堀田佳男 Profile
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ
バックナンバー
2017年5月 (13)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day,国際政治 ― 2017年5月8日
マクロン勝利の意味

フランスのエマニュエル・マクロン氏(以下マクロン)が次期大統領に当選した。

39歳という若さや極右のマリーヌ・ルペン氏を破った点に関心が集まるが、私は既成政党ではなく、中道系候補として当選を果たしたところに意義があると考えている。

これまでの古い政治体制を打ち破るという点で、39歳という年齢はそれだけで魅力があったし、トランプ政権の反動という意味から反ルペンの流れができたとの見方は間違ってはいない。

ただ保守対革新という古い図式から1歩ではなく2歩ほど先に進んで、政治に新しいモデルを取り込んだ。労働環境をより柔軟にする主張や公務員の終身雇用の廃止といった内容にマクロンの考えが表れている。

右派と左派の仲裁をするということも口にしてもいる。どちらにも寄り添わない点がマクロンらしさであり、今後も新しいことに挑戦し続けていってほしいと思う。

すでに急進的な左派と右派から嫌われているが、自分流を貫き続けながら、広い支持が得られることを願っている。

カテゴリー: Thought for the day ― 2017年5月4日
護憲という超保守

ふたたび憲法改正が話題になっている。

保守派の自民党が憲法改正に前向きで、リベラル派である民進党をはじめとする野党が改正に反対という立場であるが、よく考えるとおかしなことである。

これまでリベラル派といわれる民進党や共産党を革新と称してきた。過去のモノを変えて、新しい社会に対応していくという前向きな考え方だ。一方の自民党は保守派として、古き良きモノを守るという姿勢である。

社会政策についてはまさに上記の通りで、夫婦別姓や女性宮家創設の問題では民進党が賛成派で、自民党は反対派だ。

私はリベラル派なので夫婦別姓も女性宮家も何の問題もない。むしろ当然だと考えている。だが憲法改正や防衛問題になると、自民党と民進党の立場は逆転する。

本来、保守派として憲法9条を「守って保つ」べき自民党が革新に転じている。逆に革新派として変えてしかるべき立場の民進党や共産党が超保守にまわっている。

くどいようだが、私はリベラル派なので、憲法改正を支持している。変えてしかるべきとの考え方を80年代から抱いている(集団的自衛権のあり方 )。そのため、当件での野党の超保守的姿勢には辟易させられる。

近代国家として集団的自衛権と憲法改正は30年以上前に実現しなくてはいけない重要案件であると思っており、いまの自民党でも「動きが遅い」とヤキモキしている。

憲法9条の1項と2項を残すという点に異論はない。戦争をしかけないという日本の姿勢は残し、3項として自衛隊を明記することは当たり前で、軍隊として認めるべきである。

いまだに第二次世界大戦の教訓が多くの人の心に宿ることは承知している。それと同時に、安全保障問題で日本はいまだに「吉田ドクトリン」から抜け出ていない。

新しい国家戦略が構築できていないため、自衛隊を軍隊と認めることに抵抗があるのだ。

私は安倍の経済政策と社会政策には賛同しかねるし、安全保障政策ではむしろ中途半端と捉えている。

革新すぎるのかー。(敬称略)

カテゴリー: Thought for the day ― 2017年5月3日
「1%かな・・・」

2日の昼、オランダ人記者と一緒にランチ。日比谷公園のベンチに並んで座った。

日本に来て2年弱の彼は日本語があまりできないが、英語はネイティブ並みにうまい。

日本人の英語について訊いてみた。

「最近、日本でも英語のうまい人が増えたと思うけど・・・」

「ウーン・・・」

「これまでの経験から、どれくらいの人がちゃんと喋ってる印象?」

「1%かな・・・。コンフォタブルに(気持ちよく)話ができる人は1%。ポテンシャル(潜在力)をもった人が10%」

ガクゼンとすることを言ってくれる。

英語を喋る人は確実に増えているので、私は「20%くらい」という数字を期待していた。だが1%では30年前と何ら変わっていない。

英語を喋れない理由はいくつもある。すでに語られ尽くしているが、まず国内では英語を使う機会が少なすぎる。英語のサインやロゴは溢れているが、話す機会は無いに等しい。

いくら英語教育がさかんになっても、国内で話をする機会がなければ進歩は望めない。あと30年たっても日本人は英語が話せないままだろう。

挨拶と買い物はできても、心の機微を言葉にし、自分の考えを論理的に述べる機会をつくらない限り英語は喋れるようにはならない。

英語村ですか・・・?

カテゴリー: Thought for the day,国際政治 ― 2017年5月2日
密かに進行していること

北朝鮮情勢が緊迫している。アメリカ政府はすべての情報を出してこないし、公表される情報もかなり制限されている。

当ブログにおいて以前、時事問題などで主要メディアに「語られない内容も重要」と書いた。

メディアに公表される内容とは別に、報道されていない情報が背後にあり、そこにこそ真理がある場合がある。公表してしまうと問題になる案件は多く、特に戦時下では敵国に知られてはいけない情報は出すべきではない。

先日、ある米政府高官と六本木のカフェで朝食を共にしながら、1時間ほど話をした。

私が聞きたいと思っていた北朝鮮について、高官は多くを語らなかった。こちらが核心に迫る質問をすると「わからない」と淡々と言った。ウソはついていないように見えた。言えない部分があるのだ。

当たり前である。私に話をするということは報道されるということであり、北朝鮮に情報がもれるということである。

特殊部隊による金正恩暗殺というオプション、北朝鮮に報復させない圧倒的な先制攻撃というオプション、金正恩が白旗をあげるまで徹底的に追い込むオプションなど、さまざまな選択肢がある。

高官が仮にそうした情報を手にしていたとしても、私に話をすることなどないだろう。

朝食の始めに、「今日の会話はオフレコだから」と言って彼に安心感を与えたが、重要な話をメディアの人間にするほど不用意ではない。

トランプは北朝鮮との緊張関係が今後どうなるのか、いや、どうしたいのかの究極の回答を持っていないように思えるし、触れないだけのようでもある。

CIA長官のマイク・ポンペオが先月末、韓国に飛んでいた。そこには確実に表にはでてきていない軍事活動・情報があり、ビン・ラディン暗殺時のように、突然「金正恩が暗殺されました」というニュースが飛び込んでくるかもしれない。

私は何が起きても驚かない心づもりでいる。

カテゴリー: Thought for the day ― 2017年4月26日
安倍のダメ出しを見たい!

米軍がいまにも北朝鮮を攻めようとしている。

安倍はトランプに「軍事攻撃はやっちゃいかん!」という箴言を与えないといけない。

それが今後の日本のあり方のはずだし、存在意義である。

アメリカの忠犬という立場を脱するには、日本は独自の国家戦略を練りこむ必要がある(忠犬としての生き方)。(敬称略)