堀田佳男 Profile
2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
カテゴリ
バックナンバー
2017年3月 (15)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2013年2月28日

全米に広がる「成績の悪い公立学校は閉鎖」の波 先生も事務員も解雇、生徒はホームスクールへ

dscn0267.JPG

カテゴリー: Thought for the day,国際政治 ― 2013年2月23日
日米首脳会談:オバマと安倍の密約?

abe-and-obama.jpg

by the White House

日米では大局観が違う-。

ワシントンで行われた日米首脳会談で、あらためてそう感じた。今回の会談で、「どうしても会いたかった」のはもちろん安倍である。オバマにとって、いま安倍と顔を合わせて詰めなければいけない喫緊の課題はない。

過去30年、ほとんどの日米会談がそうであったように、その思いは一方的である。首相の座についた日本の政治家は、まずワシントンに出向いて大統領に挨拶してきた。アメリカ側の本音は、顔見せ興行的な会談に「会う必要はないけど、来たいのなら会いましょう」といったところである。

今回の会談のテーマを敢えて挙げるならば、オバマにとっては北朝鮮の核問題と尖閣問題。有事のときに何ができるか確認しておきましょうとなる。それがアメリカ側の会談テーマであり、それ以上でもそれ以下でもない。

もちろん、こうした会談の前には外務省、財務省、経済産業省等の官僚が、アメリカ側の役人と会談内容を詰める。TPPやエネルギー問題等は、オバマにしてみるとあくまで「周辺の案件」にすぎず、「せっかく安倍さんがホワイトハウスに来るんだから、まあお話しましょう」くらいの思い入れのはずである。

ただ今回の会談で、私は安倍がひとつだけオバマを頷かせたことがあると思っている。邪推かもしれないが記したい。

安倍はなんとしても今夏の参議院選挙で自民党を勝たせない。そのためにはアベノミクスの効果を夏までもたせなくてはいけない。

現在、円安誘導が功を奏している。それによって輸出業に追い風が吹いている。一方、オバマも輸出倍増論を唱えており、ドル安がアメリカの輸出企業にとっては都合がいい。この点で両者の利害はバッティングする。

ところが安倍はオバマに対し、「参院選まで日本の円安誘導には目を瞑ってほしい」と懇願したのではないか。この条件を飲んでくれたら、日本はTPPに参加しますからといった密約が取り交わされたのではないか。

こうした取引は十分に可能である。自民党が参院選に勝てば、あと3年は自民党の天下である。

同盟国の首脳というのは、こうした約束を交わせる。つまり、オバマの任期が終わるまで安倍も首相を務めるということであり、2人の関係が厚くなることを意味する。

もちろん、上記のことが実際にあったとしても、大手メディアには絶対にでてこない。(敬称略)

カテゴリー: Thought for the day ― 2013年2月19日
「僕にはさがる道がない」

18日、日本外国特派員協会の記者会見に現れた第70代横綱日馬富士。

「僕には家族もいるし、モンゴルという国も背負っている。ここ(日本)で立派に生きることが国への恩返しになる」

そういった後、相撲を辞めて国に帰ることなど選択肢にないという意味で、冒頭のセリフを述べた。

モンゴル人の心意気というより、前に進む以外に道はないという生き方にこの横綱の強さの源泉をみるのである。

それはまた、日馬富士の土俵上でのしきりの仕草にも表れている。まるで腕立て伏せをするように深いしきりをする。角界一深い。

「あれは気合いを入れているのです」

そしてこうもいった。

「本当に相撲協会には感謝しているのです。やらせて頂いているという気持ちです。そして努力はウソをつかない。自分を信じてね、汗と涙で、死ぬ思いで稽古しています」

虚言ははいていないだろう。言葉を選びながら、1時間半の質疑応答に丁寧におうじる姿は外国人記者から好感がもたれた。

「考え方がポジティブだよね」(ドイツ人記者)

そして最後にいった。

「僕はこれから(の横綱)です」

この言葉には気迫が込められていた。日本人も続かないといけない。(敬称略)

dsc00724.JPG

カテゴリー: Thought for the day ― 2013年2月17日
オバマの春休み

日本の大手メディアはほとんど報道していないが、今週末、オバマはフロリダ州ウェストパームビーチでゴルフに興じている。

先週、一般教書演説をすませ、16日にシカゴからエアフォースワン(大統領専用機)でフロリダに入り、すぐに気のあった仲間とラウンドを楽しんだ。彼にとってのスプリング・ブレイク(春休み)である。

仲間が誰なのか気になるところだ。日本ではほとんど馴染みがない人たちだが、オバマにとって「気のあう仲間」というのは誰なのか。

まずゴルフコースの所有者であり、大リーグ球団ヒューストン・アストロズのオーナーであるジム・クレイン。そして米通商代表部(USTR)代表のロン・カーク。元テキサス州ダラス市長で同じ黒人同士、休みにはよくつるんでゴルフをする。

あとはシカゴ時代からの友人の医師エリック・ウィッテイカー。財界からはアンソニー・チェイス、ミルトン・キャロルといった顔ぶれがそろった。そしてゲストとしてタイガー・ウッズがやってくる。

共通しているのが、昨年のオバマの再選時、ほとんどが多額の献金をしたということ。そしてみな億万長者ということである。

彼らの春休みというのは、単にゴルフをするというレベルにとどまらない。ゴルフが終わったら全長61フィート(約18メートル)のクルーザーで海にでてパーティである。

アメリカなのでもちろん家族も一緒だ。総勢50人前後になる。ヘリコプターで送迎をし、スパとフィットネスセンターがついたロッジを貸し切る。

アメリカの億万長者としては、これが「普通」である。オバマはもっと「庶民」のはずだったが、この生活が当たり前になって、一般市民の心はもう理解できないかもしれない。(敬称略)

obamas-golf.jpg

by the White House

カテゴリー: Japan Business Press ― 2013年2月15日

state-of-union2.jpg

by the White House

北朝鮮の核実験、6カ国協議は廃止すべし ただ指を加えているだけの米国と国際社会