堀田佳男 Profile
2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ
バックナンバー
2019年7月 (8)
2019年6月 (16)
2019年5月 (19)
2019年4月 (15)
2019年3月 (17)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: アメリカ社会 ― 2018年7月19日
中間選挙を斬る(2)

「中間選挙を斬る」シリーズの第2回目である。第1回目(7月2日)の最後に「なぜ与党は中間選挙で勝てないのか」と書いた。今回はその点について記したい。

アメリカ連邦議会の現在の与党はトランプの政党である共和党である。11月6日の選挙で、私の読みでは特に下院(定数435)において民主党が過半数を奪う。つまり共和党は負ける可能性が高いということだ。

いくつかの理由がある。今回は最大の理由を述べたい。このシリーズは11月まで続けるつもりなので、今後はマニアックになっていく予定なのでお付き合いいただきたい。

野党(民主党)が勝つ理由のカギは投票率にある。中間選挙は大統領選と違い、投票率が40%に満たないことが多い。大統領選では60%前後あるので大きな違いがある。

いつの時代でも、有権者は中間選挙にシラケ気味だ。大統領を選ぶわけではないので、投票所にいく人が少ない。特にいまでもトランプを支持し、現在の経済状況に大きな不満をもたない共和党支持者は「このままでいい」と考えて投票に行かない傾向がある。

一方、反トランプ派の有権者は、現在の共和党優位の議会の状況だけでも変えようと思って投票にいくため、現政権への反対票として民主党議員に一票を入れることになるのだ。

DSC00433

上の写真はオハイオ州コロンバス市の投票所で、2014年中間選挙を取材した時のものだ。オハイオ州といえば、共和・民主が拮抗する激戦州であるが、シラケていた。

「盛り下がり」がすごくて町をゆく人は、まるで中間選挙が行われていないかのごとくで、取材をしていてこれほど熱が入らないことも珍しかった。同年の投票率は36.4%。

この年も与党(オバマの民主党)が負けた。(敬称略)