堀田佳男 Profile
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ
バックナンバー
2018年10月 (11)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day,国際事情 ― 2018年10月22日
カショギ殺害事件

サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギが殺害された事件について3つのことを指摘したい。

最初はサウジアラビア(イスタンブール領事館)という国家が反体制派のジャーナリストを殺した大罪を、あらためて世界に問う必要があるということだ。サウジアラビアはこれまでも多くの反体制派の人間を殺害してきたと言われるが、カショギは当初、行方不明と伝えられた。

kyashoggi1021.18

Photo from Twitter  カショギ氏とフィアンセ

その後、殺害されてから遺体はバラバラに解体されたといわれ、20日になるとサウジ政府は領事館内で職員と口論になり、複数の人間によって殴り殺されたと説明した。

こうなると何が真実なのかわからない。少なくとも国家が1人のジャーナリストを殺害したことは間違いなく、同じジャーナリストとして悲しいといったレベルを通りこして、サウジ政府への激憤をいだく。サウジ政府と実行犯は国際的な裁きを受けてしかるべきである。

2番目は、殺害が領事館にいる15人の政府職員によって行われ、サウジアラビアの皇太子、ムハンマド・ビン・サルマンによる命令で実行された可能性が高いことだ。連邦上院外交委員会メンバーであるランド・ポールは21日、「サルマン皇太子が命令しているはず」と述べている。

ワシントンポスト紙にもコラムを書いていたカショギは、サウジ政府への批判を恐れなかった。国家が1人のコラムニストの意見を抹殺するために殺人も犯したのだ。上からの命令なしで職員たちが殺人を犯すだろうか。サウジ政府の悪行は許されない。

3番目はトランプの言い分が過去1週間で変わったことである。変節はいつものことだが、トランプは当初、カショギの死亡にサウジ政府は関与していないとしていたし、サウジ政府の説明を「信用できる」と言った。

しかし21日になってサウジ政府の言い分に「ウソ」があったと述べた。当初からサウジ政府の対応と説明には疑わしいところがあり、盟友であるサルマンをかばうために真実を見ようとしかなったと思われてもしかたがない。

「こんな大統領を信用できるわけがない」というのがまともな反応だと思うのがだが、いまでもアメリカの有権者の約4割がトランプ支持者である。(敬称略)

カテゴリー: 国際事情 ― 2018年9月17日
とにかく長いんです

DSC02005

東欧ネタをもう一度だけー。

ヨーロッパを訪れると、大小さまざまなソーセージに出会えます。特にドイツからチェコ、ポーランドにかけては種類の多さと大きさに驚かされます。

上の写真はポーランドの市場での一枚。

「とにかく長いんです」

カテゴリー: 国際事情 ― 2018年9月14日
ついに夢が叶った

私の夢ではない。スターバックス創業者、ハワード・シュルツの夢である(私の憧れ)。

1997年にシュルツにインタビューした時、エスプレッソの本場であるイタリアで店舗を出すのが夢だと語っていた。あれから20年以上がたって、ようやくシュルツの夢が叶ったのだ。

starbucks9.14.18

Photo from Twitter

今週、イタリアのミラノで最初の店舗がオープン。さぞや嬉しかっただろうと思う。だがシュルツが目指しているのはこのレベルではない。少なくとも飲食業界では世界最大手であり、数十年後かには企業としても世界最大を見据えているかもしれない。

なにしろ憧れの人物だから・・・。(敬称略)

カテゴリー: 国際事情 ― 2018年8月20日
トルコショックの最悪のシナリオ

金足農業の強さに世間の関心が集まっているが、トルコショックによる余波に注意しておかなくてはいけない。これから最悪のシナリオを迎えるかもしれない。

10日ほど前、トルコリラは対ドルで20%ほど急落し、その後は落ち着いていたが、リラの価値はその後も下落しており底が見えていない。円に対しても同じで、5年前1リラは50円前後だったが、20日夜には17円代にまで下落している。

いまさらトルコショックの発端は説明しないが、日本人投資家の中にはトルコリラをもたれている方も大勢いるので失った額は大きい。だが問題は今後、トルコの銀行が破綻してしまう可能性があることだ。

ヨーロッパの金融機関は多額の資金を融資しており、トルコの銀行が潰れればヨーロッパ経済も大きな打撃を受ける。そうなるとユーロの下落にもつながる。

2009年のギリシャ危機を思い出す。ギリシャは20日、ギリシャ危機から9年経ってようやくEUからの経済支援を脱したと発表したばかりだった。一難去ってまた一難である。

これ以上悪化しないとの見方もあるが、最悪のシナリオにも備えておかなくてはいけない。

カテゴリー: Japan Business Press,国際事情 ― 2018年7月16日
ジョコビッチはチャンピョンの資格なし!

ウィンブルドンの男子シングルス決勝戦。第3セット中、ノバク・ジョコビッチは騒ぐ観衆に向かって、「Shut the fuck up(黙れ、コノヤロウ)」と発言。

日本の主要メディアは拾っていないが、ウィンブルドンのコート上でこの表現は禁句だ。決して口にしてはいけない言葉。

アメリカの飲み屋でこの言葉を使ったらパンチが飛んでくることを覚悟しなくてはいけない。喧嘩を売っているのに等しい。

映画やテレビドラマではいくらでも使われる表現だが、日常生活で本気で使うべきではない。というより、人間の資質を問われる。

ウィンブルドンのチャンピョンとしての資格なしだ!

djokovic7.16.18

Photo from Pinterest