堀田佳男 Profile
2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
バックナンバー
2017年5月 (13)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2015年5月31日
死なせてくれない社会

このブログを定期的に読んで頂いている方は、「今月は本数が少ない」と思われているかもしれない。身内に不幸があり、ブログだけでなく連載原稿も何本かパスさせて頂いた。

「人は死を選べない」とよく言われるが、自殺以外、どこでどう息を引きとるかは自分で決められない。それが人間の運命であることはわかっているが、「最後の選択」は自らが決められないものなのか。

80歳を優に超えて十分に人生を楽しんだという実感があれば、「管につながれてまで長生きしたくない」と、多くの方は考えているかもしれない。

だが実際にはそう簡単に死なせてくれない、、、のが今の社会である。

たとえば寝たきりになり、口から物を食べられなくなると静脈から点滴で高カロリーの栄養剤を注入されて半年以上は生きることになる。

物を飲み込むという作業は普通の人であれば意識せずにできるが、実はくちびるから喉を通過するまでに30ほどの指令を脳に送っているという。

「管につながれてまで、、、」という意味はまさにこの状態で、物を食べられなくなった時点で臨終を覚悟できる人は多いだろうが、現在の医療現場では、ほとんどそのまま死ぬことを許してくれない。

それだけではない。80年代に米国で開発された胃ろう(PEG)を選択すれば、ベッドの上で寝たきりのまま5年以上も生きていられる。

胃ろうは胃に穴をあけて(腹壁を切開)、そこから直接水溶性の食べ物を流し込む処置をいう。過去数年、病院で胃ろうを行っている患者さんを何十人もみてきた。少し前の統計では、日本全国に26万人もの患者さんがいる。

本人がそれを望んでいれば何も言うことはない。ただ本人が望まないまま、胃ろうの処置をされる人もいる。「母親には1日でも、いや1秒でも長生きしてほしい」と言って、言葉がでなくなった母親の代わりに娘さんが胃ろうを選択したケースを見た。本当に母親がその選択を望んでいたのかはわからない。

少なくとも、認知症や脳卒中、その他の病気で患者本人ではなく、家族の判断で管につながれて生きざるを得ない状況がうまれているのは事実である。

若い時からどう死ぬかということを考え抜いていたとしても、いざ年老いて病気になり、自分の意思を医師に伝えられない場合が少なくない。

さらに、「点滴の管を抜いてくれ!」と言ったところで病院はそれを受け入れてくれない。抜いてしまうと病院側が殺人罪に問われないとも限らないからだ。やはり患者は自分の死に方を選べない。

そうなると尊厳死というオプションを考えざるをえない。過去何年か、日本でも尊厳死の法制化をすべきだと思っている。

カテゴリー: Japan Business Press ― 2015年5月29日

ドローン―。

日本の首相官邸の屋上に落下した頃から、急速に注目度が増している。5月20日から22日まで千葉県の幕張メッセで第1回ドローン展が開かれたこともあり、関心は高まる一方だ。

米国はドローンの先進国と思われているが、世界をリードしているのは商業用ではなく軍事用の分野で、無人攻撃機「プレデター」は世界に名が通っている(「ドローンよ高く飛べ!」と願うオバマの野望)。

drone529.jpg

Photo courtesy of the Wolf of Wall Street

カテゴリー: Thought for the day ― 2015年5月23日
終わりというスタート

   davidletterman5-23.jpg

Photo courtesy of CBS

日本ではほとんど馴染みのないアメリカのテレビ番組の司会者デイビッド・レターマンが番組を降りた(もうひとつの長寿番組の終焉 )。

降りたというより、33年も続けていた番組をついに終えたと表現すべきだろう。アメリカのテレビ司会者の中では最も好きな人だったので、レターマンが姿を消すということは、ある時代が確実に終わりを告げたことに等しい。

けれども年配者が現役を引退し、ただ寂しいと述べているだけでは自分も下り坂を降りているようで、どうも釈然としない。

何かが終わるというのは、別の視点から眺めると何かが始まることであり、そこに新しい波が生まれるとしたら、私はそちら側に身を置かなくてはいけないと真剣に思う。

68歳のレターマンはすでに億万長者であり、これから何もしなくとも経済的には困らないだろうが、テレビ局はそのあとに続く番組をつくるわけで、ニューウェーブをつくって新しい時代をけん引しなくてはいけない。

テレビだけではない。出版や広告、どんな業界でも一つの終わりは新たなモノがスタートすることを意味する。

今日はしきりにそんな思いにとらわれた1日だった。(敬称略)

カテゴリー: Thought for the day ― 2015年5月17日
いじめっこから届いたメッセージ

アメリカの地方ニュースを読んでいると、面白い記事にであった。

西海岸ロサンゼルス近郊に住んでいるチャッド・モリセットさん(34)は商品ブランドを立案するコンサルタント。自身のフェイスブックに、ある男性から1通のメッセージが届いた。そこにはこう書かれていた。

「10歳の娘が聞いたんです。お父さんはこれまで人をいじめたことがある?私は即座に「あるよ」と答えていました。直後、中学時代にあなたをずっといじめていたことが脳裏に蘇りました。すみませんでした。できればお目にかかって謝罪したいです。本当にごめんさない」

突然とどいたメッセージは中学時代のクラスメート、ルイス・アマンドソンさん(実名)からのものだった。いじめっこである。憎らしかったいじめっこが素直に謝罪していた。

モリセットさんはメッセージを読むと眼からいくつもの滴がこぼれた。

幼少時代、2人はアラスカ州の小さな町で育った。中学は荒れており、モリセットさんは殺される恐怖さえ覚えたという。

すぐに返事を書いた。

「娘さんに自分が以前いじめっ子だったことをお話できて素晴らしいですね。さらに、いじめた本人に直接謝ったことも娘さんに伝えられたと思います。20年の歳月と子どもの力というのはなんて素晴らしいのでしょう」

カテゴリー: 日経ビジネス・オンライン ― 2015年5月13日

米国の有名シンクタンクが4月、「米保守派の本音」と呼べるほど強硬な対中政策に関する報告書を発表した。

まず核心と言える部分を抜粋するので、お読みいただきたい。

「中国はアジア地域で米国の力を試そうとしている。米国は、そうした抵抗勢力と戦わなくてはいけない。そして彼らを打ち負かすため戦略を練り上げなくてはいけない」

打ち負かす(Defeat)を口語訳すれば「やっつける」で、このような表現が全70ページの報告書のなかで7回も使われている(米国保守派の本音?「やはり中国をやっつけるしかない」)。

us-china513.jpg

Photo courtesy of Searchcode