堀田佳男 Profile
2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ
バックナンバー
2017年11月 (14)
2017年10月 (18)
2017年9月 (14)
2017年8月 (15)
2017年7月 (18)
2017年6月 (14)
2017年5月 (18)
2017年4月 (15)
2017年3月 (17)
2017年2月 (17)
2017年1月 (17)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (15)
2016年9月 (10)
2016年8月 (9)
2016年7月 (12)
2016年6月 (9)
2016年5月 (12)
2016年4月 (10)
2016年3月 (11)
2016年2月 (11)
2016年1月 (11)
2015年12月 (9)
2015年11月 (10)
2015年10月 (10)
2015年9月 (11)
2015年8月 (11)
2015年7月 (11)
2015年6月 (10)
2015年5月 (8)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (9)
2015年1月 (10)
2014年12月 (10)
2014年11月 (10)
2014年10月 (9)
2014年9月 (9)
2014年8月 (10)
2014年7月 (10)
2014年6月 (10)
2014年5月 (9)
2014年4月 (11)
2014年3月 (10)
2014年2月 (10)
2014年1月 (10)
2013年12月 (6)
2013年11月 (9)
2013年10月 (10)
2013年9月 (8)
2013年8月 (10)
2013年7月 (10)
2013年6月 (10)
2013年5月 (10)
2013年4月 (9)
2013年3月 (10)
2013年2月 (8)
2013年1月 (11)
2012年12月 (9)
2012年11月 (10)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (11)
2012年7月 (10)
2012年6月 (11)
2012年5月 (10)
2012年4月 (10)
2012年3月 (12)
2012年2月 (11)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (11)
2011年9月 (10)
2011年8月 (12)
2011年7月 (11)
2011年6月 (11)
2011年5月 (9)
2011年4月 (8)
2011年3月 (9)
2011年2月 (9)
2011年1月 (8)
2010年12月 (9)
2010年11月 (9)
2010年10月 (8)
2010年9月 (9)
2010年8月 (8)
2010年7月 (7)
2010年6月 (9)
2010年5月 (6)
2010年4月 (8)
2010年3月 (7)
2010年2月 (5)
2010年1月 (7)
2009年12月 (7)
2009年11月 (6)
2009年10月 (8)
2009年9月 (6)
2009年8月 (4)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (3)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)
2009年2月 (2)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年9月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (3)
2008年5月 (3)
2008年4月 (1)
2008年3月 (2)
2008年2月 (3)
2008年1月 (4)
2007年12月 (4)
2007年11月 (3)
2007年10月 (2)
2007年9月 (2)
2007年8月 (1)
2007年7月 (2)
2007年6月 (3)
2007年5月 (3)
2007年4月 (6)
メタ情報
カテゴリー: Japan Business Press ― 2012年5月31日

民間主導で、米国に超ハイテク都市が出現 日本の被災地にこそ必要なプロジェクトでは?

new-mexico51.jpg

カテゴリー: Thought for the day ― 2012年5月27日
新聞が終わる日

職業がら今でも新聞は毎日読むが、すでに紙面の多くの記事が「いつの話?」と思えるほど昔のことのように感じられる。インターネットで前日にニュースを読んでいるからで、1つのテーマでいくつかの記事を読んだ翌日などは、もう新聞の役目は終わったと思えるほどである。

もちろんページをめくるうちに「こんなこともあったのか」という記事にも出会うが、それはインターネットでも同じだ。そうなると新聞を紙で読むという必要性はますます薄れてくる。

2006年にアメリカの首都ワシントンにある国防大学が発表した「新しいメディアの最終報告」には、2040年で「新聞紙の最後のリサイクルは終わる」としゃれた表現で新聞の終焉が告げられていた。だが40年までもたない。

先月、あと2年でアメリカ国内に残る新聞は3紙だけ(ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ウォールストリート・ジャーナル)になるという 予想を耳にした。それは紙の新聞を発行しなくなるということで、ネットだけに絞ったクリスチャン・サイエンス・モニター紙のような形態へと移行していくだろう。もちろん倒産する新聞社も出てくるので、淘汰されていく。

これまで1次情報の入手は大手メディアの特権であり、得意技のはずだった。だがいま記者が書く内容の多くがすでにナマ情報としてネット上に公開されていたりする。

情報を整理して読者に提示するという点で、書く人間はこれからも必要だが、別に紙を発行しなくてもいい。紙をめくることにノスタルジーを感じる世代は相変わらず書籍や新聞に愛着を抱くが、10年もたたないうちに80%以上のニュースはネットオンリーになるだろう。

幼少時代の友人Mと26日、痛飲しながら、変わっていく社会に対応するというより、こちらが社会を変えていく側になろうなどと語り合う。

これからは「変わる力」が必須だ。

カテゴリー: Thought for the day ― 2012年5月25日
笑いをとる難しさ

最近は人前に出て講演をしたり司会をしたりという機会がかなりある。

原稿を用意すると話が文語調になってつまらなくなるので、メモだけにしている。自分ではうまくいったと思っても、聴衆の個々の反応は真逆だったりするので恐ろしい。その逆もあり、自分では失敗だったと感じた時に「よかったです」という感想を頂くこともある。

ただ、かなりはっきりモノを言う人であっても、私に直接「あまりいい内容ではなかった」といった批判を口にすることはないので冷静でなくてはいけない。

そうした場でのコメントは、日本でもアメリカでもほとんど肯定的なことに限られる。本人が知らないところで否定的なことが出回るものだ。大学の先生の講義も同じである。

そうした場で笑いをとりたいと思っているが、これが難しい。普段、面白いことを言えない人が人前にでて笑いをとろうなどと思ってはいけないと、以前タモリが言っていたが、その通りだと思う。

ましてや、意図した通りの大爆笑を巻き起こすことなど夢のまた夢。昨日も80分、話をする機会があったが、笑いはとれなかった。

ネタ帳をつくってもダメだろうなあ。

カテゴリー: Thought for the day ― 2012年5月21日
フェイスブックとダーウィニズム

先日、ナスダックに新規株式公開(IPO)したばかりのフェイスブック。日本だけでなく、世界中で利用者数は伸び続けている。すでに9億人を超えた。

まだ利用していない人がいると、「エッ、まだやっていないの?」という言葉を吐く人さえいる。私も利用者の1人だが、以前より利用回数は減った。

2004年に起ち上げられたフェイスブックは、07年と08年で利用者を一気に拡大させた。大統領選でオバマが使ったことで、若者を中心にその利便性が認められた。だが私はその波に乗り遅れた。怖かったからである。

当時、ホームページ(のちに当ブログに移行)を始めて何年も経っていたので個人情報の漏洩などは心配していなかった。ただ、新しいものに対する恐怖があり、なかなか入り込めずにいた。

だがワシントン・ポスト記者のボブ・ウッドワードが利用者だったことが、背中を押した。彼の「お友だち」リストにはすでに数千名がリストされていた。彼のリストに入り、さらにアメリカの友人たちの多くが利用者だったので09年8月、ついに私も仲間入りした。

それから「お友だち」を増やし始め、1年ほどで200名を超えた。ほとんどがアメリカ人だった。日本ではまだ認知されていなかったからだ。

昨日、あるアメリカ人記者と話をしていると、「ダーウィニズムがフェイスブックに降りかかってきたな」という興味深いことを口にした。しばらく2人でそのことについて話し込んだ。

それはフェイスブックが自然淘汰の波にさらされ始めたということである。はっきり述べると「潰れる可能性もある」ということだ。

IPOしたばかりの会社で、世界の利用者は今後15億人以上いくかもしれない有望な企業であるにもかかわらずである。

なぜか。

実はアメリカでフィエスブックの利用者は急激に減ってきているのだ。それも過去3ヵ月くらいで顕著な現象だ。脱会するのではなく、アクセスしなくなっているということである。

前出のウッドワードの「お友だち」は軽く4000人を超えているし、知り合いのジャーナリストも3000人級の「お友だち」を持つ人が何人もいる。だが、ウッドワードは昨年秋以降、フェイスブックに書き込んだ形跡がない。他の知人たちの中にも「月イチ」くらいになったという人がいる。

飽きてきたのだ。実は私も過去1年、利用回数が格段に減った。以前は毎日アクセスしたが、いまは3日に1度ペースである。日本ではスマートフォーンの影響で、まだまだ利用者は伸びているが、本家アメリカでは停滞期に入ったと思える。

利用者になるとしばらくは「お友だち」づくりで一生懸命になるが、2年も経てばフーッと一息つく。日々、並んでいる書き込みは究極的には見なくてもいい内容が多いからだ。

一方、企業のマーケティングツールとしてはまだまだ使い勝手がある。創設者のザッカーバーグの狙いもたぶん、そこだろう。

しかし個人利用者が今後どれくらいの期間フェイスブックをやり続けていられるか、大きな疑問である。というのも、携帯電話や電子メールは必須のツールだが、フェイスブックはなくても何も困らないからだ。むしろ、企業の調査ツールとして使われる機会が増えるかもしれない。

アメリカはこの点で、どの国よりも先を歩いている。急に崖の向こうに落ちるかもしれないということだ。(敬称略)

カテゴリー: Thought for the day ― 2012年5月18日
可能な世界一

今月5日のブログで(世界一を目指さなくなった日本 )という原稿を書いた。

その中で「他国に追随できない高さの超高層ビルを建てられたはずだ」と記したが、確証はなかった。幸いなことに、それが十分に可能であることを知った。

今週、あるイベントでMCをやった。フランス人の建築家(Manuel Tardits)が東京の町を解剖するように様々な角度から分析する場だった。食事の合間に訊いてみた。

「東京スカイツリー、いやドバイのブルジュ・ハリファよりも高いビルを東京で建てることはできますね」

「5000メートルとは言わないけれども、構造上は2000メートルのビルでも十分に可能ですよ」

即答だった。ただ実際に建てるとなると現実的な問題がいくつもあるとつけ加えた。

「まず、それだけ高いビルの上部はいつも強い風に晒されます。ビルそのものはわざと地震や風になびくように柔軟に造られるため、上の方はかなり揺れます。酔いますよ」

それだけではない。周囲の住環境への影響やビルの維持管理など、クリアしなくてはいけない問題がいくつも出てくる。

ただ、構造上できるということを耳にしたことは何よりだった。というのも、本当に世界一の超高層ビルを建てるという強い念望を抱いたならば、そうした諸問題などブルドーザーでバタバタとなぎ倒すようにクリアしていけるはずだからだ。

むしろ、問題をクリアすることに喜びを覚えるような一群のやり手たちがいる。建設許可の問題から今は目に見えない問題まで、難度の高いハードルがあればあるほど果敢にチャレンジする人たちがいる。

けれども今、日本にはそうした何でも可能にしてしまうほどのエネルギーを携えた人たちが少ない。そして実践されていない。そこに停滞しつづける今の日本の問題の一つがある。