堀田佳男 Profile
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
バックナンバー
2019年5月 (11)
2019年4月 (15)
2019年3月 (17)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2019年5月3日
ひとり飲み

長年の友人であり仕事仲間でもあるカメラマンのO氏と、上野の焼き鳥屋を数軒はしごした。

O氏とは20年くらいの付き合いである。彼はニューヨークで、私はワシントンで長年仕事をしたあと、互いに日本に戻ってきた。最初の仕事は雑誌「アエラ」で一緒にフロリダに行った時だったと記憶している。

最初に入った焼き鳥屋では、並んでカウンターに座った。我々の左横に4席分のスペースが空いていて、順次おひとり様の男性がやってきてグラスを傾けている。生ビールの人もいれば、ホッピーセット、焼酎のお湯割りを注文する人もいる。

それぞれが自分たちのペースで好きなものを食べ、飲み、そして1時間か1時間半くらいで帰ってゆく。私はカウンターの右端に座っていた。少しカーブのついたカウンターだったので、全員の顔が見渡せる。

ひとり飲みの彼らはほぼ間違いなく常連で、メニューを見ることなく食べ物を注文した。しかも全員が酒に強いように見えた。顔を赤らめずに2杯以上飲んでいる。こうした飲み屋ではかなり「普通」の光景である。

彼らは自分の世界を持っているし、それを誰からも邪魔されたくないとの思いがあるので、互いに話しかけることもない。店員とも話をしない。

ただこの光景をアメリカ人が見たら、「なぜ彼らは隣の人と話をしないのか」との疑問を抱くだろう。一人で寂しくないのかと訊くに違いない。しかもそれぞれのスペースはそれほど広くはなく、小声でも隣の客と話ができる距離なのだ。にもかかわらず全員が黙々と焼き鳥を口にいれ、酒を飲んでいる。そして静かに帰っていく。

まるで「自分はそこにはいませんでした」と断言できるほど存在感をなくしているかのごとくなのである。

私もたまにひとり飲みをするので、彼らの気持ちはよくわかる。けれども私はおしゃべりなので、すぐにマスターや店員さんと話をしてしまう。ひとり飲みの人が横にいたら話しかけてしまうこともある。

狭いスペースでひとり飲みの彼らが次から次へとやってきて、自分の空間と時間を大切にする彼らの姿をみて反省するのである。

「これからはひとり飲みの人にむやみに話しかけるのはよそう」と。