堀田佳男 Profile
2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
バックナンバー
2019年6月 (10)
2019年5月 (19)
2019年4月 (15)
2019年3月 (17)
2019年2月 (16)
2019年1月 (16)
2018年12月 (21)
2018年11月 (16)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2017年12月11日
コメンテーターの難しさ

自分でやるまでは「誰にでも務まるはず」と思っていた。テレビの情報番組のコメンテーターである。

これまで何度思ったことか。コメンテーターの言葉には、飲み屋の席で仲間と語りあうレベルのコメントが少なくない。ずっとそう思っていた。だから誰にでも務まると考えていた。

だが、自分がコメンテーターとしてテレビにでるようになって、いかに大変な仕事であるかがわかった。なにしろ視聴率5%でも約500万人が観ているのである。

人からどう思われようが、自身のブログやSNSが炎上しようが関係ないと断言できる人であればいい。しかし無責任な話をすれば、すぐに視聴者からの負の反応がある。自身のイメージも悪くなる。

なにより驚かされるのは、番組で共演する専門家たちの知識と柔軟さである。

誰もが得意分野をもつ。特定の分野では誰にもまけないといった人たちがすぐ横に座る。しかも彼らの多くは、どんなテーマであってもこなせる柔らかさと語れるだけの知識を蓄えている。

毎日いくつもの新聞を読み込んでいる。殺人事件からロヒンギャ問題、北朝鮮問題から貴ノ岩問題まで、これまで誰も口にしなかったコメントを隠し持っている、ことが多い。

仕事だから当たり前と思われるが、四六時中、時事問題を追っていないとついていけない。番組前の控室やCM中に共演者と話をすると、彼らがいかにイマを追い、瞬間を逃さずにいるかがひしひしと感じられて、怖くなることがある。

自分はどこまでできているのか・・・