堀田佳男 Profile
2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
バックナンバー
2018年11月 (9)
2018年10月 (15)
2018年9月 (18)
2018年8月 (13)
2018年7月 (16)
2018年6月 (15)
2018年5月 (15)
2018年4月 (16)
2018年3月 (22)
2018年2月 (13)
2018年1月 (18)
2017年12月 (21)
2017年11月 (18)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Thought for the day,アメリカ社会 ― 2013年5月2日
ボストン爆破テロから見えてくるもの

マサチューセッツ州ボストンで起きた連続爆破テロからすでに半月がたった。

いちおうアメリカの政治・経済から社会問題までを追っている人間として、同事件に何らかの見方を記さないといけない。ただ現地で取材をしていないし、当件で長い原稿をかいているわけでもない。

それでも半月たって見えてきたものがある。

それは実行犯ツァルナエフ兄弟の動機がイスラム過激派としての聖戦などではなく、単なる「若者の葛藤」の発露だったのではないかということだ。

病院にいる弟は、兄と2人でやった犯行であり、大きな組織(アルカイダ等)が背後にあるわけではないと話しているが、そこに嘘はないように考える。

というのも、アルカイダが背後にあったとすると、2001年9月11日のテロ事件から12年がたっていながら犯行そのものに稚拙さが目立つ。防犯カメラに姿をさらし、爆破後の行動計画も練り込まれていない。

もしイスラム過激派と密接な関係にあるとしたら、この程度のテロ行為では済まなかったはずだ。それは手作りの圧力釜爆弾という点でもみてとれる。

実は元CIA(米中央情報局)のテロ対策室にいたフィリップ・ムッドも同じことを述べている。

「単に人が集まるからという理由でボストンマラソンを選んだ安易さがある。それは大きな組織が背後にいないことをうかがわせる。9.11では19人が関与していた。しかも資金提供者がいて、訓練を施した教官もいた。思想的なバックグランドもしっかりしていた。そして少なくとも3年という歳月の準備期間のあとに犯行におよんでいる」

あのテロ事件と比較すると、兄弟の行動はお粗末である。チェチェンからアメリカにやってきて、社会に馴染めなかった現状への不満と怒り。兄弟がイスラム過激派に共有する思想を宿し、それを実践したようには思えない。

犯行動機を問われたときに、イスラム教徒として崇高な理念があったからだと思わせたいだけのようにも見えるのである。

周囲があ然とするようなことをする。そこから見える犯人像は、コロンバイン高校銃乱射事件の実行犯と似てくる。少なくともアルカイダが操っていないことだけは確かなようである。(敬称略)