堀田佳男 Profile
2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ
バックナンバー
2017年5月 (13)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2014年7月31日

西アフリカで大変な事態が起きつつある。

ほとんどの読者の方は、今年2月から西アフリカの3カ国(ギニア、シエラレオネ、リベリア)でエボラ出血熱(以下エボラ)が発生していることをご存じだろう。

先週、ある事件が起きたことで、エボラがさななる拡大を見せつつあるのだ(エイズよりはるかに怖いエボラ出血熱、蔓延の兆し)。

plane-seats1.jpg

カテゴリー: 日経ビジネス・オンライン ― 2014年7月30日

ダメ企業が1人の女性によって蘇った。

社員数が十数人の企業ではない。従業員1万1000超を抱える、店舗数約1700の米外食産業の大手である(マーケティングを変えれば企業は伸びる:米デニーズの復活)。

dennys1.jpg

カテゴリー: Thought for the day ― 2014年7月26日
気づかいの外がわ

いまだに慣れない、、、。

何のことかというと、公共での人の気づかいについてだ。この説明でもまだ分かりにくいので具体例を挙げたい。

妻と山手線に乗った時、空いた席が2つあった。だが空いた2席というのは男性が座った両隣。3席のまん中に座っている男性が右か左に動いてくれれば、妻と並んで座れる。よくある状況だ。

こうした時、日本ではこの男性の気づかいに期待する。なかには「すみません、ひとつずれていただけますか」という人もいるが、かなり稀である。「何も言わなくとも察する」文化が共有されている。

気づかないときは、そのまま男性を挟むようにして座る。この場合、この男性は気配りができていないと思われることがある。スマホの画面を見ていたり、本を読むことに集中していると周囲が見えないことがあるが、「ちょっとずれてくださいますか」と促す人は少ない。都内と地方でもまた違いがありそうだ。

私がアメリカから戻ってきた7年前、平気で見知らぬ人を促していた。だが、その行為が日本では少しばかり違和感をもたれることを学んだ。

アメリカでは逆に、気づかいによって自ら横にずれる人はほとんどいない。いないことはないがまずいない。それよりも、「ひとつずれてくださいますか」と言わない人がまずいないのだ。

それによって気分を害する人はいない。慣れもあるが、知らない人に要求することに抵抗がない。それをこころよく受け入れる。日本では知らない人に指示されることをあまりこころよく思わない心持ちがあるのかもしれない。

察するということは、こちらがモノを言うことを省けるということで、そこに美意識をもつ日本人はすごいと感じるが、声にだして言うべきときは発言すべきだとも思う。

先日、あるカフェにパソコンを持参して原稿を書いていた。そこは道路に面した窓際のカウンターに10人が座れるようになっている。各席にコンセントがあるので、多くの人はパソコンやタブレットを使っている。

西日が射していた。ブラインドが突然上から下りてきて、パソコンの上部にあたった。横にいた男性客がブラインドを下ろすことに何の異論もない。だが、「下ろしても構いませんか」「下ろします」という発言がない。いきなりドンである。

男性客を見た。こちらに視線を合わせない。「ちょっとあなたね、、、、」とは言わなかった。

この人は友人や知人にはいつも丁寧な対応をしているのかもしれない。だが公共の場で、他人に声を発しない。

言葉を失いましたか。それとも小さな勇気がでないのですか。他人に声をかけることに恐怖心を抱くのですか。それとも恥ずかしいのですか。

subway1.jpg

カテゴリー: Thought for the day ― 2014年7月22日
マックの記事、、、、ひるむ!

先週木曜(17日)、ネット上で最もまずいハンバーガーの烙印を押されたマックという記事を書いた。

多くの方に読んでいただき、ツイッターやフェイスブックなどでたくさんのコメントもいただいた。これまで多くの新聞・雑誌で記事を書いてきたが、読者数という点ではネット記事の方が今ははるかに多いように思う。

しかも、ネットでは拙稿を読んだ直後に「わかる!」とか「ちょっと違うんじゃないの」といった反応がくるので、興味深い。炎上しても(たぶん1回だけ)「やられたあ」と思うくらいで、ほとんど気にせずに次の記事を書けるのは、性格的なものかもしれない。

それでも正直に言うと、ネットで原稿を書くもの書きは、誰しも多少の恐怖をいただいているはずだ。会ったこともなければ名前も顔も知らない読者から、匿名で辛辣な「ご批判」を頂戴するからだ。

きちゃったきちゃった、、、という思いがあることは事実である。

私は匿名の意見には何の返答もしない。名前と身分を名乗り、直接わたしのところに言ってくる方には、これまですべてお応えしてきた。そこには怖さと同時にぞくぞくする嬉しさが共存している。

今回はマクドナルドという世界最大のハンバーガーチェーン店について、批判的な記事を書いた。米本社からも日本支社からも何も言ってきていないが、大手企業を批判するときは記事の正確さとそれなりの準備は必要だ。

ただ、さいわいにしてというか、不幸にしてというか、まだ訴えられたことはない。これは逆に言うと、たいした記事を書いていないということかもしれない。

今回のマックの記事では、ある読者の方が昼マックに行こうとしていた時に私の記事を読み、「、、、ひるむ!」というコメントをくださった。実名はわからなかったが、初めて返事を書いた。

「笑いました!ありがとう」

その方はちゃんと返事をくださった。

カテゴリー: Thought for the day ― 2014年7月18日
そういえば最近、、、

妻に花を贈っていないなあ、、、。

dsc01237.JPG

できれば誕生日でも記念日でもない、普通の日に贈りたい、、、と思う。

今日のブログはこれで終わり、、、。