堀田佳男 Profile
2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ
バックナンバー
2017年6月 (12)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2013年10月31日

米国の栄華が終わりを告げようとしている: 死ぬまで働き続けたいと考える人が3分の1以上に

new-york-city1.jpg

カテゴリー: 日経ビジネス・オンライン ― 2013年10月29日

アメリカのイマを読む:星条旗の星の数が52個になる日

stars-stripes.jpg

カテゴリー: Thought for the day ― 2013年10月26日
雨の日は博物館

tokyomm1.JPG

台風27号が本州の南海上を通過していた26日午前。東京は小雨こそ降っていたが、風はほとんどなかった。

こういう日は博物館や美術館に足をむけるといい。とにかく空いている。

上野にある東京国立博物館。現在、「京都」という特別展をやっている。ご覧のように人影はほとんどなかった。残念ながら、展示会場では写真を撮れないが、人の頭ではなく作品をゆっくりと鑑賞できる。

今回の展示の目玉は、400年前の京都の日常を描いた屏風図である。五条大橋周辺を歩く商人や農民、酔っぱらい、芸能者、南蛮人など、卓越な描写力で当時の京都を浮かびあがらせている。

実際の屏風には2700人が小さく描かれているが、今回は4メートル×4メートルという巨大スクリーンが細部を拡大している。おとぎ話が現出されたようで愉しい。もちろん本物の展示もある。

私は勤め人ではないのでウィークデーでもふらっと立ち寄れるが、週末に行かれる方は雨の日の午後が狙い目かもしれない。

カテゴリー: Thought for the day ― 2013年10月21日
つかの間サーファー

「エッ、その歳でサーフィン?危なくない?」

妻はそう言って送りだした。

同業者で30年来の友人K氏は長年サーフィンを楽しんでいる。彼からの誘いをうけて、10月中旬、海に入ることにした。

湘南のビーチであれば、たぶんやっていなかったが、伊豆半島の下田市にある多々戸海岸という知る人ぞ知る絶好のサーフィンスポットに行くという。しかも泊まりがけで、宿には温泉もついている。

ビーチは緩やかな弧を描いていた。毎朝散歩したくなるほどの綺麗な砂浜だ。水も透明度が高い。

ただ真夏ではない。サーフィンそのものより、水が冷たくないか心配していた。だが彼が貸してくれたウェットツーツを着用して入ると1時間ずっと水の中に浸かっていても寒さは感じなかった。むしろ水から上がった時の方が寒い。

実は、サーフィンは初めてではない。10年ほど前にハワイで一度やったことがある。その時はポリネシア人のインストラクターの教えもあり、一度でボードの上に立った。

「俺が教えると2人に1人は立つ」

こう豪語した通り、私は呆気なく立って30メートルほどを走り抜けた。1度だけではなかった。

「意外に簡単じゃない」

浅はかな思い込みを抱いたまま自宅に戻った。

それから随分時間が経過した。人生2度目のサーフィンはそう甘くなかった。2日間でボードに立って海面を進んだと言えるのは1度だけ。まあ、なんとかボードの上に立ちましたというのが数度。

1人でボードに腰掛け、海面で波を待っている間にもバランスを崩して海中に落ちる。パドリングでは右に重心が流れるクセがあり、それでまたポチャン。

周囲にはサーフィン歴10年以上と思われるような老若男女が何人もいる。スッと波をつかみ、立ち上がってビーチの方へ離れていく。沖からの眺めは斬新だった。

私は肋骨の下(ボードが当たる)を痛め、両膝にあざを作り、鼻水を垂らして早々に陸に上がった。何ごとも奥が深いことを思い知るのである。

それにしてもあのハワイの楽なサーフィンはなんだったのだろうか。

カテゴリー: Japan Business Press ― 2013年10月17日

到来! テレビとSNSの共演時代  出演者がつぶやく秘話に若者たちが敏感に反応

twittertv.jpg