選挙での重要人物:2020年大統領選(40)

大統領選の投票日まで2カ月を切り、トランプ・バイデン両陣営は最終コーナーにむけて追い込みに入っている。今日は少しばかりマニアックな話を書こうと思う。

大統領選の表舞台にはほとんど出てこない重要人物についてだ。トランプ側はビル・スティーピエンという男性で、バイデン側はジェニファー・オマリー・ディロンという女性だ。スティーピエンは42歳でディロンは43歳。両候補が70代なので 30歳以上も若い。

2人は選挙対策本部のトップ、つまり選対本部長をつとめている。この2人がトランプとバイデンの選挙を統括しているのだ。選対本部長の動きを注視していれば、選挙の大枠が見えてくることに気づいたのは私が大統領選の取材をはじめた1992年のことである。

ビル・クリントンがパパブッシュに挑んだ1992年、クリントン陣営にはジェームズ・カービルという頭脳明晰で行動力のある選対本部長がいた。彼がいなければクリントンの当選はなかったと思うが、候補を自分の思いイメージどおりに動かして票を獲りにいく姿は目をみはった。

次に私が印象に残っているのは、オバマが2012年に再選を果たした時のジム・メッシーナという選対本部長である。華やかなタイプではないが、オバマは全幅の信頼を寄せていて、私は取材をしていく過程で「メッシーナがいる限りオバマは負けないだろうなあ」と思うようになった。

再選を果たした直後、選対本部でメッシーナと抱き合うオバマ。
Photo from the White House

それでは今年はどうなのか。この続きは別の日に記したいと思う。