堀田佳男 Profile
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
バックナンバー
2019年3月 (12)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: アメリカ大統領選 ― 2019年3月2日
2020年米統領選(7)

現職の州知事が2020年大統領選に参戦してきた。ワシントン州知事のジェイ・インズリー(68)だ。主要候補としては8人目である。

inslee3.2.19

Photo from Twitter

泡沫候補もいれるとすでに10数人で、これからオバマ政権の副大統領だったジョー・バイデン(76)やニューヨーク市前市長マイケル・ブルームバーグ(77)が出馬してくると思われる。

インズリーは長い間、連邦下院議員を務めたあと、13年から同州知事に就いている。知事としては気候変動、教育、麻薬対策に力をいれてきた。出馬メッセージでは「わが国の次のミッションとして最も緊急性の高いこと、それが気候変動問題」と、最優先に取り組むべき問題に気候変動をあげた。(敬称略)

カテゴリー: 国際政治 ― 2019年3月1日
カダフィの呪縛

ベトナム、ハノイでの米朝首脳会談が28日、決裂した。理由はトランプが北朝鮮の「完全な非核化」を見据えて会談に臨んでいる一方、金正恩は「限定的な非核化」しか念頭になかったという点に尽きるかと思う。

その上で金正恩は経済制裁の解除を求めてきたため、何も合意せずに席をたったということである。

昨日午前中の顔合わせでは、両首脳の表情は悪くなかったし非核化に向けてのプロセスを段階的に踏むようにも思われた。だが、会談決裂というニュースを聴いて、私は金正恩が「カダフィの呪縛」から抜けだせていないと感じた。

どういうことかというと、2011年に殺害されたリビアのカダフィ大佐の二の舞になりたくないとの思いがいまだに強いということだ。

2003年、カダフィは核放棄を宣言して査察団を受け容れる。06年にはアメリカとの国交正常化も達成するが、ジャスミン革命の影響から、リビアには民主化の波が押し寄せて独裁体制が崩れてカダフィ体制は終わるのだ。

リビアや北朝鮮のような小国は核兵器を手放した時点でアメリカのような大国に飲み込まれ、体制転覆の運命に晒されるということだ。この思いは金正恩の父親も抱いていたはずで、こうした点から北朝鮮は今後も核兵器を手放す可能性は極めて低いと言わざるをえない。CIAをはじめとするアメリカの情報機関が分析してきた通りである。

金正恩は昨年6月12日、トランプと交わした合意文書に最初から従う意思がなかったということである。文書には4つの合意内容が記されており、3番目に「完全な非核化」という言葉がある。金正恩も署名したわけだから、最初からウソだったということになる。

アメリカはあくまで完全な非核化を目指しているため、今後両国がどういう姿勢で臨むのか、いまはまだ曖昧なままである。(敬称略)

2.18.19ワイドスクランブル

2月28日のテレ朝『ワイドスクランブル』(友人M氏撮影)

カテゴリー: お知らせ ― 2019年2月26日
Media appearances

今後の放送メディア出演予定:

 

・2月27日(水)7:00amから     東京FM(周波数80.0MHz)『クロノス

・3月1日(金)7:00amから     東京FM(周波数80.0MHz)『クロノス

 

出演する番組のほとんどが生放送であるため、今週は急遽「東京FM」も加わりました。

カテゴリー: お知らせ ― 2019年2月24日
Media appearances

今後の放送メディア出演予定:

 

・2月25日(月)9:00amから 文化放送AMラジオ(出演は11:00am過ぎから)『くにまるジャパン 極 

・2月27日(水)1:55pmから  TBS/CBC『ゴゴスマ~GOGO!SMILE!

・2月28日(木)10:25amから テレビ朝日『ワイド!スクランブル

 

ベトナム、ハノイでの米中首脳会談が27日、28日に迫っているので放送メディアへの出演が続きます。昨年6月12日以来2回目のトランプ・金会談で両国の懸案事項が解決できるわけではないですが、歩み寄りは大事です。

朝鮮戦争の終結宣言ができて、両国首都に連絡事務所を開設するところまで行けば成功でしょう。北朝鮮の核兵器廃棄には長い道のりが必要ですし、北朝鮮が放棄することはないとの見方が妥当です。トランプが経済制裁を緩めて支援を口にするのか、見ものです。

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2019年2月23日
インドカレー、独り決め

curry2.23.19

冷風がコートのなかに忍び込む夜、インドカレーを「独り決め」してきました。

銀座2丁目にあるインド料理店「オールドデリー」のメティカレー。北インドで食べたカレーに極めて近いカレーで、私がいま最も好きなカレー店です。

ナンではなくバスマティライスでいきます。現時点での最強コンボ。

嗚呼、おいしい汗かいた!