堀田佳男 Profile
2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ
バックナンバー
2018年11月 (9)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day ― 2013年7月21日
環境が人をつくる

数年前のことである。ある所でコピー機を利用した。1枚10円。

100円硬貨を入れようとした時である。90円という残高数字が出ている。明らかに前の人がおつりを取り忘れていた。

アメリカにいた時は、間違いなく「ラッキー」という場面である。こうした状況で残金をわざわざ店に返すアメリカ人はいない。たぶん、多くの国でも同じだろう。「天が与えてくれたもの」といった都合のいい解釈をする。

その時、私は残金をそのままにして自分のコピーを取ろうとした。誰もみていない。

「ンー、どうしようか」。心の中に小さな葛藤があった。だが、おつりの返却レバーを押して90円を店側に渡した。店員さんは「あっ、どうも」という当たり前の対応だった。

この反応にたいへん驚いた。アメリカでおつりの返却をしたら、いたく感心されるか、「貰ってもいいのに!正直ですね」という顔をされる。だがその青年は当然の行為という振る舞いで、こちらを見ていた。

「日本に帰ってきたんだな」

25年間の滞米直後だったこともあり、「カウンター(逆)・カルチャーショック」だった。あれから数年が経過した。

先日、まったく同じ状況にでくわした。残金も同じ90円。何のためらいもなく返却レバーを押して、おつりを返した。

やっと「日本人に戻れた」という思いがあると同時に、他国ではこれが「人のよさ」につながり、つけこまれることになる日本人気質であったりもする。

海を越えた時はスイッチを切り替えればいいのだが、機械ではないのでそう簡単ではない。