堀田佳男 Profile
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ
バックナンバー
2018年7月 (12)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2018年7月9日
振り遅れる英語

長い間アメリカに住み、2007年に日本に戻ってから11年がたつ。たまに「英語は忘れませんか」と訊かれることがある。

「痞(つか)えます。話をするスピードも落ちました」

本音ではあまり認めたくないが、間違いなく英語力は落ちている。帰国してから英語力をなんとか保とうと思ってきたが、緩やかな下り坂をいまも降り続けている。

下り坂を歩みだしたのは帰国してからすぐのことである。09年のブログですでにアメリカ人と話をした時の戸惑いを「140キロの速球に振り遅れている感じがある」と書いた(英語の忘れ方)。あれから9年がたっているので、いまでは130キロの球も跳ね返すことが難しいという感じか。

それでも仕事柄、英語を使わざるをえない。英語でインタビューをすることもあるし、同業の外国人記者とよく話もする。一緒に食事をし、カフェにいってさまざまな話をする。だがいまはアメリカに住んでいた時の英語力を100とすると70くらいか。

ずっと坂を下りている感覚がある。しかし話す力に限ったことである。ありがたいことに英語を聴く力は落ちていない。

滞米中といまを比べても、テレビやラジオ、アメリカ人の言うことは以前と同じように理解できる。どんなに早口で話されてもだいじょうぶである。不思議なものだ。

しかし英語で咄嗟に議論の切り返しをしなくてはいけない場面では、ワンクッション、いやツークッションいれるようになってしまった。

もどかしいことこの上ない。復活させるにはアメリカに戻るしかないだろうが、いまはその計画がないので、聴くことができるだけでもいいと思うようにしている。