堀田佳男 Profile
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ
バックナンバー
2017年5月 (17)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day,北朝鮮 ― 2016年9月11日
北朝鮮への新たな一手

どうして同じことを繰り返すのだろう。

北朝鮮の核実験とミサイル発射もさることながら、日米韓を始めとする「こちら側」の対応がいつも同じであることに苛立ちを覚える。国連安全保障理事会の対応も同じである。

2006年10月に北朝鮮が1回目の核実験を行ってから、今回で5回目になるが、「強く抗議する」とか「さらなる制裁」を繰り返すだけだ。10年たっても北朝鮮の核実験を止めることはできない。

対応がすでに恒常化してしまっている。日本もアメリカも、安保理の制裁も機能していない。北朝鮮にミサイル発射や核実験をやめさせるためには、次の「新たな一手」が必要なはずだが、そこには踏み込まない。

5回目の核実験後でも、①日米韓の連携を強化し、②中国に北朝鮮への圧力を促しながら、③迎撃ミサイルを含む防衛体制を整備し、④経済制裁をかけることに終始する。

安保理も日米韓も北朝鮮の軍事挑発を止めることに、真剣に対処していないとしか思えない。というより、表面的に制裁や抗議をしながら、実際には北朝鮮に手出しをしないという取り決めができているように思えるくらいだ。

「新たな一手」というのは軍事行動である。北朝鮮の核兵器や弾道ミサイル基地に先制攻撃をしかけるシナリオは、ペンタゴンがすでにシミュレーションとして描いている。韓国軍も加わるだろう。

だが先制攻撃をした後のシナリオを真剣に考えると、全面戦争へと発展する可能性があるため、容易に攻撃もできない。そうなると、これまでのような無益といっても過言ではない制裁や抗議を繰り返すことになるのか。いまのままでは金正恩の考えを変えることはできない。

儒教思想の国家(北朝鮮)にとって、「外のモノは邪悪で内のモノは正義」という見方は確固としたまま何十年も変わらない。5年前に平壌に足を運んだ時に学んだことである。

「新たな一手」があるなら、ぜひ見せてもらいたい。

カテゴリー: 北朝鮮 ― 2013年4月19日
戦争はできない北朝鮮

     north-korea1-096.JPG

(平壌市内に立つ婦人警官)

国会議員を囲んだ定例の勉強会に、朝鮮半島情勢を専門にするT氏が現れた。

もっとも関心があるのは、第一書記である金正恩は本当に戦争をする気があるのかということだ。韓国やアメリカ、また日本に対する脅しはどこまで本気なのだろうか。

最初の質問に対するT氏の答えは、はっきりした「ノー」である。金正恩は米韓と戦争する気などまったくないことが、さまざまな角度からの分析で明らかになっている。

2番目の質問にしても、全面戦争などする気もなければ、準備もできていないことがわかった。単なる空威張りでしかないので、短・中期的な時間軸で北朝鮮が暴発する可能性はほとんどない。

歴史上、どの国も戦時体制に入る前は燃料や食糧など、モノの流れが活発になる。特に北朝鮮の場合、軍備増強のためには石油が必要になる。

北朝鮮は原油を自国内でまったく生産していないので、中国やロシアに頼らざるをえない。戦争をするためには100万トン以上の石油が最低限必要になるが、昨年北朝鮮が輸入した石油は70万トンでしかない。しかも軍事用に使えるのは40万トンだけで、とても他国と戦争をする体勢ではない。

昨年末から石油が通常よりも大量に北朝鮮に渡ったという事実はない。その他物資も、いつも以上に中国から北朝鮮に動いていたというわけではない。

となると、日米韓は完全に北朝鮮の謀略に乗せられたということになる。

ただムスダン発射の可能性はある。それは戦争とは違う。仮に日本かアメリカがミサイル迎撃システムを機能させて撃ち落としたとしても、北朝鮮は報復に出てはこられないというのがT氏の見方だ。

誰もが予想していたことだが、威張りちらすだけで実態がともなわない金正恩の姿があらためて浮かび上がった。

カテゴリー: 北朝鮮 ― 2013年4月2日
もう始まっている?第二次朝鮮戦争

「ドイツではもう朝鮮戦争が始まっていることになっているよ」

2日午後、友人のドイツ人記者は顔を合わせるなり、そう言って笑った。

「北朝鮮から漏れ伝わる情報が、メディアを先走らせる結果になってる。笑ってしまうよね」

勇み足が得意な日本の週刊誌だけではないのだ。どこの国のメディアも、特に見出しについては読者の目を引くために過激になっている。

戦争が勃発する可能性は低いと読むが、ないことはない。その時、どのメディアが最初に開戦を報道するのかが、業界での競争になっている。

馬鹿げた争いである。仮に始まったとしても、その報道タイミングは数分か数十分の違いだけである。そこに価値を置くこと事態、意味がない。

それよりも金日恩が何をしようとしているのかを正確に理解することが大切だ。アメリカの政府高官や分析官、シンクタンクの研究者がさまざまなルートを使って真意を探ろうとしているが、わかっていない。

金日恩はまだ若く、何をするのか読めないという人が多い。過激な発言をしているだけで、戦争を始めたら敗北が決定的なのは北朝鮮であることを理解しているとの期待はある。

ただ憶測の域を出ていない。正確に把握している人は西側にはいない。

日本のメディアに登場する人も、その言動はすべて憶測である。それをあらかじめ断るべきである。

なぜ金正恩の真意を読めないのか。近年、誰一人として金正恩と会談したりインタビューした西側の人間がいないこと。そして北朝鮮政府内にスパイを送り込めていないことが挙げられる。少なくともヒューミント(人による諜報活動)は機能していない。

本当に第二次朝鮮戦争ということになると、2年前の3月11日どころの騒ぎではなくなる。(敬称略)

カテゴリー: Thought for the day,北朝鮮 ― 2012年12月13日
核心は闇のなか

北朝鮮が12日午前、長距離ミサイルを発射した。

新聞やテレビは発射の意図と背景を必死に説明しようとしている。専門家によって解釈がそれぞれ違うので、誰も北朝鮮側の真意を言い当てていないようにも思える。

昨年4月にピョンヤンに出向いて気づいたのは、あの国は労働党幹部から一般国民にいたるまで、今年を「強盛大国」の完成年として軍事的にも経済的にも強国になるために一致団結していた点だ。

「強盛大国」という言葉が使われ始めたのは1990年代の後半で、特に過去5年ほどは今年が金日成の生誕100周年であることもあり、目標期限としてきた。いまは継続される方向にある。

現地に行って驚かされたのは、いまだに金日成があの国家では「神」であり、息子の金正日は「神の子」、孫である金正恩はまだ「坊や」という位置づけだったことだ。

その神の生誕100周年と神の子の1周忌に合わせ、ミサイルの打ち上げに成功して国民を鼓舞することが今回のミサイル発射の最大の動機だったのではないか。特に金正日の遺訓であるミサイル打ち上げを貫いたということがあの国にとっては意義がある。

国連安保理の制裁や日米からの警告などは、北朝鮮にとってはまったくの逆効果であることをそろそろ学ばないといけない。

儒教思想の国家にとって、「外のモノは邪悪で内のモノは正義」という見方は確固としたまま何十年も動くことがない。さらにメンツをたてる文化は日本以上で、今回の成功で「坊や」の顔もたてることもできた。

外圧などに決して屈してはいけないと考えることで、あの国はインターネットの時代にあって、ますます唯我独尊の境地に入りこんでいる。

pyongyang.JPG

ピョンヤン市内の交差点(昨年4月)

カテゴリー: 北朝鮮 ― 2012年4月6日
北朝鮮の花火

アメリカ連邦上院外交委員会の東アジア太平洋小委員長のジム・ウェブが5日午後、東京の日本外国特派員協会で記者会見を行った。

                    

 dsc00440.JPG

                       

「北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した場合、明らかに国連安保理決議に違反する行為だ。ただ、北朝鮮政府は透明性というものをまったく持たないので、交渉を開始することすらできない。しかも彼らがいったい何を考えているかさえも探れない状態が続いている」

公の席ではほとんど諦めの境地といえる発言である。実際に、アメリカをはじめとする周辺国の韓国や日本がミサイル発射を止めることはできないだろう。国連決議など過去何十年も、特定国の横暴な行為を阻止する効力をほとんど発揮できていない。

イスラエルがイランの核兵器に脅威をいだき、先制攻撃をする可能性を示唆しているが、日本は北朝鮮にその素振りどころか、意気込みさえも見せない。もちろん先制攻撃をしたあとの因果関係を考慮すると、攻撃などしかけない方がいいのだが、精神性という点において、いまの日本人には北朝鮮と戦うオプションは持たない。

仮にミサイル攻撃された場合、国民はどうすべきかの議論すら起こらない。来週にもミサイル発射となる可能性が高いが、傍観者のままだ。

私は上院議員に対し、アメリカの北朝鮮への諜報活動について訊いた。「本当は公表できない内容を抱えているのではないか」という質問だ。

「いまの北朝鮮からは本当に情報がとれない。オペイク(Opaque:くすんでる)!」

昨春、首都ピョンヤンに滞在したが、そのくすんだ部分の中心部が見えたわけでもない。それほど厚いベールに覆われてる。

わかっているのは4月15日が故金日成の生誕100周年で、軍事、経済、政治を強化する「強盛大国」を目指しているということだけだ。あの国に足を踏み入れれば、国民が信奉しているのは金正日でも金正恩でもなく、いまでも金日成であることが分かる。その延長線上にICBMの発射があるのだ。

そう考えると、ミサイル発射は式典を祝うための大がかりな花火というレベルかもしれない。(敬称略)