1セントとシャープコート

ワシントンでの生活を引き払って東京にもどったのは今から11年前のことだ。

それまで25年間もアメリカにいたので、ささいな言動から考え方までずいぶん影響を受けた。いまでも心の中に根をはるようにして残っているものは多いが、表面的なところはすでに日本スタイルに戻っている、と思っている。

だからアメリカに戻ると忘れていたことがいくつもでてくる。昨日、2つほど「そうそう、アメリカはこうだった」と呟いたことがあった。

1つはスーパーのレジでの出来事だ。合計金額は11ドル38セント。クレジットカードでもよかったが、財布の中に11ドルがあることはわかっていた。あとは38セント。

ズボンの右ポケットにいつも小銭を入れており、足りると思ってすべてを出すと1セント足りない。私は「1セント、ショート(足りない)」と言って、すぐに財布から1ドル札をもう1枚だそうとした。

すると背後に並んでいた女性が、「はいこれ」と言って1セントを出してくれた。もちろん見ず知らずの人だ。私はありがとうと言って受けとり、「そうだったそうだった」と思いながら笑顔でスーパーをでた。

もうひとつは今年6月にオープンしたビルの展望デッキを訪れた時のことだ。

arlington10.23.18

展望デッキから首都ワシントンを眺めて地階に降りるエレベーターを待っているとき、大きな黒人女性が私のコートを指差しながらヒトコト。

「シャープコート!」

私ではなく、コートがカッコイイと言われたのだが、アメリカでは知らない人のコートや靴、カバンを褒めることがよくあるのを思いだした。しかもかなりの声量で、周囲の人が聞こえるような声をだす。

特に黒人の男性や女性が口にすることが多い印象だが、見ず知らずの人を褒める文化は日本にはない。

「そうだったなあ」と思うと同時に「いいなあ」という思いに浸りながらエレベーターで地階まで降りた。

凄いことになっています

半年ぶりに渡米し、中間選挙を取材している。

投票日(11月6日)までほぼ半月。市民から話を聴くと、アメリカ社会はいままで以上に分断されている印象が強い。

共和党の人間はトランプを持ち上げ、民主党支持者はトランプの批判が止まらない。

「いまは彼らと仲良くしようという動きもなければ、そんな気もない。トランプが起点になって、家族が分断し、友人が分断し、会社が分断している」

民主党の議員に投票すると言った白人男性は「名前は出さないでほしい」と言いながら、「トランプは先天的といってもいいほどのウソつき」と言い切り、しばらく話を止めなかった。

反トランプのブルーウェーブ(民主党の政党色が青)が広がり、すでに期日前投票で一票をいれた有権者数が4年前の期日前投票数より4倍も多くなっている州もある。だが10月に入ってから焦りを感じた共和党の有権者が反発し始め、接戦になる選挙区も増えており、結果は簡単に読めない。

そんな時、2種類の宝くじでしばらく当選者がでていないことを知った。一等賞金が積み上がって「メガミリオン」と「パワーボール」合わせて1000億円を超えているという。

「買いましょう、買いましょう」

久しぶりにコンビニに行って買い求めた。(敬称略)

usalotto10.19.18

中間選挙を斬る(2)

「中間選挙を斬る」シリーズの第2回目である。第1回目(7月2日)の最後に「なぜ与党は中間選挙で勝てないのか」と書いた。今回はその点について記したい。

アメリカ連邦議会の現在の与党はトランプの政党である共和党である。11月6日の選挙で、私の読みでは特に下院(定数435)において民主党が過半数を奪う。つまり共和党は負ける可能性が高いということだ。

いくつかの理由がある。今回は最大の理由を述べたい。このシリーズは11月まで続けるつもりなので、今後はマニアックになっていく予定なのでお付き合いいただきたい。

野党(民主党)が勝つ理由のカギは投票率にある。中間選挙は大統領選と違い、投票率が40%に満たないことが多い。大統領選では60%前後あるので大きな違いがある。

いつの時代でも、有権者は中間選挙にシラケ気味だ。大統領を選ぶわけではないので、投票所にいく人が少ない。特にいまでもトランプを支持し、現在の経済状況に大きな不満をもたない共和党支持者は「このままでいい」と考えて投票に行かない傾向がある。

一方、反トランプ派の有権者は、現在の共和党優位の議会の状況だけでも変えようと思って投票にいくため、現政権への反対票として民主党議員に一票を入れることになるのだ。

DSC00433

上の写真はオハイオ州コロンバス市の投票所で、2014年中間選挙を取材した時のものだ。オハイオ州といえば、共和・民主が拮抗する激戦州であるが、シラケていた。

「盛り下がり」がすごくて町をゆく人は、まるで中間選挙が行われていないかのごとくで、取材をしていてこれほど熱が入らないことも珍しかった。同年の投票率は36.4%。

この年も与党(オバマの民主党)が負けた。(敬称略)

中間選挙を斬る(1)

ushouse7.2.18

Photo from Youtube

アメリカではあと4ヵ月ほどで中間選挙(11月6日)が行われる。これから11月6日まで、何回かにわけて「中間選挙を斬る」のシリーズをお届けする。

日本ではよほどアメリカの政治に関心がある方以外、中間選挙を話題にすることはないだろうが、アメリカではすでに各州で予備選が行われて、メディアの関心も高い。

結果から述べると、現在連邦上下両院で過半数を握る共和党が負ける可能性が高い。

共和党が過半数を割れば、来年1月以降、トランプは予算案を含む重要な法案を成立させることが難しくなる。なんとしても過半数を維持したいとの思いはトランプの悲願でもあるが、現実は「ブルーウェーブ(民主党の波)」が押し寄せている。

理由の1つは歴史が示している。1950年から2010年の60年間で、与党が失う下院の平均議席数は26.今年、連邦下院共和党が26議席を失うと民主党に過半数を明け渡すことになる。

なぜ与党は中間選挙で勝てないのか(続きは後日)。(敬称略)

スタバ前社長、大統領選に?

電車の中吊り広告のようなタイトルになってしまったが、今年3月でスターバックスのCEOを退いたハワード・シュルツ会長が、2020年大統領選に出馬するかもしれないとのニュースが入ってきた。

というのも、4日(月)に会長職も辞めると発表し、政治活動に力を入れたいとの意向をほのめかしたからだ。

シュルツは民主党支持者なので、トランプの対抗馬になりうる。しかもトランプの政策に反旗を翻しており、出馬すればビジネスマン対ビジネスマンという戦いも見えてくる。

4日、シュルツはCNBCテレビのインタビューで答えている。

「国が分断されている現状を大変憂いています。国内の(政治的な)分断は深刻化し、世界の中でアメリカは孤立しています。人生の次章でやりたいことの一つが社会貢献です」

この言葉だけで「大統領選出馬の可能性」と騒ぐ米メディアはかなり週刊誌的だが、本当にそうなれば接戦になるはずである。

個人的にはぜひ出ていただきたいと思うことしきりである(私の憧れ)。(敬称略)

HowardSchultz

Photo from Twitter