堀田佳男 Profile
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
バックナンバー
2019年5月 (15)
2019年4月 (15)
2019年3月 (17)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: お知らせ ― 2019年5月25日
Media appearances

今後の放送メディア出演予定:

 

・5月27日(月)10:25amから テレビ朝日『ワイド!スクランブル

・5月28日(火)1:55pmから  TBS/CBC『ゴゴスマ~GOGO!SMILE!

 

トランプ大統領が来日し、天皇皇后両陛下との会見があることで情報番組に出演します。

実は、私がもっとも呼ばれてきたテレ朝の「ワイドスクランブル」の前回出演が3月8日で、もう2カ月以上も呼ばれていませんでした。「嫌われてしまった」と思っていましたが、また声がかかりました。

放送メディアだけは自分から手を挙げても出られる媒体ではないので、エッジを効かせていかないといけないと思うことしきりです。

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2019年5月23日
新人の顔

2019.5.23

自宅に来てから3週間(http://ur0.work/QHjf)。ようやく慣れてきた秘書・・・。

カテゴリー: 国際事情 ― 2019年5月20日
トランプの本性

トランプがまた毒づいた。米時間5月20日、イランに対して強烈なカウンターパンチを食らわせた。ツイッターでこう呟いている。

「イランが(米国との)戦いを望むなら、その時はイランが本当に終わる時だ。だから決して米国を威嚇するなよ!」

民主国家の大統領が使うべき表現ではない。

他の大統領であっても、同じようなことを考える人はいるだろうが、言葉を選ばないといけない。アメリカが本気になって米軍を総動員させたらイランが敵わないことは子どもでもわかる。だからこそアメリカは配慮ある言動をしなくてはいけない。

高圧的なツイッター外交は止めないと恥ずかしい!

カテゴリー: Thought for the day
ある思い出

高校2年の夏、私はキャンプに憧れて一人でテントと寝袋を背負って八ヶ岳の麓にキャンプをしに行ったことがある。はんごうでご飯を炊き、ボンカレーの食事が連日続いたが、憧れのキャンプ生活はすべてが新しくて楽しかった。

キャンプ生活ができれば満足だったが、キャンプ場のそばを多くの登山者が通過していく。上をみると、八ヶ岳連峰のいくつもの山頂が見えた。その時に初めて登山というものを意識した。

ガイド本を見ると、単独行の高校生でも天狗岳(2646m)という山は登れそうだった。そしてキャンプ場から軽装のまま、天狗岳の山頂に立った。いま思うと少し無謀だったが、天気が良かったのが幸いした。新たな快感だった。

東京に戻ってバイト先の女性に山の話をすると、「あなたは新田次郎を読むべきよ」と言った。多くの山岳小説を残した小説家に私は没頭し、それ以後ほぼすべての新田次郎作品を読むことになる。初めて体験する愉悦だった。

なぜ当時の思い出を書いたかといえば、普段の生活のなかで「キャンプ」「八ヶ岳」「新田次郎」のどれかの言葉と出会うと、すべてが折りたたみ式紙芝居のようにつながって表出するからである。

そしてもう一つ、新田次郎を薦めてくれた歳上の女性の顔も思いだされる。少しばかり大げさに書くと、地平線まで続くお花畑の花をすべて凝縮させたかのような華やかさを持った人で、ずいぶん歳は上だったがほのかに憧れていた。

いまどうしているかは知らないが、アドバイスにはいまでも感謝している。

カテゴリー: アメリカ大統領選 ― 2019年5月17日
2020年米統領選(12 ):

来年の大統領選の投開票日まで1年半ほどの月日があるが、アメリカでは毎日のように選挙報道があるし、新しい候補が出馬してきている。

4月8日の時点で出馬登録をすませた大統領候補数は670人だったが、5月13日現在716人まで増えた。ほとんどの候補はメディアから関心を注がれないし、勝てるチャンスはない。メディアが「主要候補」として名前を挙げるのは20名前後であるが、私は12名に絞っている。

その中の一人、ニューヨーク市長のビル・デブラシオ(58)が5月16日、出馬表明した。

deblasio5.17.19

Photo from Twitter

ニューヨーク生まれニューヨーク育ちで、大学もニューヨーク大学(学位)、コロンビア大学(修士)とずっとニューヨークである。2000年、ヒラリー・クリントンが上院議員選挙にでた時に選挙対策本部長を務めた人物だ。

その頃からデブラシオはニューヨークの政治に関与するようになり、2014年1月から同市市長についている。大統領選への野望は以前から取り沙汰されていたが、4月のキニピアック大学世論調査ではニューヨーク市民の76%は「出馬反対」の意向を示している。

だが本人はもちろん真剣で、労働者第一主義を掲げ、トランプ政権に対しては「非人道的で間違った政策をいますぐ止めるべき」と強気の態度でいる。

すでにバイデン、サンダーズ、ウォーレン、ブディジャージといった有力候補が先頭集団にいるだけに、どこまで勝ち残っていけるのかが見ものだ。

出馬した日時順:

フリアン・カストロ(44:前テキサス州サンアントニオ市長)1月12日表明

カースティン・ジリブランド(52:ニューヨーク州上院議員)1月15日表明

カマラ・ハリス(54:カリフォルニア州上院議員)1月21日表明

ピート・ブディジャージ(37:インディアナ州サウスベンド市長)1月23日表明

・コーリー・ブッカー(49:ニュージャージー州上院議員)2月1日表明

エリザベス・ウォーレン(69:マサチューセッツ州上院議員)2月9日表明

エイミー・クロブチャー(58:ミネソタ州上院議員)2月10日表明

バーニー・サンダーズ(77:バーモント州上院議員)2月19日表明

ジェイ・インズリー(68:ワシントン州知事)3月2日表明

ベト・オルーク(46:前テキサス州下院議員)3月14日表明

ジョー・バイデン(76:前副大統領)4月24日表明

ビル・デブラシオ(58:ニューヨーク市長)5月16日表明