カニエ・ウェストはどこまで本気か:2020年米大統領選(35)

世界一のラッパーといわれるカニエ・ウェスト氏(43・Kanye West)が米独立記念日の4日、ツイッターで大統領選への出馬を表明した。

文面を読む限り真剣に出馬を考えているように見うけられるし、ドナルド・トランプ大統領に「あと4年任せるわけにはいかない」とのメッセージが内包されているようにも思える。

実は、ウェスト氏は突発的に大統領選への出馬を表明したわけではない。というのも2015年、公共の場で2020年大統領選にでたいと述べたことがあり、何も驚くべきことではない。35歳以上のアメリカ人であれば、誰にでも出馬する権利はある。

from Pinterest

ましてやトランプ人気が下落し、対抗馬のジョー・バイデン候補の全米レベルの支持も圧倒的と言えるまでにはいたっていない。いわば「つまらない選挙」の年なので、若者から圧倒的な支持を集められそうなウェスト氏が加われば、選挙への関心が高まるし、多くの票が集まることが予想される。

すでに民主・共和両党の予備選はほとんど終わっているため、両党からの出馬はない。あとは独立候補としての道を歩むことになる。ウェスト氏が本気ならば、各州で署名活動を行って投票用紙に名前を載せなくてはいけない。氏の総資産は13億ドル(約1400億円)と言われており、献金活動をしなくとも11月まで戦うだけの資金はある。

政治家としての経験がないので、有能な参謀を集めて高質な政策を打ち出さなくてはいけない。政治的リーダーシップも問われるし、本人の本気度がすぐに問われるだろう。今回のニュースが単なる話題づくりだけで終わらないことを祈りたい。

2020年米大統領選(34):すっかり影に隠れた大統領選

コロナ騒ぎと黒人差別問題でアメリカ大統領選の話題が忘れられている。

本来であれば予備選は6月初旬にすべて終わるはずだったが、コロナの影響で延期された州があり、いまだに続いている。だが日本にはニュースとしてなかなか届かない。

それでも現職トランプ対民主党バイデンの戦いになることは間違いなく、11月3日の戦いが待ち遠しい。6月5日の当欄にも記したが、いま現実的にアメリカに行ける状態ではないので、今年は日本から見守るしかないだろう。

from Pinterest

「行けるには行けるんですが、、」

どこに行けるのかー。

アメリカである。今年は大統領選があるので、私は2月に取材でニューハンプシャー州に行き、8月にも党大会を取材するつもりでいた。だがコロナ騒ぎで行くことができない、と思っていた。

だが今日、旅行会社に電話をして確かめると、「行けるには行けるんですが、、」という返事をもらった。

どういうことかというと、飛行機は飛んでいるので、成田か羽田を発ってアメリカの空港に降り立つことはできるのだが、問題はそこからである。

「2週間、隔離されますので、お仕事かご旅行で行かれてもホテルからしばらく出られません」

さらに予定どおりに日本に戻れたとしても、また2週間、どこかで缶詰にならざるを得ない。まるまる1カ月はホテル住まいをしなくてはいけないということだ。

フリーランスの立場であっても、さすがにそこまでの時間的猶予はない。隔離が解けない限り、現実的には海外にはいけないということになる。

日本では東京の新規感染者が4日、28人だったことで「まだ安心できない」との思いを抱いかれた方もいただろう。だがアメリカでは4日の新規感染者は2万1140人である。いまだに、、である。

当欄でグラフを添付してアメリカの感染者数をご紹介してきたが、大幅に減る様子はない。累計の感染者は187万人超で、死亡者は10万8000人を超えた。いまでも毎日1000人以上の方が亡くなっている。

大統領選がメディアの関心から遠のくのも無理からぬことである。

2020年米大統領選(33):ヒラリーがバイデン支持を表明

日本時間29日、ヒラリー・クリントンが民主党の代表候補に内定しているジョー・バイデンを支持すると表明。これで民主党はバイデンを擁護・支援するための体制が固まったことになる。

予備選はまだ終わっていないし、夏の民主党大会もコロナの影響で7月から8月に延期されたが、バイデンは着々と基盤づくりを進めている。

まず予備選のライバルだったブルームバーグがバイデン支持にまわり、宿敵サンダーズもバイデンを協力することになり、オバマとペロシも続いた。そして今ヒラリーがバイデンの後ろ盾になることを決め、4月の段階で民主党は一枚岩になったといえる。

それに危機感を覚えたトランプがすぐに関係者にメールを送った。それが今朝、私のところにもきていた。

トランプ本人が「ブレイキング・ニュース(速報)」として、「CROOKED HILLARY ENDORSES SLEEPY JOE(嘘つきヒラリーが覇気のないバイデンを支持)」と題して配信したのだ。

すでに2人の戦いは始まっている。(敬称略)

2020年米大統領選(32):サンダーズの決意と慟哭

民主党候補のバーニー・サンダーズが米時間8日午前、選挙戦から撤退すると発表した。選挙スタッフたちとの電話会議で撤退の意向を告げている。さぞや悔しかったことだろう。

前回の同ブログ(2020年米大統領選(31):追い込まれたバーニー)で記したとおり、3月20日の時点でバーニーが勝てないことはわかっていた。そこにコロナ騒ぎが加わり、多くの州で予備選が延期され、バーニーも政治集会を開けない状況になって戦意を失うことになったのではないか。バーニーは同じ電話会議でスタッフたちに、「勝利への道は実質上なくなった」と話した。

ただバーニーは予備選の最後まで投票用紙に名前を残すことにしている。それはジョー・バイデンが党の代表になっても、党大会で採択される綱領に環境問題や公立大学の無償化など、バーニーらしい革新的政策を盛り込むために影響力を発揮したいからであるとしている。

前回選挙(2016年)でヒラリー・クリントンに党代表の座を奪われてから4年。ポヨポヨした白髪を揺らせながら、真剣なまなざしで有権者に語りかける姿を実際の現場で何度となくみてきた。78歳という年齢を考えると4年後の出馬は考えにくいので、個人的には残念である。

今年は同じ革新派のエリザベス・ウォーレンがいなければバーニーが党代表になっていた可能性があるし、4年前はヒラリーにかなり善戦した。下の地図をご覧いただきたい。

茶色の州が、ヒラリーが予備選で勝ったところで、緑色はバーニーが勝利を収めた州である。東北地域を含めた北部をバーニーが、カリフォルニアを含めた南部諸州をヒラリーが獲るという結果になった。

2016年は6月までもつれ込んだが、今回は4月初旬にバーニーが白旗をあげたことで予備選は実質的に終わってしまった。次に大統領選の話題で盛り上がるのは夏の党大会ということになる。