堀田佳男 Profile
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリ
バックナンバー
2017年9月 (12)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2017年9月19日
トランプ政権の新広報部長の素顔

「大統領選に出馬しようと思っている。その時は君が広報官だから」

ホワイトハウスの新しい広報部長に任命されたホープ・ヒックス氏(28:以下ヒックス)が、ドナルド・トランプ大統領(以下トランプ)にこう告げられたのは2015年1月のことである。

トランプが正式に大統領選に出馬表明する半年前である。ヒックスはその時からトランプの側にいた人物であり、イヴァンカ夫妻を除けば、現政権内の高官としては最も長くトランプに仕えている側近だ。

当時、まだ26歳。若いヒックスがなぜトランプに重用され、広報部長にまで上り詰めたのか(続きは・・・トランプが愛してやまない美人広報部長の素顔)。

hopehicks9.19.17

<ホープ・ヒックス Photo from Twitter>

カテゴリー: Japan Business Press ― 2017年8月31日
アメリカのアフガン増派は天然資源が目的か

米国がアフガニスタンに駐留を続けることにしたのは、テロとの戦いが理由ではない。

正確に記すと「テロとの戦いだけではない」になるだろうか。偏った報道であれば、「テロとの戦いは名目。本当の狙いはアフガニスタンの天然資源」と断言してしまうかもしれない。

だが筆者は両面の理由があると考えている。主要メディアはもちろん、ドナルド・トランプ政権が発表した表向きの内容に主軸を置く。

トランプ大統領が21日に発表した内容を見てみたい。「米国民の脅威であるテロリストの安全な隠れ場所(アフガニスタン)を復活させてはいけない」が駐留継続の理由であり、米兵3900人の追加派遣も決めた(続きは・・・アフガンで米中が衝突する気配が濃厚に)。

カテゴリー: Japan Business Press ― 2017年8月17日
ツイッターに引導を渡すトランプ大統領

Gplus-vs-Twitter

2010年5月のことである。米イリノイ州シカゴ市北部にあるフレモントという公立図書館で、図書館員たちは1つの選択に迫られていた。

 図書館のSNSとしてフェイスブックとツイッターのどちらを採用すべきか、ということだった。

図書館にとって、どちらのSNSがより有用かの答えは当時、まだ出ていなかった。図書館は結局、両アカウントを開設することにした。

ただ利用しているうちにフェイスブックとツイッターの特性の違いがはっきりし始めた。フェイスブックはより柔軟性があり、写真や動画、ゲームを載せやすいだけでなく、開催されたイベントの事後報告などにも向いていた(続きは・・・ツイッターに引導を渡すトランプ大統領)。

 

カテゴリー: Japan Business Press ― 2017年7月31日
グーグル、アマゾン、FBは解体されるべきか

コミュニケーション手段をコントロールした者が権力を握る――。

この言葉が真理であるかどうかは分からない。しかし、少なくとも納得させられる表現ではある。

米ジョン・F・ケネディ政権でスピーチライターを務め、後年歴史家として名を馳せたアーサー・シュレジンジャー氏の言葉である。

従来型のメディアだけでなく、SNSを含めた最近のコミュニケーション手段の世界的な影響力を眺めると、十分に説得力がある(続きは・・・有頂天のグーグル、アマゾン、FBに忍び寄る逆風)。

Amazon-Facebook-and-Google7.31.17

Photo courtesy of Uberbin.net

カテゴリー: Japan Business Press ― 2017年7月18日
弾劾か刑事訴追か、泥濘にはまったトランプ

trumpgrandpa

Photo courtesy of Twitter

どこまで行くのか――。

素朴な疑問だが、ドナルド・トランプ大統領(以下トランプ)を取り巻くロシア疑惑の着地点が見えない。はるか先であることは間違いない。最悪のシナリオは大統領の逮捕である。

現時点では「まさか」であるが、トランプがロシア政府と共謀して大統領選に不正介入したとなれば、刑事事件としての立件もあり得る。

トランプは本当にそこまでの悪事を働いていたのか。今回はこの問題について分かりやすく記していきたい(弾劾か刑事訴追か、泥濘にはまったトランプ)。