メディアの総合格闘技

FM RADIO:      火曜(11日)午前7時半からBayFMに出演してアメリカ側からの普天間問題の見方を語ります。

http://www.bayfm.co.jp/

                                       

先日、ある女性雑誌の前編集長とランチをともにし、出版業界の厳しさが増しているとの話を改めて聴いた。誰もが知る月刊女性誌であるが、「広告が激減し、広告収入が以前の半分になりました。完売しても赤字です」という。

売り切れても赤字という事実は、旧来のビジネスモデルが破たんしたことを意味する。それは雑誌広告が一定以上入っていた時のものであり、広告が減った今となっては機能しない。多くの男性週刊誌も同じ状況で、広告が持ち直さない限り経営は成り立っていかない。

先週、『ニューズウィーク』が身売りされたというニュースは時代を反映している。親会社のワシントン・ポストは、『ニューズウィーク』部門の赤字計上で売らざるを得なくなったとしており、ネットの伸張に屈した形となった。

メディア業界で生きている私にとっても人ごとではない。

そこでしばらく前から、活字だけでなくテレビ、ラジオといった電波メディア、SNSやツイッターなどの電子メディア、また英語メディアにも積極的に出ていっている。新しい技を身につけないと時代に先を越されてしまう。

メディアの総合格闘技の習得である。

どこの国の漁港でしょうか?

travela-015.jpg

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

<答: ガーナ。首都アクラから西に130キロほどいったエル        ミナ市の港>

普天間の暴論

小旅行にでかけていた。その間、国内メディアは普天間問題を過大なまでに報じている。

普天間についてはこのブログでも他のメディアにも書いたので改めて述べないが、5日、日本外国特派員協会で仲間たちと雑談をしていると、過激な話がいくつも飛びだした。

「沖縄は独立した方がいい。日本政府からあれだけないがしろにされたら、もう我慢する必要はない。小国であっても独立を宣言して、アメリカと直接交渉したらいい。基地使用料と『日本』からの観光者にカネを落とさせればやっていけるだろう」

「小沢は日本のポルポトだな。鳩山という政治家を裏であやつっているが国は機能していない。国民を愚弄したまま自我を押し通す最悪の政治家。一般市民を実際に殺戮していないだけで、やっていることは同じようなものだ」

「普天間という小さな飛行場すら満足に移設できない民主党が、今の日本の財政難を救えるわけがない。ギリシャがEUやIMFから支援を受けたように、日本もいっそのことIMFから金融支援とアドバイスを受けたらいい」

昨年9月まで、彼らは自民党の悪政にうんざりし、民主党政権の誕生を願っていた。そして自民党から民主党へ政権が移行した直後は、ほとんどの記者たちが日本の政治も捨てたものではないというトーンだった。

しかし、その後の落胆は読者の方が想像される通りである。

「沖縄独立」、、、。面白い仮説ではある。(敬称略)