ブダジェッジ躍進

最初の予備選であるアイオワ州党員集会が終わった。

民主党では70歳代の候補が多いなか、38歳の民主党ピート・ブダジェッジが日本時間2月5日正午現在(開票率62%)、トップ(26.9%)にきている。開票率が100%になった時に現在2位のバーニー・サンダーズ(25.1%)に抜かれるかもしれないが、私がここまで予想してきた展開と言えるだろう。

アイオワ州でジョー・バイデンが1位通過することはないと踏んでいたとおりの展開になりそうだ。同氏はサウスカロライナ州やスーパーチューズデーで少し巻き返せるかもしれないが、1月27日のブログ(2020年米大統領選(25):バイデンは弱い候補?)で記したように、勢いは感じられない。早々に撤退ということもあり得る。

今後はサンダーズ対ブダジェッジの戦いに移っていくと読む。ブダジェッジの躍進は年頭に期待したとおりで(今年、注目すべき米関連ニュース3点)、「もしかするともしかする」かもしれない。オバマの時もそうだったが、同性愛の史上最年少大統領という斬新さが世界を騒がせるかもしれない。

ただ次回2月11日のニューハンプシャー州予備選では、サンダーズが勝つだろう。というのも、サンダーズは同州から遠くないバーモント州の上院議員で、ニューイングランド地方では健闘すると思われるからだ。

また選挙から目が離せない日々が続きそうである。(敬称略)