堀田佳男 Profile
2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
バックナンバー
2019年3月 (13)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: アメリカ社会 ― 2018年11月26日
ロシア疑惑(12)

当ブログでロシア疑惑についてシリーズで書いてきたが、前回(8月22日)から3カ月以上も時間がたってしまった。

今年5月、特別検察官ロバート・ムラードナルド・トランプを起訴しない旨をホワイトハウスに伝えた時点で、私はムラーの役割はほぼ終わったと考えていた。ムラーは2001年から13年までFBI長官だった人物で、捜査のプロである。

そのムラーが「起訴はない」と判断した以上、トランプに手錠がかけられることはないと誰もが判断する。しかし、ムラーは過去1年半の捜査の最終報告書をまだ提出していない。

期限が決まっていないので、最終的な報告書が完成するのは来春になるかもしれないが、内容によってはトランプの大統領としての立場は脆弱になる。

ムラーは先日、20問ほどの質問状をトランプに送り、ホワイトハウス側がそれに答えたばかり。今後ムラーがトランプを起訴する可能性は低いが、報告書の内容をもとに連邦下院で過半数を奪った民主党がトランプの弾劾を前提にした動きを加速させてくることは考えられる。

弾劾には、下院で弾劾法案を通過させてから、上院で3分の2以上の議決が必要になるので、トランプを弾劾させることは事実上無理と言われている。

しかし、司法関係者の中にはトランプに召喚状を送り、大陪審の前でロシアとの関係を問いただし、最終的には最高裁まで事案をもっていくことができると判断する者もいる。

まだロシア疑惑は終わっていないのである。(敬称略)