永遠の陽水

私にとって井上陽水はある意味で「永遠」といってもいいくらいの存在で、彼がデビューした時から聴きはじめ、いまでもよく聴いている。最近はネット経由で聴けるのでありがたいが、誇張でもなんでもなく、私にとっては「永遠の陽水」なのである。今日、聴いた曲は、、、

I got a curfew!

今日、私の仕事場である外国特派員協会で仕事をしていると、友人のヨーロッパ人記者が現れた。「調子はどう?」、「まあまあだね」といった会話の後、私が「いつも決まった時間に来て、決まった時間に帰るよね」という話を振ると、「そうだね」と言った後、彼は「I got a curfew!」と呟いた。そして二人で哄笑を轟かせた。

curfewは「門限」のことで、彼がなかなか厳しい女性と付き合っていることを知っているので、決まった時間に帰って一緒に晩御飯を「食べなくてはいけない」状況を笑ったのだ。

年配の男性だが、いつも嬉しそうに話をするので、本人は門限があることで悲しむどころか、むしろ楽しんでいるように思う。

ちなみに女性は日本人である。

ヴァロットン展

1月2日、東京千代田区丸の内にある三菱一号館美術館で開かれているヴァロットン展に出向いた。フェリックス・ヴァロットンといえば知る人ぞ知る、「白と黒」を際立たせたアートを世界に提示したスイス出身の芸術家である。

スイスからパリに出て、19世紀末に活躍したナビ派のアーティストで、木版画で世界に名を馳せた人だ。展覧会に一歩足を踏み入れると、自分が100年以上前のパリに足を踏み入れたかのような錯覚に陥る。

今回は180点ほどの作品が展示されているが、黒と白だけでよくここまで人間の表情を、男と女の関係を、街の風景を描けたものだと感心してしまう。「新年に心に残るものを観た」との思いを抱いて帰路についた。

写真撮影が許可された1枚