堀田佳男 Profile
2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
カテゴリ
バックナンバー
2019年6月 (10)
2019年5月 (19)
2019年4月 (15)
2019年3月 (17)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2018年2月22日
ハッとした瞬間のあと

先日、地下鉄の日比谷線に乗ったときのことだ。

車内は比較的すいていた。だが座れる場所があるわけではない。私はドア付近にたって、つり革につかまっていた。

ふと左側をみると、端正な顔立ちの女性が座っている。色白で肌つやもいい。鼻筋がとおり、横から見ただけでも眼光の鋭さがわかるほど眼が輝いていた。ショートヘアがよく似合う。

あまり凝視しては失礼なので、車内の動画スクリーンに眼をやった。だが、すぐに彼女の横顔をみてしまった。私の中にほのかな疑念が生まれていたからだ。

「もしかしたら男性・・・」

次の駅で席が空いたので腰を下ろした。女性の斜め前だった。

ハッとした。

正面からみると、紛れもなく男性だったからだ。女性に見えるわけがないくらい男らしい顔立ちをしている。男物の靴がなによりもの証拠で、間違いなく男性だった。

しかし、なぜ横から見たときに女性と間違えたのか。

目的の駅について私は立ちあがった。男性はまだ座っている。ドアに向かって歩く途中、最初に女性だと思った位置からチラ見した。

髭が薄く、肌が女性のような光沢を放っていることに気づいた。さらに髪の毛も、短いながらも艶のある女性のショートカットと言えるスタイルだった。

横顔と正面の印象が違う人は少なくないが、男と女を見紛えてしまう人はどれほどいるだろう。

「あの人は女性にたいそうモテるかもしれない」と思っているうちに改札を出ていた。