堀田佳男 Profile
2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリ
バックナンバー
2017年8月 (12)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2017年4月20日
プカプカ・フー

Sheesha4.20.17

自宅から歩いて2分のところに小さなカフェがある。

以前から気になっていたお店だが、入ったことはなかった。中東出身と思われる背の高い男性が1人で切りもりしている。

いつかは行ってみようと思っていたが、なかなか入る気が起きなかった。

というのも、いつ通ってもお客さんがほとんど入っていないのだ。しかも、店の奥まで見通せるほど明るく、「いまお茶しています」と近所の人たちに宣言しているようで、一歩が踏みだせない。

ただ、心の奥の方で「入ってみたら」とささやく声もあった。シーシャ(水タバコ)を出す店だったからだ。

エジプトに行ったときに初めてシーシャを吸った。随分前のことだ。ニコチンもタールも含まれないタバコで、1時間くらいプカプカ・フーができた。

私は高校から大学にかけての数年だけ、タバコを吸った経験がある。大学2年時に止めてからはまったく吸っていない。

水タバコは中毒性がないのでいいと思い、ルクソールのホテルのそばのカフェで地元の男性たちと並んで、煙を吸った。ハイになるわけではないが、鼻腔に心地よさが残った。

エジプトにいる間、ほぼ毎日シーシャを口にあてたが、日本に戻ってからは吸う機会がなかった。

先日、またカフェの前を通り過ぎた。相変わらず人気がない。でも思い切って「シーシャは吸えますか」と中東系の男性に訊くと、流暢な日本語で丁寧に受けこたえした。

20種類以上のフレーバーがあり、私はオススメに従ってキウイを選んだ。

エジプトで吸ったシーシャの味わいが少しだけ蘇ってきた。だが途中から、「煙は消化できません」というメッセージが胃からわきあがってきた。肺ではなく腹部からきた。

それからしばらくして席を立った。なんとも言えない違和感が残り、エジプトで経験した心地よさの記憶が消えそうになった。

たぶんもうあのカフェで、プカプカ・フーをやることはないと思う。