2020年米統領選(10):もう一人の候補

このブログではここまで、2020年米大統領選の主要候補(民主党)を9人ご紹介してきた。9人というのは、私がこれまでの経験から来年の本選挙まで残ると思われる候補たちである。だから独自判断による人選だ。

4月7日の当ブログで書いたとおり、正式に出馬を申請した候補はもっと多く、4月8日現在、670人にのぼる。そのほとんどは「青春の1ページ」的に申請した人であり、ご本人も勝てるとは思っていないだろう。

今後出馬してくる候補で注目されているのは前副大統領ジョー・バイデンくらいである。ただすでに出馬宣言をした中で私が見落としていて、主要候補に入れるべき人がいる。1月23日に出馬公表したピート・ブディジャッジ(37:日本語版のウィキペディアではピート・バティジーグと表記されている)。

Pete Buttigiegというスペルなので、ウィキペディアを書かれた方が無理やり読んでバティジーグと書いたのだろうが、アメリカではブディジャッジと発音されている。

buttigieg4.11.19

Photo from Facebook

インディアナ州サウスベンド市の市長で、若干37歳。なぜ主要候補の中に入れたかといえば、すでに何度も行われている世論調査で5位前後に入ってきているからだ。

まだ日本ではほとんど知名度がないし、今後彼がバイデンやサンダーズを抜き去って民主党候補のトップに躍り出る可能性は低いが、主要候補の中にいれておくべきであると考えた。

彼はゲイであることを初めて公言した大統領候補であり、主要候補の中では唯一軍隊経験があり(2014年にアフガニスタンに派兵)、かつハーバード大学とオックスフォード大学で学位を取得した知性派ということで、特定層で支持が強い。

語り口も理知的で爽やかで、多くの点でトランプとは真逆の人物といえるかもしれない。(敬称略)

出馬した日時順:

フリアン・カストロ(44:前テキサス州サンアントニオ市長)1月12日表明

カースティン・ジリブランド(52:ニューヨーク州上院議員)1月15日表明

カマラ・ハリス(54:カリフォルニア州上院議員)1月21日表明

ピート・ブディジャッジ(37:インディアナ州サウスベンド市長)1月23日表明

・コーリー・ブッカー(49:ニュージャージー州上院議員)2月1日表明

エリザベス・ウォーレン(69:マサチューセッツ州上院議員)2月9日表明

エイミー・クロブチャー(58:ミネソタ州上院議員)2月10日表明

バーニー・サンダーズ(77:バーモント州上院議員)2月19日表明

ジェイ・インズリー(68:ワシントン州知事)3月2日表明

ベト・オルーク(46:前テキサス州下院議員)3月14日表明