堀田佳男 Profile
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリ
バックナンバー
2018年6月 (12)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2018年6月18日
現実味を帯びてきた米カリフォルニア州3分割

カリフォルニア州がまた揺れている。

「また」と書いたのは昨年、同州が1つの国として独立する気運が高まり、今年になってからは同州を3分割する動きが出ているからである。

昨年の独立運動のきっかけは、ドナルド・トランプ政権の誕生だった。

リベラル派の市民が多い同州では、トランプ氏の保護主義的な貿易政策から環境政策、移民政策に至るまで、反対意見が目立っていた。

納得しがたい連邦政府に税金を納めるくらいならば、独立してリベラルな国家を樹立させようとの思いが独立運動につながったが、簡単には成就しない。だが今でも運動は継続されている。(続きは・・・現実味を帯びてきた米カリフォルニア州3分割

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2018年6月17日
ニューテイスト

icecream6.17.18

石川県金沢市にある酒造メーカー「福光屋」。創業1625年の酒屋さんがアイスクリームを作っている。

東京千代田区丸の内の店舗で食べた「酒かすみるくソフト」(360円)。赤酢はちみつソースがかかったソフトクリームは、「舌が戸惑って表現に困るが心はしっかり笑っているおいしさ」がある。

初夏の爆発!

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2018年6月13日
奇跡のスリーショット?

6.12.18Jチャンネル

トランプ、金正恩、そしてワタクシ・・・

友人がテレビに映し出された「一瞬」を切り取って送ってくれました。

カテゴリー: お知らせ,北朝鮮
出演キャンセル

明日(14日)のTBS『ゴゴスマ~GOGO!SMILE!』の出演がキャンセルになりました。

 

「明日も米朝会談ネタではもたない」というのが番組側の考えです。妥当だと思います。

それでも、昨日の首脳会談は一応「成功」と呼んでいいと思います。最初から2人が細部を詰めないことはわかったいたので、非核化の詳細が共同声明に記されていないとか、体制保証の定義があいまいという批判は、当たらないでしょう。

今後、実務者による協議が何度も行われていく中で細部が議論されていくはずです。

ただ、いきなりトップ同士の会談から始めたというのは、10階建てのビルを建てる時に基礎固めをせずに、いきなりヤグラを乗せたことに等しいです。

枠組みを置いただけでヤグラを乗せた。トランプと金正恩はこうした工法でもビルが建つことを証明しなくてはいけない。

多くの専門家は北朝鮮の完全な非核化は無理だと判断しています。昨日までは私もそう考えていました。いまでもダメになる可能性は高いと思いますが、私はうまくいく可能性もあるという見方に変わっています。

いまはその可能性に希望を託したい。未来のない話はしたくないからです。個人的には両首脳とも好みではありませんが、北朝鮮が少しでも開かれた国になっていく過程の紆余曲折であれば歓迎したいと思います。

カテゴリー: Where is it? ― 2018年6月12日
人生で最も長い日

閉じ込められました!

20180612TVasahi

潜水艦ではありません。テレビ朝日のスタジオの入り口。右の取っ手のついたところがドアです。

今日(12日)は午前10時25分から『ワイドスクランブル』に出演し、そのまま午後の部も出て、少し休憩して拡大枠のニュース番組『スーパーJチャンネル』で午後6時半過ぎまで。ほぼ8時間、生番組に出演し続けました。

米朝首脳会談のスゴサを身をもって感じましたが、精神が高揚し続けていたので疲れは感じません。

あと3時間くらいはいけていた?