今年、注目すべき米関連ニュース3点

1点目: アメリカとイランは戦争に突入するのか

昨日、米軍がドローンを使ってイランの司令官を殺害したことで、両国関係は一気に緊張の度合いを高めた。昨年12月28日にアメリカの民間業者がイラン・シーア派によって殺害されたため、トランプが報復攻撃をしかけたのだ。

だが両国の軋轢は昨日、今日に始まったわけではない。2018年5月にトランプがイラン核合意から一方的に離脱し、イランへの制裁と圧力を強めたことでイランは反発。その後、アメリカの同盟国であるサウジアラビアがイランに攻撃される事件があり、すでに「ドンパチは始まっている」と表現する関係者がいるほどだ。

2点目: アメリカと北朝鮮は戦火を交えるのか

金正恩が昨年末、ミサイルのクリスマス・プレゼントをアメリカに贈るかどうかが話題になった。長距離弾道ミサイルを使うかのどうか、さらにトランプがどう北朝鮮を迎え撃つのか。2020年、急速に高まる北朝鮮の脅威で書いたように、最悪の事態も想定しておく必要があるだろう。 

3点目: トランプは再選されるのか

2月3日から予備選が始まる。私は同月7日からアメリカに飛び、ニューハンプシャー州予備選を取材予定だ。夏の党大会までは民主党の候補者選びが話題の中心になる。トップ4(バイデン、サンダーズ、ウォーレン、ブダジャッジ)の誰かに決まるだろうが、私はブダジャッジにもっとも大きな可能性があると思っている。

Image result for pete buttigieg twitter
from Twitter

バイデンにはキレがないし、ブルームバーグ(4人の中に入らない)には広範な支持が集まっていない。サンダーズとウォーレンは左に寄り過ぎている。現在37歳の若さが抜きん出る気配を感じる。(敬称略)