票所に行く代わりに郵便投票で済ますことが多地域で推奨されているが、トランプ氏は「郵便投票が実際に集計されたかどうかを確認するために投票所に行ってください」と言ったあと、「もう一度、実際に投票するべきです」発言したのだ。

ノースカロライナ州は今年、約60万人が郵便投票をする予定で、トランプ氏は多くの票が不正に集計されるとしており、自分に不利にならないように故意に「二重投票」を促していると米メディアは報じている。

これを受けて、クリントン夫妻はラジオ番組に出演。バイデン氏に次のようにアドバイスをしている。「仮に11月3日に負けたとしても、すぐに敗北を認めるべきではない」というのだ。つまり今年の選挙では共和・民主両党が不正をする可能性があると同時に、警戒しているということだ。

さらにビル・クリントン氏は「トランプ陣営はあらゆることをして勝とうとするはずなので徹底的に戦い抜け」と話している。今年の選挙は紛糾しそうである。