堀田佳男 Profile
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ
バックナンバー
2017年7月 (15)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2017年7月18日
弾劾か刑事訴追か、泥濘にはまったトランプ

trumpgrandpa

Photo courtesy of Twitter

どこまで行くのか――。

素朴な疑問だが、ドナルド・トランプ大統領(以下トランプ)を取り巻くロシア疑惑の着地点が見えない。はるか先であることは間違いない。最悪のシナリオは大統領の逮捕である。

現時点では「まさか」であるが、トランプがロシア政府と共謀して大統領選に不正介入したとなれば、刑事事件としての立件もあり得る。

トランプは本当にそこまでの悪事を働いていたのか。今回はこの問題について分かりやすく記していきたい(弾劾か刑事訴追か、泥濘にはまったトランプ)。

カテゴリー: Thought for the day ― 2017年7月16日
生番組のスピード

先週の木曜(13日)のテレビ出演で、生番組ならではの即応性を目の当たりにした。

水曜夜、ディレクターと電話で打ち合わせをして番組内容を話し合う。私の担当するコーナーが始まるのは木曜午前10時50分過ぎからという話も聞いた。

いつも通りの時間に起きて朝食を食べ、テレビ局からの迎えの車に乗り込んだのが9時20分。首都高速を通って六本木のテレビ朝日に着いたのがちょうど10時。Tディレクターは玄関で待っていてくれた。

すぐに楽屋に入って最新の台本をみながら、その日の進行を確認する。私がどういう話をするかは、前日の電話での打ち合わせで述べてあったが、新たな情報も入れていく。

「そうだ。G20の席で、実はトランプだけ胸に刺すG20用のピンをつけていなかったんです。一人だけ星条旗のピンをつけていた。他の首脳が全員、同じピンをつけているにもかかわらずです。これはアメリカだけは違うという意識の表れ」

そう言うと、Tディレクターは「面白いですね。すぐに映像を探してみます」と即答した。その話をしたのが10時半。私の出番まであと20分という時間だった。

映像は無理にしても、首脳たちが並んだ集合写真は用意してくるだろうと思っていた。本番直前、「ピンの話を是非してください」と言われた。

コーナーの後半になって、私はピンの話を切り出した。するとテレビ映像はすぐにG20の首脳たちが歩く場面に切り替わった。しかもピンがよく見える映像である。

トランプもいる。一人だけ星条旗のピンをつけている。私は話をしながら映像に眼をやり、Tディレクターの素早い対応に参っていた。

コーナーが終わってからすぐに、「映像を探してくるとは思わなかったです。画像だけかと思っていた。素早いですね」と言うと、「これが生番組のよさですから」と彼は何事もなかったのような素振りだった。

私は相変わらず活字メディアでも月に20数本の原稿を書いているが、この件についてはテレビで示すことがベストだった。しかもテレビ的な話題である。

同番組は月曜から金曜まで同じ時間に放映しているいわゆる帯番組で、ディレクターだけでも総勢40〜50人もいる。これまで半数くらいのディレクターと一緒に仕事をしてきたが、このTディレクターがもっとも一緒に仕事をしてきた回数が多く、信頼関係も厚い。

あらためてその即応力を見せつけられて嬉しくなった。

trump-wears-american

Photo courtesy of Fellow Ship of Minds

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2017年7月13日
「今日は白かった!」

テレビに出演したあとは、日によってコメントを頂くことがある。

私が話をした内容よりも、その日着ていたスーツやネクタイ、ラペルピンについてのコメントの方が多い。さらにテレビ用の化粧についての指摘も少なくない。

「今日は白かった!」

以前、ある女性からこう言われた。どのテレビ局でも本番前に化粧をしてくれる。

ただドーランの色見は、その日の化粧担当の方次第なのである。特定の局や番組というより、その日にたまたま私を担当した方が、どういった色合いでドーランを塗るかにかかっている。

だから肌が白っぽく仕上がる時と、少し濃い肌色に見えるときがある。こうした点は女性視聴者の方が敏感だ。男性はなかなかそこまで見ていないし、コメントしない。

私はただお任せするしかなく、担当の方と雑談をして過ごしている。

20170713make-up

13日午前、テレビ朝日の化粧室で。

カテゴリー: お知らせ ― 2017年7月12日
Media appearance

13日の放送メディア出演予定:

 

トランプという帝国が崩れようとしているーー。

こう表現しても構わないくらい、トランプが危機に直面している。昨年の大統領選でのトランプ陣営とロシア政府との関わりは、ますます「本物」である気配が濃厚だ。

トランプ・ジュニアが昨年、ロシア人弁護士の女性と会ったことがわかり、今後は連邦選挙キャンペーン法違反に問われるかが焦点となる。

 

・7月13日(木)10:25amから(出演は11時頃から) テレビ朝日『ワイド!スクランブル

カテゴリー: お知らせ ― 2017年7月11日
Media appearance

明日の放送メディア出演予定:

 

・7月12日(水)8:59pmから BS11『報道ライブINsideOUT

ドイツで行われていたG20で、トランプは主要国とどう向き合ったのか。さらに今後の課題とは何か。

産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏と共に解説します。