2020年米統領選(2)

待ちに待っていた人が大統領選に出馬してきそうである。

スターバックスの創業者ハワード・シュルツが来年の大統領選の出馬を真剣に考えているとの情報が入った。米時間27日(日)に放映される米CBSテレビの「60 Minutes」で、可能性を口にする。

すでに当ブログでシュルツのことは何度も書いている通り、大統領候補として十分に戦っていける人だと考えている(スタバ前社長、大統領選に?)。

ただシュルツは近年、民主・共和両党に幻滅しているようで、出馬するとなると独立候補としての可能性が高い。これまで第三政党で当選した候補はいないが、過去にとらわれずに挑戦するところはいかにもシュルツらしい。

また注視すべき人が増えた。(敬称略)

Media appearance

明日の放送メディア出演予定:

 

・1月28日(月)10:25amから テレビ朝日『ワイド!スクランブル

 

25日(金)の同番組で、米政府閉鎖の件について「今後どうなるかわからない」というコメントをだした。翌26日になって、2月15日まで閉鎖が解除されたというニュースが流れる。

だが、トランプも議会民主党も依然としてメキシコ国境の壁建設予算では対立したままだ。いまはトランプが一時的に折れただけで、諦めたわけではない。

今後、両者が折衷案を飲むのか、トランプが非常事態宣言をだすのか、突っ張りあいをつづけるのか、明確な解決策は見えないままで、当事者さえもわかっていないはずだ。


mexicanborder3.15.17

Photo courtesy of U.S. Customs and Border Protection

壁はこうやって乗り越えます・・・