堀田佳男 Profile
2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ
バックナンバー
2019年6月 (9)
2019年5月 (19)
2019年4月 (15)
2019年3月 (17)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day,国際政治 ― 2018年12月21日
トランプがまた解雇?ーマティス国防長官

またアメリカの話で恐縮だが、日本時間21日午前、トランプがふたたび閣僚のクビを切った。今度は国防長官ジェームズ・マティスである。

表向きはマティスが辞任を表明したとあるが、ペンタゴンを取材する記者によれば「トランプが解雇したと思って間違いない」という。というのも、「マティスは国防長官をずっと続けたがっていたし、年末も中東を訪問して現地にいる米兵の慰問をする予定でいた。だがその予定をキャンセルした」ことからも、トランプによる解雇である公算が強いという。

トランプは昨日、シリアに駐留する米兵2000人の早期撤退を発表したばかり。さらにアフガニスタンにいる米軍の縮小も検討しており、マティスの考える米軍の展開とは基本構想が違っていた。

マティスはヨーロッパ諸国のリーダーや国防担当の閣僚とも意思の疎通ができていた人だった。トランプのシリアからの米兵撤退は時期尚早というのがマティスだけでなく関係国の認識で、米軍が撤退することで「俺たちを置いてけぼりにするのか」と考える他国兵士やクルド人たちがいた。シリアはまだ平和と呼べる段階に到達していない。

トランプはマティスだけでなく周囲にいる国防担当アドバイザーの話を無視するようにして米軍撤退を決めたという。マティスはトランプの考えに反対したと思われるが、トランプに反対すれば結果は解雇、ということになる。

これがトランプのクリスマス・プレゼントということかー。(敬称略)

カテゴリー: Thought for the day ― 2018年12月20日
自分の声を聴く

ラジオを聴く機会はほとんどないが、先ほど(20日午後6時半頃)仕事が終わってから久しぶりにパソコンでラジコ(http://radiko.jp)をクリック。

私はラジオにも時々出演しているが、オンタイムで自分の声は聴けない。だがラジコを使えば1週間前までの番組を聴くことができる。今週月曜に文化放送に出たので、その時の番組にチューニング。

本当に久しぶりにラジオで流れる自分の声を聴いたが、声が上ずっていた。スタジオで話をすることに緊張感はもうないが、声質がガサツな感じがして落ち着かない。

聴いてくださった方から「声がいい」と言われることもあるが、手で耳を塞ぎたくなり、途中で聴くのをやめた。

ただ月曜のゲストは女芸人「Aマッソ」のお二人で、彼女たちのテンポのいい話が楽しく胸の奥をくすぐられた。「尖った笑い」とも言われる「Aマッソ」。これから放送メディアでどんどん暴れてほしいと思う。

Amasso12.20.18

Photo from Twitter

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2018年12月19日
Christmas weeks(5)

unionstation12.18.18

毎年暮れになると登場する首都ワシントンのユニオン駅にかけられる巨大リース。

カテゴリー: Japan Business Press ― 2018年12月17日
外堀の埋まったトランプ大統領ーJBPress

ロシア疑惑に大きな転機が訪れている。

同被告は今年8月、脱税や選挙資金法違反などで有罪が確定しており、実刑判決が出されると言われていた。

今回注目されたのは、トランプ・オーガニゼーション社に10年以上も籍を置いた(副社長)トランプの右腕と呼べる人物が禁固刑を受けたことにより、トランプの外堀が埋められつつある点だ。(続きは・・・外堀の埋まったトランプ大統領、迫り来る弾劾の日

カテゴリー: ニューウェーブ ― 2018年12月16日
Christmas weeks(4)

christmas12.14.18

うちの猫ではありません。

我が家の猫は今年6月に他界。いま自宅に動物はいませんが、外で犬や猫をみるとついつい触りにってしまうので、時々散歩途中の犬のオーナーに嫌な顔をされます。