堀田佳男 Profile
2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ
バックナンバー
2018年9月 (13)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2018年7月31日
米中間選挙:反トランプで下院は民主党勝利へ

米中間選挙(投開票日は11月6日)まで残り100日を切った。

4年ごとの大統領選と違い、有権者の関心は低いが、今年は共和・民主両党が例年以上の選挙資金を投入して連邦議会の過半数を狙っている。

まず中間選挙の基本情報を踏まえておきたい。

中間選挙は連邦上院議員(任期6年)100人の3分の1と、全下院議員(435人:任期2年)を選ぶ選挙である。そのほか今年は36州の知事(任期4年)選も行われる。

現在は共和党が上下両院で過半数を占めており、ドナルド・トランプ大統領(以下トランプ)は重要法案を通過させるためにも過半数維持にあらゆる方策を講じてくるはずだ(続きは・・・米中間選挙:反トランプで下院は民主党勝利の公算)。

カテゴリー: Thought for the day ― 2018年7月26日
激夏に思う

ここ数日、暑さは和らいでいるが、今年の夏は激夏と呼んでいい。40度近かった日は、早く秋になってくれないかと真剣に願った。

けれども小学生の頃は夏が嬉しかった。

夏休みが待ち遠しかったし、ジリジリと照りつける太陽が心を躍らせた。白い雲が紺碧の空に浮き、セミが鳴いているだけで心は右に左に揺れた。

あの日に戻れないことはわかっているので、せめて碧い空を眺めることにする。

dsc00910.JPG

カテゴリー: Thought for the day ― 2018年7月23日
トランプの異常性

これを異常性と呼ばずして何と言ったらいいのだろうか。

今月16日にフィンランドのヘルシンキで米露首脳会談が行われた。そこでトランプはプーチンに2016年のアメリカ大統領選の介入の真偽をあらためて問いただした。

プーチンの答えはもちろん「ノー」だった。トランプはプーチンが「ノー」と断言している以上、ロシア政府は介入していないとしてプーチン側に身を寄せてしまった。

すぐにトランプ政権内だけでなく、連邦議会の共和・民主両党議員、さらにCIAを含む情報機関から非難の声があがった。「大統領は自国の情報機関の結論を無視して敵国の側についた」という、当然と思える反応である。メディアもトランプを責め立てた。

ワシントンに戻ったトランプはすぐに「言い間違いをした」と弁明。やはりアメリカの情報機関の結論の方が正しかったと認めたのだ。

だが話はまだ終わらない。日本時間の今日(23日)午前7時半になって、トランプはツイートで「オバマはどうして(大統領選中に)われわれの選対に(ロシアからの介入があったことを)言わなかったのだ。つまり(介入そのものが)作り話だからだ」と書いて、再びロシアの介入を否定してみせた。

私はレーガン政権時代の1982年にワシントンに渡り、以来ずっと大統領の言動を見てきたが、ここまで短期間で自分の立場を何度も変えた大統領はいなかった。

この意味において、トランプは大統領としての異常性を抱えていると述べていいかと思う。(敬称略)

カテゴリー: お知らせ ― 2018年7月22日
Media appearance

明日の放送メディア出演予定:

 

・7月23日(月)9:00amから 文化放送AMラジオ(出演は11:00am過ぎから) 『くにまるジャパン 極 

 

トランプのプーチンへのラブコールが目立っている。先週月曜(16日)の米露首脳会談でもプーチンの肩を持つ発言をしてアメリカ国内から反発を買い、すぐに発言を否定してみせた。

トランプはプーチンに対して歴代大統領とは違う態度をとり、ロシアの「全体主義的資本主義」への羨望を抱いているかにさえみえる。明日はそのあたりのことにも触れられたらと思っている。(敬称略)

カテゴリー: アメリカ社会 ― 2018年7月19日
中間選挙を斬る(2)

「中間選挙を斬る」シリーズの第2回目である。第1回目(7月2日)の最後に「なぜ与党は中間選挙で勝てないのか」と書いた。今回はその点について記したい。

アメリカ連邦議会の現在の与党はトランプの政党である共和党である。11月6日の選挙で、私の読みでは特に下院(定数425)において民主党が過半数を奪う。つまり共和党は負ける可能性が高いということだ。

いくつかの理由がある。今回は最大の理由を述べたい。このシリーズは11月まで続けるつもりなので、今後はマニアックになっていく予定なのでお付き合いいただきたい。

野党(民主党)が勝つ理由のカギは投票率にある。中間選挙は大統領選と違い、投票率が40%に満たないことが多い。大統領選では60%前後あるので大きな違いがある。

いつの時代でも、有権者は中間選挙にシラケ気味だ。大統領を選ぶわけではないので、投票所にいく人が少ない。特にいまでもトランプを支持し、現在の経済状況に大きな不満をもたない共和党支持者は「このままでいい」と考えて投票に行かない傾向がある。

一方、反トランプ派の有権者は、現在の共和党優位の議会の状況だけでも変えようと思って投票にいくため、現政権への反対票として民主党議員に一票を入れることになるのだ。

DSC00433

上の写真はオハイオ州コロンバス市の投票所で、2014年中間選挙を取材した時のものだ。オハイオ州といえば、共和・民主が拮抗する激戦州であるが、シラケていた。

「盛り下がり」がすごくて町をゆく人は、まるで中間選挙が行われていないかのごとくで、取材をしていてこれほど熱が入らないことも珍しかった。同年の投票率は36.4%。

この年も与党(オバマの民主党)が負けた。(敬称略)